イチョウって日本古来の植物じゃない!

テーマ:

今年は紅葉に行かれましたか?


イチョウって日本古来の植物じゃない!


最近、テレビを見て知ったこと。

イチョウは日本の土着の植物じゃない…

外来種だ!

確かに、万葉集日本書紀といったものに登場していないし・・・


イチョウ

源氏物語とかにも出てきていない。

あったら、銀杏っていう人物が出てきそうだしね~秋の時期に登場する黄色の・・・何かな~

「銀杏」って名前もそれはそれで微妙かもしれないけど。


イチョウの詩といえば・・・


金色の ちひさき鳥の かたちして 銀杏散るなり 夕日の岡に


与謝野晶子の詩くらいかな~だから・・・そんなに古来からのものじゃないのか~日本にとって。


イチョウは 1億5000万年以上昔の中世期・ジュラ紀に全盛を誇っていた。

その後の氷河期でほとんどが絶滅したが、中国南東部では今でも自生している。

イチョウは一科一属一種で仲間はいない。

また、受粉の方法が古い種類の植物と同じであるために「生きた化石」と呼ばれている。


日ごろ見ているとそんなことはとても思えないのにね~


イチョウの日本の伝来は遣唐使のころといわれているから、イチョウは人によって意図的に日本に運ばれてきたことがわかる。

ブラックバスみたいなものかな~

でも食物連鎖までは壊していないか。


セイタカワダチソウとはココが違う。


人間によって運ばれたなんて考えるとちょっと不思議な気もする。

しかも、自生しているものは中国にしかないっていうのも驚き!


しかし、青森にはご神木として、「垂乳根(たらちね)のイチョウ 」というのがある。

正式には「北金ヶ沢のイチョウ」というらしい。

垂れ下がっているたくさんの気根・乳垂から、子どもができても乳の出ない女性がやってきて、乳が出るように願掛けをするということだ。

形とか見ていると相当昔からあって、人間が植えたなんて想像できないし。

形が神秘的だから余計そう思うのかもしれません。


このイチョウは樹齢1000年といわれていますが、それが本当だったら日本最古のクラスだろうな~

最古は対馬にある「琴のイチョウ」らしいけど


それと源実朝が暗殺されたときに刺客が隠れていたというイチョウの木は樹齢500年くらいで、そんなことはないそうだ。だから、垂乳根のイチョウの樹齢1000年も伝説かもしれませんね。


きっと。わからないけど。

AD

ココログ もフリーバージョンがついに登場!


使いやすかったら、アメーバ撤退しようかな~なんて

そんなことはありませんが…

ココログといえば、「眞鍋かをりのココだけの話」 で有名なあれです。

そうそう、眞鍋かをりが12月5日に何か報告することがあるらしい。


眞鍋


ココログがフリーになることとは違うようだが…

一体何なんだろう~と考える今日この頃。

ブログの女王は何をやるのか?

きっとブログに何か関係あるんだろうな~と。


そんなことを考えていると論文が手につきません…と


ただ論文をやりたくない理由をこじつけて嘘をついてみました。


でもなんなんだろう~

こんなことで12月5日では、ココログはサーバーやられないだろうな~

某ブログは社長が離婚したくらいでダウンしたからな~

あの時はメンテナンスでもないのに…まったく

本当に撤退しようかな


ということで、私も12月5日に何かお知らせします。

AD

マイフィギュアつくっちゃう?

Excite Bit コネタ より


自分そっくり、ま~自分じゃなくてもいいんだけど、のフィギュアをつくってもらえるサービスがあるらしい。


その名も「My Figure


My Figure は、あらかじめ準備しているボディーデザインから選択し、 デジカメなどで撮影したフィギュアにしたい人の顔写真(前・後・左右の 4 枚 + 左右斜め 45 度 2 枚) を送ると「世界にたった一つ」のオリジナルフィギュアを作成することができるというもの。


そして値段は、

3980円と4980円。

そんなに高くない。

しかも多くつくるほど安くなる~

でも一つ一つが手作りで、素材が硬質樹脂という…またなんでこんなことができるんだろう~


詳細は、ホンジャマカの石塚英彦のフィギュアの製作過程を参考に!


つくる人相当シンドそう~


でも…「キャラクター・芸能人・スポーツ選手の製作は一切お断りしております」

ということらしい。やっぱり肖像権があるもんな~同意があればいいのか~


建築家の場合もあるのだろうか?

とちょっと疑問。

ダメな場合は、私の先生のフィギュアを勝手にはつくれないということなのか?


でも、気づかれないだろうな~露出していないし…なんて


今年の卒業記念で先生への贈り物を考えている方とかにはちょっといいかも…

というか~某先生に贈ってみたい…けどつくれるのか?というか写真を撮らせてくれるのか?


そして、誰か賛同するだろうか?