エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム

ロンドンオリンピック 女子マラソン予想

テーマ:マラソン
2012-07-22 06:22:38
スタートリストから 最終番はhttp://ameblo.jp/erunrun/  こちらへ


  
リリア・ショブホワ(ロシア)     VS    メアリー・ケイタニー(ケニア)
 世界歴代2位 (2:18:20)           世界歴代3位(2:18:37)・・・ハーフ世界記録保持者
 2009-2011ワールドメジャーチャンピォン  http://ameblo.jp/erunrun/entry-11234294423.html
http://ameblo.jp/erunrun/entry-11308234307.html?
の金メダル争いがメイン
2人の対戦は マラソンでは1度有り
2011ロンドンマラソンでメアリーケイタニーが途中1分差を
つけ逃げ切った
この時はメアリー・ケイタニーのペースupしたときにショブホワが追わなかった

この争いに

ケニア勢 エドナ・キプラガト (2011 世界選手権 金)2:19:50
      http://www.worldmarathonmajors.com/US/athletes/a
       
       ブリスカ・ジュプトー (2011 世界選手権 銀)2:20:14 
       http://www.worldmarathonmajors.com/US/athletes/a


さらに エチオピア勢
     テキ・ゲラナ 2:18:58 世界歴代5位(2012ロッテルダム)
     http://www.iaaf.org/athletes/biographies/country

     アセレフェチェ・メルギア 2009ベルリン世界選手権銅 2:19:31(2012 ドバイ)
     http://en.wikipedia.org/wiki/Aselefech_Mergia

      マーレ・ディババ 2:19:52(2012 ドバイ)
    http://www.iaaf.org/athletes/biographies/country

が追う


もちろん 世界記録保持者 ポーラ・ラドクリフが地元で復活なら
これに割り込む余地は有るが・・・最近の状況から難しいだろう

サブ20ランナーではこのほかに
中国 周春秀(北京5輪 銅メダリスト)
ドイツ イリーナ・ミキテンコ(07-08 ワールドメジャーチャンピォン)
等も出て来るだろう?

マラソンで持ちタイムが4分違えば勝てない
・・・勝負にならない
・・・他の要因(暑さとかなければ)
5kmのラップが30秒違う・・・これは別世界だ

調子の良いころの高橋尚子、野口みずきクラスのランナーが
少なくとも7-10人いるのだ

日本女子は諦めた選手を捕え
入賞圏内に入ればもうけものくらい・・・の大きな差がある

尾崎さんは5km17分切るとフォームに無理が出てすぐ潰れる
これくらいのペースupこのメンバーからは簡単に起きるので
入賞も難しいだろう・・・

一番スピードがあるのは重友さんだが
揺さぶりに耐えきるのは難しいだろう・・・

女子マラソンも男子マラソンくらい厳しい結果をつきつけられる
可能性が高い・・・

日本の3大女子マラソンも
世界の一流選手が来なくなったのだ・・・時代遅れ

かつて のようにクリスチャンセンやエゴロワやモタやロバやカトリン・ドーレ、ヌデレバ
など世界の一流は来なくなった・・・

福岡国際マラソンは昨年目ぼしい海外招待を呼べなかった
その2-3年前ですら
ガリブやケベテなどワールドメジャーで勝てない選手でも
簡単に勝ててしまう・・・

それだけ男子も女子も日本の大会は無視されている(魅力がない)
現実を見なければ・・・
改善できない


AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?