GIANT STEPS コルトレーンチェンジ?

テーマ:
ジョン・コルトレーンのとても有名で大好きな曲。聴いているとハードロックを聴くときのように燃えてきます。
You tubeにアップされていた画像 が、音符が音を追っていく感じでとてもおもしろい!


「ズージャでGO!」の「正三角形は不安定~ジャイアント・ステップスの秘密~」
の五反田博士とOLひろこさんのやり取りを読みながらこの曲を聴くとなんだか楽しいです。わかんないなりに。


AD
ザ・ビートルズが、デッカ・オーディションを受けた際演奏したとされる曲ですが、ディミニッシュ・コードが効果的に使用されていて、とてもいい雰囲気の曲。(コメディタッチです)
The Sheik Of Araby Beatles
This was a Tin Pan Alley hit composed in 1921 by Harry Smith,
Francis Wheeler (lyrics) and Ted Sydner (music). Inspired by
a Valentino film called The Sheik, it was covered by jazz and
early rock artists and later also by the Beatles. George, who
learned the song from a rock 'n' roll version by Joe Brown,
an artist maybe made known to them by Brian Epstein, was in
charge of the lead vocal. The Beatles brought it to the Decca
recording sessions along with other numbers like Besame Mucho,
September In The Rain, etc, some of which may have been Brian
suggestions.

コード進行/TAB譜

ジャンゴ・ラインハルトがこれまた洒脱な演奏をしていて感動しましたため、ここに記します。
Django Reinhardt The Sheik of Araby
1937年の演奏
ちなみに、敬愛するリッチー・ブラックモア* 氏が影響を受けたギタリストのひとりとしてジャンゴをあげていたように思う。

*パープル時代とは、別の形で絶頂期を迎えていた頃の名曲「スターゲイザー」
AD