こんにちは。


壮絶な離婚プロセスのストレスで体重が25パーセント減したのもはや昔。

長かったミネソタの冬もそろそろ春を迎えようとする今、私にもやっと春がめぐってきたようです。


1万個以上あるミネソタの湖の1つを眺めながら、ここに沈んで消えてしまうしかないのだろうか。と思ったあの日。それでも沈まなくてよかった。


たくさんの人に助けてもらい、なんとか復活。仕事も深夜から昼の仕事に就職し、本当の意味で、新たなスタートを切りそうです。


人生にハッピーエンドの幕はなく。瞬間の幸せをかみ締めながら、前に進んで生きたいと思います。

いやっほーい。

  • 28 Nov
    • 英語コンプレックス克服への道

      遠く、凍てつく異国の地に住み始めて13年。第一印象の良さと面接の勢いだけで、米系企業を渡り歩くこと3社目。もう言い訳してはならない。それが言葉の壁。書く読む、書類作成する、会議で提案する、発言する、まとめる、違う意見をいさめる、業者に発注する、文句言う、お礼言う。同僚の仕事ぶりを評価する。もう全部全部英語(あたりまえ)年と職歴だけはくってしまっているため、もう誰も指摘しない。でも自分自身は己の実力を知っている。私はきっと70点。いや、65点というところ。学生時代は本を読むのが好きで、語彙だけは豊富だった。これは本当に日本語なのか。と疑うような難解な法律書も、大学を卒業するころにはなんなく読めるようになっていた。人と会話すると、すぐに、この人は本を読んできた人か、そうでないかはすぐに分かった。言葉が達者、という自分のアイデンティティが、アメリカで、英語では、通用せずに、ただの勢いのあるアジア人のおばちゃん。になってしまった。このままではいかん。失いつつ自分の自信を取り戻すために。周りのネイティブ達に引けを取らない仕事を、職を得るために、40を前にして、学校に戻ることにします。

      47
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 劇評 ミュージカル In The Hights

      ニューヨークのラテン移民が多く住む街。亡くなった両親が残してくれた小さなお店を経営する若者は隣のサロンに勤める女の子に恋をしていて。その子は借金を抱える母親のせいでアパートから追い出されそう。向かいのタクシー配送を経営する家族の娘は、一流大学進学後も、学費が滞り、これ以上大学に残ることができず、実家に帰ってくる。移民ゆえに苦しむ貧窮と、外部の人たちに対する逆差別。移民大国アメリカで、力強く根ずき、咲き誇るラテン文化。ラテンダンスシーンは圧巻だった。家族が娘を思うシーンで涙。もうすっかり親目線。自分のきた島(プエルトリコ)に帰りたい、と歌うおばあちゃんに、何十年後かの自分の姿を重ねる。私も何十年後かに、日本に帰りたいと泣くのだろうか。私が感じる差別よりももっと強い差別を、この人たちはもって生活しているんだろうか。これが、ニューヨークのオフブロードウェイで大ヒットした理由がよくわかる。地元の話だもんね。お芝居を見ると、沸いてくる創作力。私も自分にしか書けないお芝居を、書くときがくるだろうか。いや、やらない限りこない。舞台はアメリカの日本食レストラン。日本人のオーナーに。メキシカンの陽気なシェフ達。そこで働くウェイトレス達のたくましくせつないアメリカでの生活を、一本のお芝居にすることができるのだろうか。さて、話は戻り、In the Hights. 主役の台詞がラップが多かったので、英語ネイティブでない私には完全に理解するのが難しかった。さらにスペイン語、スペイン語なまりの英語、と入り乱れるので、芝居後に夫に話しの流れを確認するところもあった。ただやっぱりこういう内容は、ウェストサイドストーリーと比べてしまい、それと比べると、ウェストサイドストーリーは、音楽も内容も、ダンスも圧巻なんだなー。

      62
      テーマ:
  • 16 Sep
    • ビーチボディ

      日本にいたころは、というかつい最近まで、身体を鍛えることには全く興味がなかった。生まれ持っての運動嫌い。運動するくらいなら、勉強したほうがまし。中学校の時、塾の先生に憧れ、アホのように勉強した結果、学年3位の成績をたたき出していた私だったが、マラソン大会、一年目はさぼり、2年目もさぼり、さすがに3年連続さぼるのは気が引けたので、参加した結果、全力で走ったのに下から数えたほうがはやい順位だった。そんなだから今までも、ジムに入会してはやめ、入会してはやめ、を繰り返し、もういい加減、ジムにお金を費やすのは無駄!と近寄りもしなかった。そんな私が現在週4でジムのクラスにせっせと通っている。(会社のジムは社員に無料だし、昼安みに通えるし。)というのも、離婚で激やせ後、妊娠、出産ついでにリバウンドし、どっからどう見ても貫禄のある中年女性体型になってしまったことに、衝撃を受けたからである。息子に「Oval」←楕円、と言われたこの体型。中年女性になることは抗えないが、体型は!!!!体型は抗いたい!!!!!痩せる、より、またいつか南の国のバカンスに行った時、50だろうが60だろうが、黒い三角ビキニに、びしいいいっと割れた腹筋、ヒールに大きなつばの麦わら帽子をかぶり、周りを圧倒させるおばさんになりたい!!!と夢だけは大きく、今日もダンベルをせっせと持ち上げるのでした。明日もがんばる!

