もう10年以上前でしょうか、ギターマガジンで「ペン太の夏休み」という特集がありました。


リッチーブラックモアやローリー寺西のようにアドリブをしたいけど、その方法が良く分からない自分にとって結構参考になった特集でした。


メジャーペンタだと陽気な明るい感じで、マイナーペンタだと暗い感じなんだとか。ペン太君と共に学びました。


平行移動するだけでいいというのも億劫でものぐさな自分にはうってつけ。


テレビをみながら、流れてる曲に合うペンタを探してチョーキングしてひとり悦に入っておりました。(今も変わらないか)


そのうち、リッチーはマイナーペンタしか使わないなーとか、ローリーは、メジャーペンタを結構使うな~とか多少は、分かるようになってきました。


コードの事とか難しいことは全然わからなくてもアドリブが楽しめるペンタトニック。


ペン太君ありがとう。(なんのこっちゃ)





定番ペンタスケール練習

http://www.nao-z.com/ngs/technic/style/


AD






今日、追加公演を駆け込みで見てきました。


相変わらず超人でした。ギターの音っていうより、ほんとにギターを使ってしゃべってるみたいだった。


曲目は最近の2回の来日のようなニューアルバム中心とかではなくて、彼の集大成的な選曲でした。


今回特にいいと思ったのは、ダイアモンド・ダスト。


いい曲だと再確認。


でも一番良かったのは、最後の最後にもう終わりかと思っていたら不意打ちのように


キーボードとデュエットで始まった、「オ-ヴァー・ザ・レインボー(虹の彼方に)」


あまりにも感動的でした。




曲順違うけど↓こんな感じでした。

  1. アースクエイク 『You Had It Coming』['00]
  2. Stratus(ビリー・コブハムのカバー)
  3. ユー・ネヴァー・ノウ 『There And Back』['80]
  4. 哀しみの恋人達 『Blow By Blow』['75]
  5. ローリン・アンド・タンブリン(vocal) 『You Had It Coming['00]
  6. モーニング・デュー(vocal) 『Truth』['68]
  7. ビハインド・ザ・ヴェイル 『Jeff Beck's Guitar Shop』['89]
  8. トゥー・リヴァーズ 『Jeff Beck's Guitar Shop』['89]
  9. スター・サイクル 『There And Back』['80]
  10. ビッグ・ブロック 『Jeff Beck's Guitar Shop』['89]
  11. スキャッターブレイン 『Blow By Blow』['75] - 10 minutes interval -
  12. ベックズ・ボレロ 『Truth』['68]
  13. ナディア 『You Had It Coming』['00]
  14. エンジェル(フットステップス) 『Who Else!』['99]
  15. レッド・ブーツ 『Wired』['76]
  16. ダイアモンド・ダスト 『Blow By Blow』['75]
  17. ヘイ・ジョー(vocal)(ジミ・ヘンドリックスのカヴァー)
  18. マニック・デプレッション(vocal)(ジミ・ヘンドリックスのカヴァー)
  19. グッドバイ・ポーク・ハット 『Wired』['76]
  20. ブラシ・ウィズ・ザ・ブルース 『Who Else!』['99]
  21. 蒼き風 『Wired』['76]
  22. ピープル・ゲット・レディ 『Flash』['85]
  23. ゴーイング・ダウン 『Jeff Beck Group』['72] - encore -
  24. オーヴァー・ザ・レインボー
AD

ミュージックバトン

テーマ:

NAMBATさん、しのさんのお二方より、バトンを頂戴しましたので、書いてみます。


a.. Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)


○不明


b.. Song playing right now (今聞いている曲)


○聴いていない


c.. The last CD I bought (最後に買った CD)


○ケニー・バレル 「Stolen Moments」


d.. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)


○ビートルズの「Hey Jude」

・・・優しい曲だと思うので。ポールの声がぐっときます。


○キリンジの「休日ダイヤ」

・・・自分の中でBEST日本語POPSなので。


○ビル・エヴァンスの演奏する「My Foolish Heart」

・・・抑制の美を感じるので。


○チャーリー・パーカーの「Confirmation」

・・・これが「Jazz」という感じだから。


○パット・マルティーノの演奏する「Just Friends」

・・・これが「Jazz Guitar!」っていう感じなので。


e.. Five people to whom I’m passing the baton (バトンを渡す 5 名)

・yamayaさん
・うらわさん

気が向いたらで結構ですので、宜しくお願いします。(見てみたい)

AD