えりんぎのブログ

ホミン小説


テーマ:











~チャンミンside~






「…ユノ?…おいって!起きろよっ!」


ユノの手が、がっつり僕の腰を掴んでて、…ちょっと、抜けだせないじゃん。


「…んぁ?」


寝ぼけてさらに抱き寄せる腕を思いっきりつねった。


「…っ!!…ってぇ!!」


「いつまでも抱きついてるからだろ?離せよ。」


頭をポリポリ掻きながら気怠げに上半身を起こして。


「…おまえね。仮にも年上にその喋り方はないだろ?…なんだよ。人が気持ちよく寝てんのに。

もしかして、もう一回っておねだり?」



──ばか。って、頭をぱこっと小突いて、緩んだ腕をはねのけてベッドから降りた。


「昨日来たのは、たまたま。マジでいい子と知り合ってさ。今日からその子んちに住むから。…じゃ、ね!」


ベッドの下に脱ぎ散らかしたシャツを手に取り、サッと羽織る。


「…なに?今度は、女?…それとも、男?」


ふぁ~、って欠伸。


別に興味ないなら、聞くなよ!


「むっちゃイイ女。…もう、来ないから。元気でね。」


「…ふふ。…どーせ、すぐ戻ってくるくせに。」


余裕のその顔が気に入らないんだよ!


「今度こそ、マジ!…もう、来ないっつの。」


昨夜は昂揚した気分のままコトに及んじゃったから、それこそアチラこちらに服が脱ぎ捨ててあって。


シャツを羽織ったものの、ズボンが見つかんない。


さっさとここから出て行きたいのに!


ユノは下着一枚履いただけの姿で、ベッドにあぐらをかいて座ってる。


背は一緒くらいなのに、厚みが違う。


肩から二の腕のラインにもしっかり筋肉が付いていて、鍛えられた腹筋や太もも、…すべてが男らしい。


その上にのっかった小さな顔。


切れ長の瞳はどこまでも深く、ころころと表情を変える。


───時には、からかうように、ふざけて。


───時には、溺れそうなほど、熱く、激しく。


スッとのびたキレイな顎のライン。


女性的でさえある色気を纏った唇は、いつも口角をあげ、僕を誘う。


「チャンミ~ン。そのさ、下着にシャツ羽織っただけって、ある意味、最強だな。」


膝に頬杖ついて、ジーッと見てくるから。


「…うるせっ。見んなよ!金とるぞ!」


って、ズボンが見つからないんだよっ。


イライラと、ユノの何日も前から山になってる洗濯物を蹴っ飛ばした。


「…あ、あった。」


ソフトレザーのパンツはヨレヨレのしわしわ。


「ユノ~!ちゃんと洗濯くらいしろよ。」


「ん~?…おまえ、やってよ。…前みたいにさ。」


にっこり笑ってくるけど。


────誰がやるか!


ヨレヨレだろうが、しわくちゃだろうが、この際もう構わない。


一度自分ちに戻ってから大学いこ。


焦って履くから脚が絡まってカッコ悪いけど、とにかく早くユノからおさらばしたい。


「…じゃ、…じゃね。」


バッグをひっ掴んで。


「───あ、チャンミン!」


そのままゆっくり僕の目の前まできて。


そうっと伸びた指先が僕の頬を掠める。


ピクッと跳ねた肩に逆の手をおいて。


「───ふふ。………目やに。」


親指でくいっと、僕の目頭を拭った。


「…!!…っ、さ、さわんな!!!」


ユノの胸を思い切り拳で小突いて、…痛ってぇ、…言ってる人を背中に残し、急いで部屋をあとにした。




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

えりんぎさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「AI wo Motto(完)」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。