      15
      テーマ:
  • 14 Sep
    • PMP に受かるまで_5 完結。

      一通りPMBOKとサブテキスト(2冊)の内容を把握し、問題文も解きまくったので、予定通り3週間前に一度目の模擬試験を受けてみる。すると200問中問題が150問で時間切れした上、正答率50パーセント。ネット情報では模擬試験では一定して80パーセント以上を取らないと受からない、とのことなので、これでは受からない。模擬試験中とにかく時間が気になって英文に集中できない。というか問題文を間違いないように2度、3度読んでいるため時間が足らない。間違えたところを復習しつつ、50問1時間の模擬試験を毎日受けつつペース配分をし、金曜の午後(仕事が夏時間で午前中で終わるため)に4時間の模擬試験をあと2回受ける、に変更。とにかく問題文の英文を読むのに時間がかかっているため、本番では日本語訳もついているのだし、とここから翻訳ソフトを使い、英文を日本語に即翻訳しながら問題を解く。すると一気に問題を読む速度も(あたりまえ)回答率も80パーセントを超えだした。これが1週間くらい前。それからは毎日ひたすら1時間の模擬試験を受けまくりつつ、本番へ。試験当日はラッキーセブンの7月7日。試験会場で通された私の席番号も「7」。この時点で、これは、受かるかもしれない。。と勝手に信じ込む。いざ試験開始。試験問題は、なんというか、あんなにさんざん解きまくった模擬試験問題たちとは、微妙にすべて違った。微妙にすべてが難しかったし、問題の切り口も、似ているものは全体の4割くらい。あとの6割は、勉強で得た知識を応用して解かなければならない。正直これは正解しているに違いない!と確信できない。そして1時間50問のペースで解かなければならないのに、1時間たった時点でまだ40問くらいしか終わっておらず、このままでは全問回答できないと悟り、途中から英文の問題だけを読み、分からなかったときだけ補助的に日本文を読む、に変更。やばいやばい。難しい難しい。落ちるかも。落ちたら、これ以上どうやって勉強すればいいんだろう。。落ち始めた気力と自信を、とにかく今目の前にある問題に集中することにして、なんとか奮い立たせる。200問解き終わったとき、4時間の制限時間までたった2分だった。見直しもする時間もない。とにかく走りきった。やれるべきことはやった。。そんな気持ちでボーっとコンピューターの画面を見ていると、Congratulation!! ( おめでとう!)の文字確認。おめでとう。。おめでとう。。。やった。。。受かった。。。。。。ここでね。私、大人泣きしました。覚えてないくらい久しぶりの自分が何か達成できたことへのうれし泣き。朝はやく起きて、会社でランチ食べながら、夜は子供におっぱいあげながら、とにかく勉強しまくった成果。受かった!!!!何が嬉しいって。もう勉強しなくていいのが一番嬉しかったです。総括。これからPMPを受けるかもしれない人へ。1.本番の試験はどの模擬試験よりもやや難しい。2.時間のペース配分を考えながらテスト対策を3.Plan what you do, Do What you plan!プロジェクトマネージメントの勉強は、途中からプロジェクト=自分の人生、と考え出したらとても興味深く取り組むことができました。リスク回避とか、リスクマネージメントとか、コミュニケーションマネージメントとか。協力してくれた家族と職場の皆さんに感謝。

