G7

テーマ:

埼京線の渋谷駅のホームに立つと、ボクシングジムが見える。


で、もうちょっと左に目をやってみたら、G7 Guitars という


多分ギター屋さんとおぼしき看板が目に入った。


G7っていうと、あれだ You Can't Do That で、ジョン・レノン


が弾いてるコードだ。


小指で2弦の6フレットを押さえる、結構指を広げないといけないやつ。


僕の小さい指ではローフレットは難しい。てつぼうさんにまかせた。


それから・・


Dm7-G7-C (Ⅱm-Ⅴ7-Ⅰ ツーファイブワン


で有名な?G7でもありますね。


ここからとったのかなあ。



※ツーファイブについては、dukkiedukkie さんのコチラ も!

AD

                ~似て非なる曲~










今、僕が、滅法気に入っている曲は、ゲイリー・ムーアの「ピクチャー・オブ・ザ・ムーン」という曲です。




この曲は、彼の「Still Got the Blues 」という曲に、はっきりいってそっくりです。




しかーし、ほとんどの人がどこが違うの?と言うかもしれないけど、自分にとっては、全然違いまして断然「ピクチャー・オブ・ザ・ムーン」が素晴らしく感じます。




この2曲の録音には約10年の年月が流れている。そして演奏を聴くと明らかに彼の円熟、更に増した歌心を感じるのです。




なんとなく、ゲイリー・ムーアのこの2曲の違いを考えていたら、ビーチ・ボーイズのとある曲を思い出しました。




ビーチ・ボーイズに「ガールズ・オン・ザ・ビーチ(浜辺の乙女)」という隠れた?名曲があります。




一見有名な「サーファーガール」にも似た感じのバラードなのですが・・・・




どっこい自分にとってこの曲は、「サーファーガール」なんて足元に及ばない位大好きで大切な曲なのです。




情に流されないちょっと屈折した感じがたまらなく好きです。似てるけど本当に全然違う。




それで、似て非なる曲。




http://ameblo.jp/es335-icetea/entry-10001516212.html


AD

Everything Happens To Me

テーマ:

なが~い遠大な目標ですが、この曲をギター&うたで取り組んでみようかなと思ってます。


あー、本当いい曲だ、これは。 僕はチエット・ベイカーのしびれる歌声そしてさりげないスキャット?に心打たれました。


訳詩を探していて、偶然辿り着いたMINEW さんのHPから訳詩を引用させていただきます。



◆ Everything Happens To Me 訳詞 ◆

作詞:Tom Adair、作曲:Matt Dennis、 [1941]




なにもかも(悪いことばかり)起こる(MINEW 訳)

ゴルフに彼女を誘うだろ、
すると絶対雨が降るんだ、賭けてもいい
パーティの準備を始めると、
上階のやつが文句を言ってくる

まったくおれの人生は、
「風邪ひき」と「乗り遅れ」ばかり続くんだろうな
なにもかも悪いことばかり起こる

どんな悪いツキも俺を見逃さない
はしかも、おたふく風邪も、もちろん経験済み
トランプでいい手が来て勝負に出ると、
相手はもっと強い切り札を切る

「跳ぶ前に見る」そんなこともできない
バカなんだ俺は
なにもかも悪いことばかり起こる

出合った時は、君がこのジンクスを
打ち壊してくれると思った
愛がこの不運を終わらせてくれるってさ

でももうそんな思い込みではごまかしきれない
空想のお城ももう抵当に入れてしまったよ

電報を打って、電話して、手紙を書いて、
特急エアメイルまで送ったのに、
君からの返事は「さようなら」
しかも料金着払いで

たった一度だけ恋をした、
それは君じゃなきゃいけなかったんだ
なにをやっても裏目に出る
なにをやっても裏目に出る

AD

水とテクノクラート

テーマ:

今度、くるりが京急とのタイアップ で、「赤い電車」を出すようですが、


赤い京急といえば、キリンジの 水とテクノクラート だろー!!


とひそかに叫んでいるキリンジファンが、日本に少なく見積もって


200人位いると僕は見ている。。


♪あーまあしよりはやーく海へ向かうぼーくは


あかーいけーいきゅうに乗って~


みーさきーへーー



r
(←やたらかっこいいランディ)




前半が、枯葉とほぼ同じ進行
の Still Got The Blues を何度も聴いてたら、なんだか




竹を割ったような彼のガッツのあるプレイに妙に快感を覚えてる今日この頃。




下のアルバムは、高校の頃、友&愛で借りた覚えがあります。




この中の「サンセット」という曲を彼は、ドン・エイリーと2人で故ランディ・ローズに捧げ、演奏しています。




ランディ・ローズもまた本当に大好きなプレイヤーです。久々にMr.Crowly聴いてしまった。




この人もガッツを感じる。勢いあまる位。でメロディがいいいい。









http://ameblo.jp/es335-icetea/entry-10000346852.html