夏至の意味

テーマ:

 

麻央さんが光の国に帰られました。

最期の最期まで周りを気遣い、

その愛情深さはブログのあちこちの

言葉の中で感じられますね。

 

光の国に帰られたのが6月22日

前日の6月21日は夏至でした。

 

夏至(げし)とは、

「一年のうちで最も昼の時間が長い」

と言われていますが、、、

 

陰陽五行説から見ると夏至は「陽」

一年の中で最も「陽」の気が最大になり

まるで満月のようにものごとを最大に

満たす「達成」の日ともいわれている

そうです。

 

麻央さんも夏至近い6月19日のブログで

「陽」の気を感じられていたのかも

しれませんね。


 

 

そして、6月22日。夏至の次の日に

光の国に帰られました。。。

 

「達成」

 

この日を選ばれたのなら

本当に凄い人ですね。

 

私が麻央さんのブログに初めて

コメントをさせて頂いたのが

2017年1月最初の満月の夜でした。

 

記事文中の「痛み」という言葉に

反応して、思わず周波数音楽に

少しでも触れてもらえたらと、、、

 

それから、毎日麻央さんが気になり、

もう既に一生懸命に頑張ってるのに

心の中でずっと「がんばれ!」って

ずっとずっと思ってきました。

 

また、この記事を拝見したときには、

麻央さんが周波数音楽を聴いて下さった!

思わずそう思いました!!!

 

 

 

私のブログタイトル

「満月に祈りを込めて」は、

もちろん麻央さんへの思いです。

 

夏至は「陽」の気が最大になり、

まるで満月のようにものごとを最大に

満たす「達成」の日。

 

満月のように、、、

 

まさかとは思いますが、麻央さんって

どこまで相手を思いやれる人なの?

 

私には「ミエナイ」メッセージのように

感じて仕方がないです。

 

その偉大な魂の荘厳さに

改めて凄い存在感です。

 

 

海老蔵さまへの最期の言葉

「愛してる」

 

この言葉を最期に残されるとは、

強烈に胸が締め付けられます。

 

私自身この言葉にとても

コンプレックスを感じており

麻央さんに課題を頂いたような

そんな感じさえしています。

 

「愛してる」は、まさしく

永遠に誓う「愛の言葉」

 

しかし、私の中に残る感情は

弱くて自己否定ばかりしてた

一番嫌だった過去の自分。

 

 

皆様にも、今日 笑顔になれることが

ありますように。

 

麻央さんは本当にたくさんの

「愛」を残されましたね。

 

私も今はセラピストとして

過去の自分とも向き合い

全てを「許し」に変えて

それぞれの役割との認識も

できるようになりました。

 

私の中の絡まった「愛」も少しずつ

笑顔とともに解けていけばいいなあ

って、麻央さんに教えて頂いたように

感じています。

 

麻央さん。

本当にありがとうございます。

 

辛いとき悲しいときがあったら

きっと麻央さんの笑顔が

私の中でいっぱいに広がるでしょう。

 

芸能人の方の訃報でこんなにも

心に残ることは今までありませんでした。

 

永遠の「愛」の象徴として麻央さんは

みんなの心の中で生き続けています。

 

周波数音楽は魂を癒す音楽。

肉体のあるなしに関わらず、

森羅万象に響く波動音楽です。

 

小林麻央さま。

光の国で、どうぞゆっくりとお休みください。

 

世界中が「愛」で満たされますように。

 

 

満月に祈りを込めて

 

 

 

 

次の満月は7/9(日)

明日は新月。

 

 

 

AD