      10
      テーマ:
  • 13 Sep
    • PMP に受かるまで_4

      5日間のみっちりトレーニングを終え、とにかくスケジュールを立て、それを実行、自分を信じて進むべし!とやる気を奮い立たせた。ちなみに、プロジェクトマネージメントとは、Plan what you do, Do what you planned. ( 予定を立て、立てた予定を実行すること)であるということを学んだので、私のPMP合格プロジェクトもまずはスケジュール作りから。とりあえず大きなカレンダーに毎日の勉強スケジュールを書き込み、オフィスの壁に貼る。スケジュールは、平日一日3時間(昼休み1時間、朝始業前、始業後合わせて1時間、家で通勤前の1時間)で週5日の15時間、それに土日空いた時間を見つけて2時間で週17時間。1章ごとに3日 ×13章、復習で1章×1日×13章、仮試験勉強3週間、計78日、189時間の勉強計画。とにかく面倒な申し込み手続きを済ませよう、とPMI本部に学歴、経験、PMPに必要なクラス時間を申し込んだ、、、ところで予測していなかった監査にひっかかる。監査って、10人に1人とか、4人に1人とか言われてるけど、これひょっとして、日本語のランゲージエードを申し込んだから自動的に監査になったんじゃないか。。とかうがった考えをしながらも、せっせと前のマネージャー、今のマネージャーに書類のサインをお願いして、(これ手書きのサインじゃなきゃいけないんすよ。この2017年の時代に!!なので、わざわざ前の職場の上司には直でお願いに行きました)大学の卒業証明書も英訳し、なんとか監査通過。ここから英語との格闘の毎日。書いてある内容はなんとなく分かっても、これがテストされるわけだから、今まであいまいに理解していた英単語もすべて調べて、自分で納得いくまで頭に叩き込む。そんなことをしていたら、英単語帳もたまっていくし、なにより1章3日のペースが進まない!!これはまずいということで、とりあえず一通り読んで、問題文をといて、解けなかった問題文をときなおして、と勉強の仕方を変更。途中から、家での勉強はスマホアプリと、オンライン問題集を駆使し、とにかく問題文を解きまくる。トレーニングの講師は、有料の仮試験サイトは無駄。無料ので充分、と言っていたけど、最後の最後1ヶ月で有料の試験サイトに登録。ここからはとにかく問題文を解きまくる。たぶん2000問くらいは問題文を解いた。長くなってきたので、次回試験を受ける編で終了にしたい。正直すでに忘れつつあるし。 

      7
      テーマ:
  • 07 Sep
    • PMP に受かるまで_3

      テキストを買う、ということ意外なんの下準備もしないまま、5日間、40時間会社で行われるPMセミナーに参加。最初の2日はPMビギナー向け。次の3日はPMP試験合格のための特別授業。朝8時から5時までぎっちり授業。その間に朝食、昼食、おやつが用意されていたのがひそかに嬉しかった。ビギナー向けの講座には男性1に対して女性9の割合。PMっていうのはエンジニアの多いこの職種で、女性が目指すには最適のポジションなのかなー。てなことを思う。一方PMP試験合格の3日集中クラスになると、男女差は逆転。男性8に対し、女性は数名。クラスメイトもこのPMP試験合格とあわせてMBAを取ろうとしていたり、かなり上昇志向があるように見受けられた。授業内容も、最初の二日とは異なり昔懐かしい予備校のような、受かるための授業に一転。400ページ以上あるテキストを3日間で網羅。何より、初日に、白紙の状態で受けた模擬試験(30分 50問)が半分も解けなかっただけではなく、英語の意味がほぼ理解できなかったことでかなりへこむ。授業自体はインストラクターの腕がいいのか、大変わかりやすかった。数学的な式が出てくるEVMが出てくるまでは。このPMPクラスを受けたことで痛感したこと。1.本気で相当時間勉強しないと受からない2.英語のテキストで勉強しないと日本語訳だとあいまいにしか覚えられない3.英語ネイティブのアメリカ人でも難しいテストであるということ。このトレーニングが終了したのが3月末。ここから3ヵ月半、細かく日程を決め、高校受験以来の受験勉強が始まります。4で終わりたい。 

      29
      テーマ:
  • 18 Aug
    • 5年ぶりのバトン。ぶんぶん回すよ!

