2004年10月28日
テーマ:マルキ・ド・サド

サドの思想

「死と慣れ親しむためには、淫蕩(リベルタン)な観念と死とを結びつけることより以上の良策はない

- マルキ・ド・サド -



マルキ・ド・サドは18世紀フランスの作家です。
彼の作風から『サディズム』という言葉が生まれました。

度々取り上げているバタイユも澁澤龍彦も、サドの研究家として有名です。

エロティシズムを考えるにあたって、避けては通れないのがサドの思想であり、サディズムです。

なぜなら、死とエロティシズムは非常に深い関係にあり、その関係を突きつめたものがサディズムだからです。


★このブログについての説明はコチラ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

eroticism-17さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■ご指摘ありがとうございます

「r」の間違いでした。
タイトル以外は正しい表記だったのですが・・・
うっかりミスです。訂正しました。

ご指摘ありがとうございました。

3 ■r

eloticismではなくeroticismではないですか?

2 ■私見

>サディズムのなんたるかも知らずに、ブームに踊らされてSMする鬼畜のなんと多いことか

私はこれはコレでよいと思っています。男性の優位を示して、脳で快感を得ているわけですから。(私は真の意味のサディストである女性は存在し得ないと思っています)

ただ、そこを突きつめていくと、サドの形成したような虚無と破壊の世界が広がっていると思いますが。普通の人はそこまで行き着かないだけなんじゃないかと。

高校生の将来を心配しているブッダさんは優しいですね。

私は、それで本人達が刹那の快楽に酔いしれて幸福の絶頂にいられるのならば、それはそれで良いんじゃないかと思います。

1 ■SM

サディズムのなんたるかも知らずに、ブームに踊らされてSMする鬼畜のなんと多いことか。。。SMとは非常に哲学的精神的なものです。ただ、相手を支配して自分の劣等感を払拭しようとするだけのスケベ男が多すぎる昨今。高校生のうちから、SMして麻薬やって、大人になったら何すんだ? と聞きたい私はオジさん。。。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。