今年、初めて丸の内のコットンクラブ に行って見てきましたこのファンクバンド。

これ聴いてみて、いいなと思ったら来て見たら?と言われて手渡されたCD-Rの一曲目に入っていたのが、ストリングスが入っていて重くてスローで、しかもちょっとチープに歪んだ音色のエレキソロが入ったSWEETな好みの楽曲(ラヴ・オン・ユア・マインド )。この一曲で見に行く事が決定。

関係ないけどこのギターの音色を聞いて、私は、G-FORCEのアルバムにおけるゲイリー・ムーアとSHE IS A LADYにおける角松敏生のギターを思い出しました。

それはともかく、本当に素晴らしい、全くだれることのない完璧なステージを見せてくれました。楽しくてファンキーでみんな踊ってました。。


終了後、池袋のZAPP のDJの人をロビーで見かけました。おーって思いました。




Con Funk Shun
The Best of Con Funk Shun
AD

年が明けて、随分経ってしまいましたが・・・・・・・・・


昨年、非常にきまぐれな更新しか行わないこのブログを見に来ていただいた皆様に感謝します。


どうもありがとうございました。そして今年もどうぞよろしくお願いいたします。



さて、タイトルにあげた曲は、去年、聴いた音楽で一番気に入った曲です。


非常に古い曲ではありますが、、。(1972年の彼ら初のヒット曲)


後半の、ピアノが盛り上げドラムがたたみかけるところ、そしてブラスのハモリが最高のエンディングへという絶妙の展開が最高です。


今年も3月にラィブがあります。



今年は、ファンク&ソウル追求しようかなとちょっと思ってます。

(ただ、僕はバキバキにファンキーなのってだめで、甘ったるいのが好きなんですが)


丁度去年の2月頃TOPの記事を書いてました。
http://ameblo.jp/es335-icetea/entry-10009406903.html

AD