      バトンってのがあったな。て日記を発見。5年後と比較。青色=2012年赤色=2017年from アカネ【愛用バトン】★携帯Tモバイルのなんか。オットが私の携帯なくして勝手に買ってきてくれた。アメリカに来てからほぼ使ってないので興味なし。携帯2個所有①あいかわらずT-Mobileただし2009年に夫が勝手に買ってきた携帯は壊れて一番安い折りたたみ式のものに変更。(えんじ色)②会社支給の仕事用携帯。Sprint.これまた一番安いであろう何の機能も色気もないものを使用。(グレー)Iphone 6s。もう消えてなくなりそうな乙女心をかき乱す、キラキラのラメ入りカバー&ハートの携帯リングつき。色も安定のピンクゴールド。同僚に「典型的白人女性の持つ携帯」と言われる。★財布コーチ。黒。ちゃんとしたところにももってけるからと黒買ったけど今から思えば白かピンクにしとけば良かった。と思い続けてはや2年。やっぱりこの黒財布は自分にはあっていないと思いたち、同じくコーチの金色の大きめのものに変更。(金運アップをねらったか?)ただし金運もあまり上がることはなく、財布自体がやや汚れてきたので、また次の財布を物色中。持ってて楽しくなるようなお財布を希望。ここからオレンジのコーチの財布を購入。このオレンジも薄汚れてきたため、新しい財布を購入。PMP試験合格と正社員登用の自分へのご褒美として、人生初ルイヴィトンの長財布購入。大学出てから初めて勤めた会社の初任給と同じ値段。がっつり風水頼り、お金の育つ色、ベージュを購入。★愛車マツダ3。赤。最近ベンツにぶつけて鼻がこすれてます。子供が一人増えたことに伴いマツダ3からマツダ5にバージョンアップ。7人乗れる。ただし息子は赤い車が好きだったらしい。私もマツダ3が懐かしい。次は深緑かまた赤い車を希望。子供がさらにもう一人増えてもいまだこのマツダ5。下の子のデイケアが終わったら、インフィニティQX60か、マツダCX9、もしくはレクサスが欲しい。★シャンプーたぶんパンテーン。日本にいるときはずっとモッズヘア。母が送ってくれたTSUBAKIを使用。もう今となっては何でも良い。何かも知らない。★ボディシャンプーあやさんにもらったトレイダージョーの緑茶のやつ。(めっちゃ目が覚めます)ボディ&バスワークスのシュガーなんちゃら。あまーい香りに癒されます。Body and Bath worksのチェリーブロッサムを使用。あまーい香りであいかわらず癒されてます。Body and Bath works相変わらず使用。あと夫の影響で石鹸をよく使うように。★洗顔料ランコム未だランコム一本。安定のランコム。★靴重に仕事用黒革靴。最近ふくらはぎがだらしないと思ったらすっかりヒールを履かなくなったからだと判明。それもこれもマイナス40度の世界にもかかわらず家の前の氷ですっころんだため。仕事が変わったため今はほぼすべての靴が5~7センチヒール。プライベートでもピンヒールを使用。ヒールがないと足が痛くなる。ただし日本に帰国した際、歩きすぎて(酒を投入しない限り)一歩も歩けなくなることが判明。ピンヒールは歩行用ではないことを実感。車で送り迎えしてもらえるスペシャルな女性のためのもの、それたピンヒールだ!ピンヒールとはいかずとも、ハイヒール、サンダル、デッキシューズと多様。今は会社のジムにほぼ毎日通っているため、ジムシューズも履いている。40になる前に、痛くないとうわさのルブタンの靴を履いてみたい。★帽子ゆみさんのママに編んでもらったアフロ風帽子。愛情たっぷりであたためてもらってます。オットと息子も愛用。この当時の帽子は冬場に活躍。夏は場合によってはLIFE IS GOODと書かれた帽子を使用。またはピンクの麦わら帽。帽子、かぶってないなー。。帽子をかぶると子供達に取られる。★歯磨き粉エクストラホワイトニングみたいな。おそらく同じ。きっと一緒。★リップクリームはちとリアルなおっさんの絵が書いてあるやつ。リップはほぼ使わない。口紅ばかり。後はグロスか。肉を食べた後のようなぷるぷるの唇に。変わらず。いまだ似合う口紅の色がわからない。最近は落ち着いたオレンジが欲しいんだけど、いざつけてみると赤すぎたり、ピンクっぽかったり。微妙。★釣竿オットは山ほど。あいかわらずオットは山ほど所有。前オットと別れてから無縁になった。良かったー。★バッグコーチ多。ただし一番のお気に入りのラビットファーのついたポーチはフバカちゃんちの猫にファーの部分を食われる。だけどそれも愛らしくてほぼ毎日使ってます。学校の生徒には『ロシア人がかぶってる帽子でしょ?』と言われる。あいかわらずコーチ多。暖かくなってきたので白バックを頻繁に使用。白だけに薄汚れてきたのが残念。本当に好きなバックはシカゴで買ったカーキの革の金ラメがきれいな光もの好きの心をとらえたショルダーバックなんだけど大きすぎるため未だ活躍の機会なし。悲しい限り。コーチの皮バックの取っ手がぼろぼろになったため、プラダを購入予定が、カードを忘れ、デザインはほぼプラダだった再びコーチの皮バック購入。たくさんはいって満足。ただ皮のためか何もはいっていなくても重いのが残念。おでかけように素敵な小さいバックが欲しい。★薬ほぼ飲みません。つける薬がないね!!二日酔いになりそうな、飲みすぎたと思われる夜に頭痛薬。★自転車乗らないなー。