えりんぎのブログ

ホミン小説


テーマ:









──────「ユノ?……ユノ!」



「…んあ?」



「…!!ちょっ!!いいかげんに離れてください!」



どうしてもレポートを書かなきゃいけない、って机に向かいだした僕を、──ここでやれよ。ってソファーの前の小さいテーブルまで連れてきて。


こっちは真剣に数式に取り組んでんのに、寒い、とか言って、背中にべったり張りつく男。


自分の足の間に僕を入れて、腰に両腕をまわし、隙間のないほど背中に密着されたら、悪いけど、暑い。


「…ユノ。暑い。」


何度言っても知らんぷり。


「暑い、ってば!」


「…いーだろ?大人しくしてんじゃん。」


あのさ、…締め切りが明後日で、焦ってんだよね。

それに今夜はゼミの飲み会とやらがあって、教授も来るやつだから簡単に断れないし。


「ユノ?…バイトじゃないの?」


そろそろ用意した方がいい時間なのに、なかなか動こうとしないユノ。


「飲み会の時間までにきりのいい所までやっちゃいたいんですけど。」

ため息混じりに呟いたら。


「……なに?飲み会って。」


───やばっ。…言ってなかったっけ?


「…あー。えっと。ゼミの飲み会なんです。…言ってなかった?」


……これくらいの事を遠慮がちに言う僕も僕だけど、完全に顔が怒ってるユノもユノでおかしいと思うのに。


「…聞いてない。」

ボソッと言って、腰に回した腕にギュッと力をいれる。


「…俺がバイトの時に飲み会とかさ、…やめてくれよ?…何かあっても迎えに行けないだろ?」


「そんな事言われても…無理です。今日は教授も来るやつだから。」


……ユノが嫌がること、したくないな。って思う自分も確かにいて。

でも、いくら乗り気じゃなくても、しょうがないことはあって…。


「今日はおまえ、ずっとレポートにかかりきりでさ。
……俺、出来ればバイトも行きたくないんだけど?」


それなのに、そんな事をぐだぐだ言ってくるユノにちょっとイラっとした。


「…!!そんな事言うならさ、ユノもレポートとかやればいいじゃないですか?いつも…!」───そこまで言って、言葉を飲みこんだ。


───そう、ユノの方が三年だし、父親の法律事務所を継ぐなら司法試験の勉強だってあって、…きっと僕より忙しいはず。


ユノが、僕の寝てしまった後に勉強してること。


隠してるつもりかもしれないけど…、知っていた。


押し黙ってしまった僕の肩を寄せて。


「……ごめん。困らせたな?」


申しわけなさそうに呟く───愛おしい人。



******************



凝りもせず、また《逢いたくて~》書き始めました^^;




ユノにもお祝いしてもらえたね♡♡

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

えりんぎさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。