マクリーンえり子のブログ

ニュージーランド移住から25年。語学学校EVAKONAの経営者・校長としての日々を綴っています。


テーマ:

フィティアンガの町から車で20分ほど行った森の中に、合気道の道場 KORU DOJO があります。 このKORU道場は、ニュージーランドでは合気道の第一人者であり、この国に初めて合気道というものを紹介した、デイヴィッド・リンチさんが、同じく合気道師範である奥様の久恵さんと10年前に作ったものです。
KORUとはニュージーランド・マオリの言語で「しだの新芽」を指し(うずまき型)、「新生」「成長」「力」「平和」の象徴であるとされていて、この国ではとてもポピュラーでポジティブなシンボルです。)

デイヴィッドさんは、以前ニュージーランド観光局の局長として長い間日本に滞在していた間に合気道を学び、帰国後に奥様とオークランドに道場を開き 合気道の指導をしていました。そして引退後は環境の良いフィティアンガに移ってこられ、今ではこのご自身の道場で合気道の指導を続けています。生徒さんは主に現地の方々ですが、エバコナの留学生でもデイヴィッド先生の合気道レッスンに通っている人もいます。
またエバコナのアクティビティでも時々合気道を教えていただきに行ったりもしています。


KORU道場は、丸いドーム型のユニークで美しい建築で、森に面した大きな三角の窓からはニュージーランドのシダやティーツリーなどが滴るような緑の英気を放っていて、そこにいるだけで不思議なエネルギーに包まれます。

先週の土曜日、雨の晴れ間に、私は現在エバコナに留学中の大人の生徒さん2人とともにKORU道場を訪ねました。 その日は奥様の久恵さんが私たちを道場につづく森の散策に連れて行ってくださいました。道場から森の小道を降りていくと小川にぶつかります。その小川をロープを頼って渡り、苔むした大きな石が5つ自然のサークルを作っているところまで登りました。そこは森のエネルギーが放出されているパワースポットだということなので、サークルの真ん中に立ってみんなで深呼吸。




そこからまた小道を降りると「みそぎの滝」と久恵さんが名付けた最初の滝に着きました。みそぎの滝を渡って、さらに2つの滝を巡って、私たちは森の中を30分ほど歩き回ったのですが、森の静寂の中で私たちは日々の生活で凝り固まってしまった体がほぐれていくような気持になりました。それはとてもさわやかな時間でした。




散歩の後、道場の隣の母屋で薪ストーブにあたりながらアフタヌーンティーをいただきました。デイヴィッドさんは決して自分から攻撃をしない合気道の精神をこよなく愛しており、ぜひこの精神をみんなに広めたいとおっしゃっていました。今、世界では物騒な事件が毎日起きていますが、人々がこの合気道の精神を学んだら世の中はもっと平和になるかもしれないと思いました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


冬たけなわの6月はニュージーランドの各高校では演劇公演のシーズンです。

先日、私はエバコナの隣にある公立校Mercury Bay Area School の高等部が2年に一度行う大きな演劇公演を見に行ってきました。今年の演目はミュージカル「オズの魔法使い」でした。





なつかしい、昔見た映画のオズの魔法使い。かなり忠実に再現されていましたよ。


高校の講堂には本格的なステージが作られ、階段式の客席がたくさん設けられました。一般公開で3日間・合計4回の公演が行われました。私が行った土曜日の夜の公演では、講堂の客席はほぼ満席でした。


客席から見る舞台の中央には大きなスクリーンが設けられていて、お話の進行とともに場面が変わる仕掛けになっていました。そして出演者の衣装やメイキャップは学芸会の域を超えた本格的なもので、出演者たちは高校生とは思えないような、プロの舞台俳優顔負けの演技・歌・ダンスをみせてくれました。うれしいことに今年の公演にはエバコナの卒業生で現在この高校の2年生に在籍する女子生徒が2人出演しました。一人は舞台の横でバンドとともにピアノの演奏と、彼女はクラシックバレエもできるのでポピーの役でダンス出演も果たしました。もう一人は歌の得意な生徒で、マンチキン役として英語で歌いながら軽やかにダンス。二人とも大活躍していました。