載らないねー。乗らないねー。★指輪指輪は人にいただいたものだけをつけたいという若かりしころの思いがあったため人からもらったもののみ所有。従って今つけているのはオットにもらった婚約指輪。(マリッジリングは挙式後2週間で紛失)母に譲ってもらった真珠。先日日本に帰国した際、ずっと欲しいと思っていた指輪を人生初自ら購入。これまた石がたくさんついたハートのチャームが揺れて、光もの好きの心をつかんで離さないシロモノ。指でゆれるたび幸せな気分になる。↑うわー。この指輪、前オットとの壮絶な喧嘩中にこのチャームが取れたんだよー。さびし過ぎる。今は現夫からいただいた婚約指輪と結婚指輪の重ねづけ。★ストラップ今日仕事仲間からもらった日本土産の厄除け猫ストラップ。携帯①確か成田で買った浅草限定スヌーピーがついていたはずなのに、スヌーピーはいつのまにやらいなくなって今は鈴だけついている。携帯②地元の神社で購入。お守りストラップ。ストラップ??ないない。★枕トラックの絵が山ほど書いてある枕。息子と共有。トラックからボールのものに変更。マイピローという、よく眠れるとうわさの枕をオットとおそろいで購入。確かに良く眠れる!★腕時計腕時計は恋人を表すらしいですね。私は昔は時計なしでは生活できませんでした。今はもちろんしてません。持ってた時計は電池切れで止まってます。就職とともに腕時計復活。安物を数個所有。いつか良いものを一つ買ってみたいけどなんでもなくす私はたぶん買ってはいけないと思う。腕時計の必要性を感じなくなりました。時間はPCか電話で確認。★タバコアメリカに来てから苦手。前は人が吸ってるのも気にならなかったのにな。煙草を吸っている人がまわりからいなくなってきた。時代の流れか。無縁。★コンビニエスエーHolidayスーパーアメリカ★お茶日本のお茶を飲んでたけど最近切れました。梅こぶ茶がオフィスの引き出しに入ってる。葛湯も好き。チャイティーも良く飲む。好き。もっぱらコーヒー。★飲料水寝ても冷めてもコーヒー。相変わらず寝ても覚めてもコーヒー。外ではラテを頼む。ジムに行くので、水をがぶ飲みするようになりました。★手帳ジェークルーの派手な手帳を義ママからクリスマスにもらったけど使ってません。おもにカレンダーに予定は書き込んでます。i-podにメモ。手帳!?懐かしいね~。今の予定は会社のカレンダーに書き込むか、電話のメモ機能へ。★お酒ゆみさんちでひどい思いをして以来最近飲んでませんがビール=シェルツシーズナルワイン=赤ピノノア   白 ソウビニオンブランクカルーアコーヒー、ケトルワンダーティーマティーニ、スクリュードライバー。最近日本酒もいけます。冷たい飲み物を飲まなくなったため、もっぱら常温で飲める赤ワイン。ピノノア好き。Kettle one dirty martini飲み屋にいったらたまに飲む。ゆっくり飲めます。熱燗おいしかったなー。ほぼ毎晩晩酌。赤ワインより白のほうが好きになってきた。夏だからかな。甘いお酒を飲むと頭痛がするので、ビールか白ワイン。★お米かがやき。コシヒカリ使用。カリフォルニアで作ってるらしい。炭水化物をほぼ食べなくなりました。また炭水化物抜き。★恋してるー?したいねー。息子には片思い中。ずっと。息子と超恋愛中。毎日愛を囁き合っている。相思相愛。ブルーノマーズに恋わずらい中。★理想の人セックス&シティのエイダン。オットと真逆の人。シンケンレッド松阪桃李!オットとま逆の人!これかわってないなー(笑)今の旦那。本当に理想通りの人に出会えた。穏やかで優しく、甘く、頼れる、しっかり仕事をし、料理、掃除、洗濯、すべての家事を嫌がらず率先しやってくれて、子煩悩。子供達全員に平等に優しく、厳しい。前オットとまさに真逆の人。大好きです。★好きなタイプ笑える人。女性=良い意味でのギャップがある人。ノリが良い人。男性=分かりずらい人。女性=ノリが良い人。人生を楽しんでいる人。男性=女性と同じく。★頭最近物忘れが激しすぎる。最近自分は本当にアホなんじゃないかと思えてきた。久しぶりに行った試験勉強で脳みそのほこりを払えた。でもすでに忘れてる。つるっつる。★身長169,5cm変わらず。変わらず。★髪型武田鉄也風。同じく武田哲也風。ただし色が茶色くなった。浅野温子風。★好きな髪型パーマをワイルドにかけたい。未だに同じ。ワイルドパーマ!同じく。ボリュームも欲しい。★誰かに似てる?息子。最近は母親に激似だと言われる。歳ですね。相変わらず母親に似ていると言われる。後は娘にも似ている。★一日で一番好きな時間は?暗闇の中で眠る前に息子がキスしてくるとき。通勤の車中。家と仕事場の良い気分転換になってます。朝2歳の娘が目を覚まし、隣でにっこり笑ってくれる時。★自分はどう見られてる?ぬけてんなー。大丈夫??突き抜けてるね。★送り主は好き?愛してます。30年くらい会わなくても全然信頼できます。あいかわらず愛してるよ!現在新しい命を宿してる彼女。その生まれてくる新しい赤ちゃんもすでに大好きだ!会話せずともいつも心にいます。相変わらず愛しています。二人の母となり、ますます愛が深くなった彼女。尊敬してます。ありがと。★送り主を動物に例えると?動物っていうかあやしい着ぐるみ。あいかわらず着ぐるみっぽい。ゆるきゃら。5年ぶりのバトン。次はまた5年後。次回はオットが変わってませんように(笑)

