2010-10-16 11:37:56 テーマ:ブログ

「女子高生見学クラブ」レポート

女子高生見学クラブなるものができたらしいので、突撃してみた。

女子高生見学クラブ

普通のオフィスビルに入り、入口に店名もなく、少し訝りながら入店。受付のお兄さんはとても優しくていい感じ。現在はこんな子達がいますみたいに受付から見えるマジックミラーで中を見せてくれた。8人ぐらいの制服JKがいて、テンションが上がった。

まずは、1時間3000円を支払う。部屋はA~Hまで8ルームある。先客で3部屋ほど埋まっていた。「どこがいいですかね?」とお兄さんに聞くと、真ん中あたりがよく見えます、とのことだったので真ん中あたりの部屋へIN。

ネット情報で知ってはいたが狭い! 超狭い! 半畳ほどのスペースに座椅子が置いてあって、一度座ったら体勢を変えるのも大変なほど。寝転がったりもできない。ちなみにティッシュやゴミ箱などは置いてありませんので念のため。

目の前はマジックミラー。部屋は暗いので相手からはほぼ見えないだろうが、ミラーに顔を近づけたりすると、少し見えるかも。こちらの素性がわかるほど見えるわけではないし、気にしたらきりがない。

マジックミラーの先にはJKルーム。私が行った時は10人前後の子がいた。みんな制服を着ている。女の子は友達だったり、知り合いだったりで仲良さそう。トランプをしたり、ケータイをいじったり、しゃべったり、様々。床に座って遊んでいるので、ちょっと動いたりするとパンツがチラチラ見える。なるほど、これにお金を払うわけだ。

パンツのチラリ具合は女の子によって異なる。活発に動く子は結構見える。活発に動く子でもこちらのルームから遠い場所だと見えづらいし、別の女の子の影になって見えないこともある。一方、ガードが固い子もいて常時カーディガンやジャージを腰から脚にかけて巻いている子もいる。パンツどころか脚も見えない。また椅子に座っている子も角度によってはまず見えない。JKルームの床を男性ルームより30センチほど底上げしてみたらどうだろうか。ちょっと改装にお金かかるか。

「全員生パン宣言」とサイトには出ていたので、生パンなんだろうが、色気のあるデザインから、なんじゃそりゃー!と叫びたくなる布面積巨大な真っ黒パンツまで様々。個人的にはやはり純白が好みだが、白系は3人ほど。残りは黒や茶色や濃い色のデザインされたやつなど。やはりこの手の見せに行く人々はイチゴ柄や縞々パンツや水玉模様なども受けるような気がする。個人的には生パンにはあまりこだわらない。地味な生パンより、お店が用意したエロいTバックやグラビア撮影用の純白パンティのほうがうれしいかも。

その他、指名するとこちらの部屋の前で体育座り、立ち、椅子座り、などのサービスがあるようだが、体育座り以外はよく見えないんじゃないかな。目の前に立たれてもこちらの頭をよほど低くしないと見えない気がする。

あと、私は2時間居たが、女の子が固定化されていて全然女の子の変化がないのはイマイチかな。

その他まだまだ改善点は多数あると思うが、ずっと昔からなんでこういう店がないのかなぁ、と思っていた店ができたので歓迎したい。1時間3000円なら何度でも通います!

女子高生見学クラブ
AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード