2004年11月02日
テーマ:澁澤龍彦

女のセックス

「女のセックスとは、だから欲望するものではなくて、本質的に欲望されるところのものである」

- 澁澤龍彦 -



フェミニズム論者には怒られそうな話ですが。

以前お話ししたように、女性のエロティシズムは本質的に受動的です。
男性がその気にならなければ、性交は不可能だからです。

ですから、女性のエロティシズムを支配する本質的な要素の一つは、自分の中に欲望の芽を育てることではなく、相手のうちに欲望を掻き立てることです。

言い換えれば、女性はまず相手をその気にさせなければ、自分自身の欲望を満足させることが出来ないのです。

そのために、女性は自己を客体化させます。
この話は、また後ほど。


★このブログについての説明はコチラ

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

eroticism-17さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■お願い

ここはあくまでエロティシズムを学術的視点から考察する場ですので、私がそれにそぐわないと思うコメントは削除させていただいています。

ご了承下さい。

2 ■そうですね

その通りだと思いますよ。

でも、女性側から言えば、支配されても好いような魅力的な男性が少なくなっている・・・、のかも。

1 ■魔性の女の秘密ですね

世間でいう所の「魔性の女」の秘密は、おっしゃるような部分にあるのではないでしょうか?ジェンダー論になってしまいますが、私的には、女性は男性に「やりたい」と思わせてナンボだと思います。乱暴な意見ですが、性差がどんどんなくなっていく日本社会は益々男を萎えさせて、衰退し、荒廃していくと思います。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。