      64
      テーマ:
  • 17 Aug
    • PMP に受かるまで_2

      一体誰が読むんだこの話。と思いつつも、ひょっとして誰かの役に立つときがあるのかも。というわけで続きます。PMPを受けようと思い立ったものの、私には2歳、6歳、10歳の子供がいて、2歳はいまだ授乳中。仕事から帰ってきて、ご飯作って、食べて、片付けて、お風呂入れて、寝かせて、夜中3度ほど授乳して、で朝。平日長時間勉強時間は取れません。土日なんていわずもがな。子供達と家事に追われて終了。なのでとりあえずPMP試験の基礎となるPMBOK(Project Management Body of Knowledge) というテキストを注文し、それを読みまくり、会社がやってくれている試験を受けるための3日間のトレーニングクラスに申し込み、そのトレーニング終了後、覚えているうちに即試験を受けよう。という最短の予定を立てました。オーダーしたPMBOKが届いて、最初にぶち当たった壁。それは、PMBOKが恐ろしく退屈で、かつ難しい英語の羅列だったということ。大学時代の六法を思い出します。PMBOKはつまり法律書。これを読み解くためのサブテキストが必要なことに気がつき、またしてもネットで一番評判の良いサブテキスト(英語)を購入。さらにPMP試験について調べるうちに、日本語でも受けられるということを知り、日本のPMIから日本語版のPMBOKを購入。実家の母にアメリカの自宅に送ってもらい、私の中で、日本語でも受けられるし、サブテキストも購入したし、トレーニングも受けるし、英語じゃ難しいかもしれないけど、日本語で受けられる。こりゃ受かるだろ。持って生まれた自分に対する根拠のない底抜けの自信とポジティブ精神で完全にPMPをなめてかかり、PMBOKも開かないまま、トレーニングクラスを受ける日がやってきました。(3月)で、トレーニングで私の甘さを痛烈に思い知ることになります。またまた続く。

      2
      テーマ:
  • 19 Jul
    • PMP資格試験を受けてみる。その1

      図らずも「プロジェクトマネージャー」というポジションについて約8年、前職で、自分のプロジェクトマネージャーとしての資質をあげるため、上司に認めてもらうために、いったいどんな勉強をしたらいいんだろう、と検索した際に、PMP(Project Management Proffecional) という資格のことを知りました。でもその時は、この資格を取るために、一定のクラスをとらなければならないこと、(その時見たのは大学の特別コースで夏の金曜日というクラスだった)そのクラスの授業料もなかなか高かったこと、クラスと勉強時間が、家事、育児、仕事の合間に取れるとは思えなかったこと、から資格のことは知っていましたが、取るのはあきらめました。それから現職に転職し、部署内のプロジェクトマネージャーポジションに応募した際、面接で上司の上司から言われた一言。「PMP持ってる?もしプロジェクトマネージャーになりたいなら、この資格を取ったほうがいいよ」これで一大発起。現職の会社がクラスの授業料を出してくれるというのもあり、(ただし試験代は契約社員なので自腹)思い切って資格試験に挑戦することにしました。長くなりそうなので、続きます。

      39
      テーマ:
  • 10 Jan
    • またまたしばらくぶりの更新

      もうすでにブログタイトルを検索しても自分のブログにたどり着かないという状況が発生していますが、底のない砂時計のように、滑り落ちていく時間を書き留めるべく、何か近況など書いてみます。2016年6月に今の家を購入し引越ししました。2004年にアメリカに来てから、7度目の住まい変更。7度目にして、初めて自分が心からここに住みたい、と思える理想の住居となりました。2016年7月、転職。3年働いた会社を退社し、競合他社に同じ仕事内容で転職しました。転職すると、つい先週まで感じていたあの仕事量とストレスっていったいなんだったの。。というほど気楽な職場。転職と同時に次女(1歳4ヶ月)を会社のデイケアに預ける。同じビルの一階、ということでいつでも確認できるし、デイケアの人たちもとてもナイス。子供たち元気に成長中。息子(9歳)が思春期に向かいつつあるのか、髪型を気にしたり、体型を気にしたり。日本語を失いつつあるのは悲しい限り。でもあいかわらず心の優しい、妹たちと遊んであげるスイートな男子に成長。長女(5歳)プリンセス一筋だった娘がアートに目覚め、とにかく絵を描きまくり、壁にはりまくっている。ときどきびっくりするほど上手なときもあるのに、いまだに人物は線。なんで??大げさに泣いたり、すねたりすることもあるけど、その独創力に笑わせてもらってます。次女(現在1歳9ヶ月)言葉を繰り返すようになりました。私の顔を見ては「おっぱーい」と近寄ってきます。いや、私の名前はおっぱいではない。初めての3語分も「まま、おっぱいプリーズ。」基本すべてNO!のいやいや期に突入中。でもそんな怒ってないてるところも3人目は余裕でかわいいと思えちゃうのが不思議。夫(現)まさに人生のどん底にいた私を拾ってくれた神。こんな人がいればいいなー。いや、そんな都合のいい人存在しないだろ、って思ってたけど、存在した。もう出会ったとき10個年をさば読んでたのもゆるしてあげるほどの完璧な夫っぷり。あとは元気でいてほしい。本当に元気でいてほしい。前夫 1年に2度ほど??と思う発言や、行動をするものの、かなり穏便な関係に。しかしいまだに昔言われたことや、されたことは許せない。許すどころか、怒りが毎日リフレッシュされてしまう。こいつともまだ長い付き合いなので、なんとかいいところだけを見ていくしかない。2016年は、ずっと夢見てきた南国に、両親を招待してみんなで旅行できました。本当に良かった。2017年は仕事の資格(PMI)をとること。今の会社で正社員採用されること。(現在契約社員なので)をがんばりたいと思います。以上近況でした。

