マクリーンえり子のブログ

ニュージーランド移住から25年。語学学校EVAKONAの経営者・校長としての日々を綴っています。


テーマ:



こんにちは。エバコナのカースです。

エバコナでは去年の終わりから若者集会というものを大体2週間に一度のペースで行っています。若者集会には主にクリスチャンの生徒が参加しているのですが、他にも参加を希望する生徒がいれば自由に参加できるようにしています。内容は大体聖書の中にある物語を一つ読んで、それについて現実社会の中での問題と当てはめて話をし、生徒たちの意見や感想等をディスカッションしたりしています。30分程の短いセッションですが、色々な事に日々悩む思春期の生徒たちの精神面でのサポート、またこのような機会を通して彼の精神的な成長をサポートしていく意味ではじめた試みです。

 


例えば先月のセッションでは聖書の中の「放蕩息子」の物語について話をしました。このお話はある父親と2人の息子のたとえ話です。一人の息子は真面目に父親の言う事を聞いて父親を助けて堅実に生きるのですが、もう一人の息子は父親に自分の遺産相続分のお金を要求し、そのお金を持って遠くに行き放蕩な生活をしてしまいます。その後放蕩息子はお金を使い果たして、大変な困窮に陥ります。食べ物も無くなり、豚の餌をむさぼる程飢え寸前にまで追い込まれてしまいます。そして、はじめて自分のしたことを深く後悔し、決心をして父親の元に戻り許しを乞います。すると父親は大手をあげて息子の帰還を喜ぶというお話です。その時ずっと忠実を尽くしてきたもう一人の息子はそんな放蕩息子を簡単に許して可愛がる父親に怒ってしまいます。

 


この物語は一見現実の世界の常識で考えるとおかしいお話に聞こえるかと思います。放蕩息子がそんなに簡単に許されて良いものなのか?ずっと父親に忠実にやってきたもう一人の息子が怒ってしまうのは当然では無いのか?そこで私達は生徒達にお兄さんの気持ち、お父さんの気持ち、放蕩息子の気持ちについてそれぞれ考えてもらいました。みんなお兄さんの気持ちはどちらかというと分かりやすい部分があったようなのですが、放蕩息子の気持ちやお父さんの気持ちも良く考えてみると見えてくるものがあったようです。

 


それは日々沢山の失敗をしてしまう私達自身、そしてその失敗を許されたいと願う私達の心です。もしも私達が失敗をしたとき、それが絶対に許されないのであったら、それはどれ程苦しい事でしょうか?大きな失敗、小さな失敗、その人の捉え方にもよって様々な失敗があると思いますが、そこに「一生」「絶対に」許されないというレッテルが張られていたとしたらそれ程の苦しみは無いのではないかと思います。そして本当は被害者側にとっても誰かを「絶対に許せない」という事程深い悲しみと苦しみの重荷は無いような気がします。

若者達の多くが自分にまだ自信が無く、失敗を恐れたり、自分のしてしまった過去の失敗を許す事ができず、それを心の中にいつまでも引きずってしまう生徒をよく見かけます。長い人生の中で失敗を誰一人として免れる人などいない事を考えると、この「失敗を通して学ぶ」という考え方がどれ程大切であるか私達大人は分かっているかと思います。

 


これからも若者集会を通して「失敗を許される」ということについて、「人の過ちを許す」ということについて、そして「社会的責任」とはどういう事なのか等様々な事を共に話し合い考えていきたいと思っています。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
エバコナでは毎週金曜日にアクティビティを行っています。学校を抜け出して、毎週違った様々なアクティビティを楽しみます。ニュージーランドはアウトドア大国ですし、特にここコロマンデル半島は自然環境は自慢ですから、外でのアクティビティの豊富さはエバコナが自慢できるところだと思っています。

夏は海系のアクティビティも充実しています。サーフィン、SUP、スノーケリング、スキューバダイビング、ヨット、釣り、バナナボート、などなど、本当に楽しいものが目白押しです。

インドアでは陶芸やマオリ工芸(ボーンカービングやフラックスーウィービング)、モザイクなどもあるので、こういうアート・クラフト系が好きな人にもお勧めです。



先週の金曜日はいつも人気のあるアクティビティ、乗馬でした。 ここでの乗馬は、初心者でも、たずなを引かれて馬場を歩くのではなく、馬の背に乗って広大なファームランドを歩くことができるのが特徴です。大人しい馬たちは初めての学生さん達を乗せても暴れたり走ったりすることなく、ゆっくりと歩いてくれるのはありがたいです。


タディが素敵なビデオを撮ってきてくれました。 今回学校で新しいカメラを買ってみたので、これからタディが色々なアクティビティに同行してビデオを撮ってくれるそうですので、ここでもその都度アップしたいと思います。


エバコナ 英語とアクティビティ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついにフィティアンガにも夏の終わりがやってきました。その晩夏の37日に、エバコナ・フィティアンガキャンパスの隣にあるマキュリーベイ ・エリア・スクール (公立の小中高一貫校)では、新学期恒例のAcross the river swim (河口横断水泳大会)が行われました。



その日の天気はあいにく高曇りで、キラキラとした晩夏の太陽には恵まれませんでしたが、7年生から13年生(日本の小6から高3まで)の生徒たち300人ほどが、お昼の12時にフィティアンガの町に面したマーキュリー湾の河口に集まりました。




フィティアンガの波止場から、河口の対岸へを渡るフェリーが出ていてわずか3分で向こう岸の「フェリーランディング」に渡ることができます。この間を子供達が泳ぐのです。

リバースイムに参加する学生達は、若い順にフェリーに乗ってスタート地点であるフェリーランディングに渡ります。その河口の幅は約300メートル。生徒たちはフェリーランディングの浜から泳ぎ出し、波止場側でゴールします。海はちょうど満潮と干潮の間で、途中足の着くところも数箇所あり、水位は生徒たちにとって渡りやすい深さでした。












(先生達はカヤックで水上に待機します)

このイベントは参加することと河を横断することに意味があるので、泳げない子や泳ぎに自信のない子は浮き輪やボディボードなど使って渡っても良いのです。エバコナのリーゾル先生の息子は、最初から最後までエア・マットレスにゆったりと寝そべって横断していました(笑)。一応、各グループごとに1位から3位までは記録されるので、スピードを競う一部の生徒たちはスタートからフィニッシュまで快泳する姿もありましたが、それは各自の自由でよい、といった大らかな雰囲気でした。
 


(見えるかな。マットレスに寝転びゆったりと河を渡るタネ君)


留学生達も途中楽しくふざけ合いながらも頑張って泳ぎきっていましたよ。



声援を送る親・下級生・先生たちはは波止場側の岸壁に集まり、横断した一人一人の生徒に陽気な声をかけていました。それは楽しい夏を締めくくるにふさわしい明るいイベントでした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。