その1 ガールズ・オン・ザ・ビーチ(浜辺の乙女)
→絶妙な転調がかっこいい。

その2 ダーリン
明るいような切ないような、この10年くらいビーチボーイズで一番好きな曲

その3 コットン・フィールズ
1:55~のコラースワークがらしくて大好き。

その4 ディズニーガールズ
久し振りに聴いたが、泣けてくる。

その5 I Was Made to Love Her
この曲、レアリティーズ収録バージョンはエンディングが違ってかなりCOOL。そっちを貼り付けたかった。
25年近く前 、「レアリティーズ」のカセットを貸出してくれた南浦和図書館に感謝したい。





AD
おととしの夏 も書いたけれど、山下達郎の「夏の陽」 という曲は、ほんとに好きだ。キリンジの「クレイジーサマー」 も良いけれど、これも夏のうちに聴いておきたい素晴らしい曲です。
しかし、ひたちなかのROCK IN JAPAN で、キリンジを見たのは、もう6年も前のことになるのか。6年生か。卒業してない。わかる?

 
AD
偶然、このCDで聴いたピアノ協奏曲第3番第3楽章「フィナーレ」の演奏には非常なる感銘、感動を覚えました。

ロック的な激しさもありつつ、素晴らしい旋律と共に最後感動的なエンディングを迎える展開は、同じく怒涛のようなシンフォニックな展開がありピアノも大き くフィーチャーされているジェネシス初期(「FOXTROT」のサパーズレディ、「月影の騎士」のファースオブフィフス等)が好きな私には、がっちりハマ りました。

私のように、クラシックを普段聴かない方にもおすすめしたい1曲であり演奏です。(特に3楽章のメロディ!)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番/アシュケナージ(ヴラディーミル)
感動の箇所(ポイント)をYoutube にて↓
Rachmaninoff, Piano Concerto No. 3 - Mov 3 (2/2)
特に2:30位からの緊張感が高まり、それが解放されていく展開が




AD

Inspiration - Gipsy Kings

テーマ:
8/12に西武国分寺・拝島線 小川駅西口にあるサマサマというお店でギタリストyamayaさんの伴奏をしました。(正確に言うと伴奏らしきものですが・・)その場で聴いていただいた方、どうもありがとうございました。
曲は、自分自身あまり普段馴染みない音楽でしたが、ジプシーキングスの「インスピレーション」 のフィーリングはとてもお気に入りになりました。パコ・デ・ルシアは、中々にハードな聴感。骨太な感じの音楽だという印象を持ちました。聴いている側に媚びない感じというのか。

曲目

・Entre dos aguas パコ・デ・ルシア
・地中海の舞踏 ディメオラ?
・Pharaon ジプシーキングス
・Inspiration  ジプシーキングス
・I'LL CLOSE MY EYES スタンダード
・イパネマの娘 スタンダード



この頃の若干強引なラリーも生で観たかった。04:35あたりから始まる2回し目のソロあたりは熱い!

78年のROOM335

ES335といえば、敬愛するリッチー・ブラックモアがストラトキャスターをメインとする前にバキバキに弾き倒していました。
中でも究極の一曲は、これでしょう。WRING THAT NECK ! この白黒映像は初めて見ました。
03:15あたりのフレージングってのは所謂3大ギタリストにはない味かも。
(白黒)

カラー

このカラーの映像は、その昔ビデオで発売されていたもので、高校の頃擦り切れるほど見た思い出深い映像。



この2曲に感化されてベスタックスのギターを一時所有していました。もう、手放してしまいましたが。どうもロック式のアームに慣れなくて。それにしても、一体何回「ONE NIGHT GIG」のビデオを繰り返し見たことか。

READY TO FLY
たくさんある名演の内のひとつ。ピックアップの絶妙な切り替え。後半の定番アルペジオをあえて?排したフレージング。そして勢い感。大好きです。

VOYAGE
一時非常に心を動かされた曲。とてもシンプルなメロディなんだけど。何がいいんだろうと考えてみるとひとえに高中さんの歌心ではないかと思う。
むっかーしのギターマガジンにスタジオ盤の譜面が載ってました。

春宵 / 田中 信正

テーマ:



知人のピアニストHさんの師匠である田中信正さんによるピアノソロアルバム。

丁度3年前位に、横浜に生徒さんの発表会を見に行った時、最後に師匠が演奏された「Solar」が衝撃的にすごく、少し日記 に書いたことがありました。 ちなみにこの発表会でH女史は、ハービーハンコックの「The Sorcerer」 を演奏。(この曲についても以前書きました
このアルバムの中で、「世界で一つだけの花」が演奏されているのだけれど、それはもう自由に音楽が操られていて(コントロールされていて)、なお且つ爆発しているので最高です。

あと一曲目のOFF MINORという曲、なんとなく曲名がカッコイイなあ。曲名だけで曲が好きになってきた。(セロニアス・モンクの曲のようです)

曲目
1 Off Minor (Thelonious Monk)
2 ITEM 6D.I.T. (Steve Swallow)
3 Autumn Leaves (Joseph Kosma)
4 Mummy's Dance (Nobumasa Tanaka)
5 Clark (Nobumasa Tanaka)
6 世界で一つだけの花(Noriyuki Makihara)
7 Requiem (Nobumasa Tanaka)
encore
8 Sunny (Bobby Hebb)