      11
      1
      テーマ:
  • 25 Mar
    • お家事情 オーイエー。

      人に嫌われてもいい。自分の思ったことを書いていきます。とかいいながら、全く遠のいていました。その間にまた一騒動。いや、五騒動くらい?前々からホーンテッドマンションだとかボロ屋敷とか、私に(心の中で)悪態をつかれていたお屋敷ですが。ついに屋敷をあっためるボイラーからガス漏れするようになり、近所の人から消防署に通報。市役所から安全が認められるまで家に住まない様に。と勧告があり、まさかの自宅に住めないことに。1週間のホテル暮らし(セレブー(棒読み)を経て、紆余曲折あり友人の持つ貸家を借りることに。その間、3回ほどの夫婦内第討論会(喧嘩とも言う)を経て、家を売ることになり。現在はボロ屋敷の大掃除(家を売る準備)をしつつ、借家暮らし。借家は小さくて、家族の距離感が近くて、とっても居心地いいんですけど。いいんですけど。いや、もうほんと、勘弁してこの非日常感。ベイビーのファーストバースデーです☆とか、歩いただのなに食べただの、子供の学校の懇談会だの、なんかそういうさ、ほのぼの記事をアップしたいわけですよ。それを許さない、容赦なく荒れ狂う予測不可能な事態。まあそれでも、家族みんな元気だから良しとしよう。と思うんですが、あーたーしー、つい最近家売って、引っ越して、やーーーーっと落ち着けると思ったんすけどーーーー。また引越し準備かよーーーーー。。。はああ。あ、そういえば先日結婚1周年を迎えたんですが。もうかれこれ10年くらいたったんじゃないか、というこの疲労感。なんだろ。これで旦那がまめで働きもので、スイートで協力的でなければ、発狂してます。という、荷物に囲まれる中での更新。

      85
      1
      テーマ:
  • 04 Feb
    • 久しぶりの更新。

      いったいどれくらいぶりだろう。というぶりの更新です。ご無沙汰しております。離婚騒動当時、もうどっかにこの思いをぶちまけないと、自分が壊れてしまう。と叩きつけるように書き連ねていたブログですが、その後、離婚成立→離婚後自分失い期→自分取り戻し期→再婚→まさかの妊娠出産を経て、今に至り。今に至ってですね。あ、その間に出産、家売却、豪邸(ぼろ)に引越し。といろいろあったんですが、その色々ある中で、日々のめまぐるしい忙しさに振舞わされて、なるべくいい人、いい母、いい友人でいなきゃ。て思ううちに、自分の本音や思ってることを、誰にも(現夫にも)言わなくなるうちに、ふと気がつくと、あれ、私っていったいどんな人だったんだっけ。と見失いそうになっていることに気がつきました。私はなまけもので、面倒くさがりで、しかしながら勢いはあって、周りに嫌われてでも、やりたいことは押し通す人間だったはず。だけど、母になり、離婚、再婚、会社員になり、一生懸命やらなきゃ。しっかりしなきゃ。自分のやりたいことは後回しにしてでも、みんなに嫌われないように、足並みそろえてやらないと。そう思っているうちに。白い折り紙で作った箱のように。ただのペラペラで、中身のない人間になりつつあるような。そんな気がするのです。なので。嫌われても、引かれても良い。自分の思ったことをまた、とにかく書いていくことにします。呼吸するように。自分を少しづつ取り戻せて行ったらと思います。よろしくお願いします。

      3
      2
      テーマ:
  • 03 Nov
    • 11月2日に投稿したなう

      エリーさんの投稿したなう恒例のハロウィンパーティー終了。11/2 4:23今年はハロウィンが土曜日、ということもあり、昨年より人数も少なめで、でも80人くらいか。昨年よりストレス少なめでおわりました。11/2 4:27何がストレスって、バンドをよんで演奏してもらうんだけど、そのバンドのファンも我が家に来るので、見知らぬ若者たちが飲み散らかした後を翌日掃除すること。11/2 4:29しかし今年は、友人がせっせと片付けをしてくれていて、朝起きたら後はゴミを出すだけになっていた。。11/2 4:30やったー!!ありがとう!ドラキャラデイブ!!11/2 4:31バンドも、今年は3つ来てくれて、かなりクォリティも高く、大変盛り上がったもよう。11/2 4:32まあ私は六か月の娘の寝かしつけで、1番盛り上がる時間帯は、子供部屋にいましたが。11/2 4:33正直、パーティー開催するのがめんどくさすぎる!普段の仕事と、子供達と、赤ちゃんの世話で100人の人をうちによぶなんで、ありえねぇ!!と思っていましたが、終わってみると、楽しいもんです。来年は、ベビーシッターを雇います!!!11/2 4:37ガソリンスタンドの前とかにいるやつ、の仮装の人。11/2 4:38>>もっと見る