他の高校でのこのプロダクション(演劇公演)は行われ、今年はハウラキ高校に留学している女子生徒もメイキャップ・アーティストとして活躍したとホストマザーが嬉しそうに報告してくれましたし、テ・アロハ高校にいている男子生徒も舞台に出たそうです。彼は練習は厳しかったけれどセリフを覚えたお陰で英語の発音がすごく上達したと言っていました。


留学中にこうしたイベントにかかわることで現地ニュージーランド人の友達が増え、英語が上達し、自信をつけていく様子を見て本当にうれしく思います。

 


素晴らしい公演でしたよ!また2年後楽しみにしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんにちは。エバコナのカースです。

エバコナでは去年の終わりから若者集会というものを大体2週間に一度のペースで行っています。若者集会には主にクリスチャンの生徒が参加しているのですが、他にも参加を希望する生徒がいれば自由に参加できるようにしています。内容は大体聖書の中にある物語を一つ読んで、それについて現実社会の中での問題と当てはめて話をし、生徒たちの意見や感想等をディスカッションしたりしています。30分程の短いセッションですが、色々な事に日々悩む思春期の生徒たちの精神面でのサポート、またこのような機会を通して彼の精神的な成長をサポートしていく意味ではじめた試みです。

 


例えば先月のセッションでは聖書の中の「放蕩息子」の物語について話をしました。このお話はある父親と2人の息子のたとえ話です。一人の息子は真面目に父親の言う事を聞いて父親を助けて堅実に生きるのですが、もう一人の息子は父親に自分の遺産相続分のお金を要求し、そのお金を持って遠くに行き放蕩な生活をしてしまいます。その後放蕩息子はお金を使い果たして、大変な困窮に陥ります。食べ物も無くなり、豚の餌をむさぼる程飢え寸前にまで追い込まれてしまいます。そして、はじめて自分のしたことを深く後悔し、決心をして父親の元に戻り許しを乞います。すると父親は大手をあげて息子の帰還を喜ぶというお話です。その時ずっと忠実を尽くしてきたもう一人の息子はそんな放蕩息子を簡単に許して可愛がる父親に怒ってしまいます。

 


この物語は一見現実の世界の常識で考えるとおかしいお話に聞こえるかと思います。放蕩息子がそんなに簡単に許されて良いものなのか?ずっと父親に忠実にやってきたもう一人の息子が怒ってしまうのは当然では無いのか?そこで私達は生徒達にお兄さんの気持ち、お父さんの気持ち、放蕩息子の気持ちについてそれぞれ考えてもらいました。みんなお兄さんの気持ちはどちらかというと分かりやすい部分があったようなのですが、放蕩息子の気持ちやお父さんの気持ちも良く考えてみると見えてくるものがあったようです。

 


それは日々沢山の失敗をしてしまう私達自身、そしてその失敗を許されたいと願う私達の心です。もしも私達が失敗をしたとき、それが絶対に許されないのであったら、それはどれ程苦しい事でしょうか?大きな失敗、小さな失敗、その人の捉え方にもよって様々な失敗があると思いますが、そこに「一生」「絶対に」許されないというレッテルが張られていたとしたらそれ程の苦しみは無いのではないかと思います。そして本当は被害者側にとっても誰かを「絶対に許せない」という事程深い悲しみと苦しみの重荷は無いような気がします。

若者達の多くが自分にまだ自信が無く、失敗を恐れたり、自分のしてしまった過去の失敗を許す事ができず、それを心の中にいつまでも引きずってしまう生徒をよく見かけます。長い人生の中で失敗を誰一人として免れる人などいない事を考えると、この「失敗を通して学ぶ」という考え方がどれ程大切であるか私達大人は分かっているかと思います。

 


これからも若者集会を通して「失敗を許される」ということについて、「人の過ちを許す」ということについて、そして「社会的責任」とはどういう事なのか等様々な事を共に話し合い考えていきたいと思っています。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。