私の大好きな切り絵作家の福井利佐さん。


以前、ワークショップに参加したりしてました。

そんなご縁から今回は原画展のお手伝いをすることになりました。


わんだこわんだ-にわとり
本屋さんで見たことありませんか?

桐野夏生さんの「ポリティコン」の挿し絵の原画展です。


はじめは「週刊文春」で連載して、その後、単行本となりました。

自給自足の理想郷を求める村での話です。

長編でとても読みごたえのある小説です。


ギャラリーは銀座5丁目にある「文藝春秋画廊 ザ・セラー」というところで

このギャラリー、以前、会員制のバーだったらしく

隠れ家的な雰囲気が小説と似会っています。



                    わんだこわんだ-へび

妖艶です

ただの黒の紙一枚。

その中は鋭く研ぎ澄まされた世界が広がっているよう…。

わんだこわんだ-かえる
同志?



わんだこわんだ-中島美嘉
こんな方からもお花が届きました



今週いっぱい(~7/2)と、とても短い期間なのですが




                             わんだこわんだ-セラー

                               お待ちしてます            



AD