      25
      1
      テーマ:
  • 30 Jul
    • 7月29日に投稿したなう

      エリーさんの投稿したなうさて、7/29 11:47今夜はなかなか会えなかった親友と飲みます。距離もなくなり、自由に会えるようになったので。7/29 11:49結局さ、なーんにも愚痴を言ってくれなかったね。7/29 11:50いいよ、もういいから、何でもいいな、わがままいいな、て言ったけど。7/29 11:51お茶なんか出してさ。私の家の雨漏りの心配とかしてくれてさ。どーーーでもいいことだった。7/29 11:53入院患者の衣装を来てるのかってくらいさ。ずるいよ。そのまんまの、いつもの笑顔なんだもん。そりゃあ、こっちが恥ずかしくて、結局いつもみたいに、たよっちゃったよ。7/29 11:55本当はとんでもない敵と必死で戦っていたのに。笑顔に甘えて、大丈夫なんだな。て、大丈夫じゃないの知ってるのに、鈍感なふりした。7/29 11:57ごめん。気持ちを、つらさを、哀しみを、不安を、心から少しでも出してあげられなかった。7/29 12:00>>もっと見る

      9
      テーマ:
  • 15 Jun
  • 12 Jun
  • 26 May
    • 5月25日に投稿したなう

      エリーさんの投稿したなう窓を開けて寝たら雨。雨の音が良いです。5/25 17:52七月から仕事復帰予定のため子どもの預け先を模索中。フルでデイケアか、パートでデイケアでベビーシッターを頼むか。さらに日本から住み込みのお手伝いさんを雇うか。5/25 17:55せめて離乳食がはじまる5ヶ月くらいまで一緒にいてこの子の食糧タンクとして密着してあげたいけど、アメリカの仕事事情は厳しい。5/25 17:58仕事を辞めてもいい、とは言ってくれてますが、仕事のスキルより主婦のスキルが格段に低いことと、仕事復帰の際に今の給料より上はたぶん望めないことから、仕事をやめられない。5/25 18:04のびのびにしていた引越しもあるし、家も売らなきゃなんないし、何かと面倒だけど、今しかない。5/25 18:09>>もっと見る

      20
      テーマ:
  • 16 May
    • 5月15日に投稿したなう

      エリーさんの投稿したなう生後一ヶ月の次女とベッドでゴロゴロ。赤ちゃんのおでこと髪の毛のはえぎわ良い匂い~。5/15 22:10>>もっと見る

      2
      1
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 4月2日に投稿したなう

      エリーさんの投稿したなう第三子の出産予定日が4月1日でしたが、未だ産まれてません。4/2 18:38で、子供が産まれる前に結婚しないと。というわけで2週間ほど前に結婚しました。4/2 18:40結婚式は大げさにするつもりもなく、出産の手伝いにうちの両親がたまたま日本から来てくれていたので、以前私が働いていて、お世話になった友人を2組だけ招いて食事会を開きました。4/2 18:45ただの食事会のはずが、書類をサインする際に宣誓があったり、指輪の交換があったり、なんだりで予想外に小規模ながら結婚式っぽくなりました。4/2 18:47何よりうちの子供達がとても喜んでくれていたので、嬉しかったです。指輪を渡す係りに任命された息子は、何度もこっそり指輪を確認し、ちゃんと渡してくれました。4/2 18:50ベビーベッドもスイングもベビーカーも組み立てたし、結婚したし、とにかく出てきてくれ!赤さん!4/2 18:52>>もっと見る

      8
      1
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 3月4日に投稿したなう

      エリーさんの投稿したなう今日は久しぶりに雪が降っています。3/4 2:41こんな時、自宅でも仕事ができるのはありがたいです。3/4 2:42しかし、自宅(アメリカ)にいながらにして、日本のクライアントや業者の人とやりとりしつつ、オランダのオフィスのPCをリモートコントロールしながら17カ国それぞれの翻訳者に仕事を発注。すごいなー。インターネット。3/4 2:46>>もっと見る

      36
      2
      テーマ:

プロフィール

エリー

性別:
女性
誕生日:
お医者さんのシフトチェンジでせかされつつ誕生。
血液型:
B型だと信じて33年後AB型だったことが発覚した典型的B型のAB型。
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
2004年、結婚を機に、今は亡き愛犬『さくら』に猛烈に惜しまれつつ渡米。 日本を愛する気持ちは...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。