音楽家として

テーマ:

みなさん、こんにちは。

日本はもう夏のような気候だと聞いています。スウェーデンもようやく春めいてきました。といってもまだ肌寒いです。

ここ数日とても忙しく、でも充実していて、色んな事を考える良いきっかけが沢山あります。

 

数日の事振り返って書きたいと思います。

まず。ギターコンサートでした。

この日も本当に緊張していました。でも、前回の本番から日が開いて無い事もあり、何より信頼している共演者と演奏できたという事で、顔と手がしびれる事態にまでは至りませんでした。


 

途中間違えかけたけど、鬼の気合いでなんとか持ち直しました・・・。笑い泣き

でも演奏後はやっぱり、みんな良かったよってハグしてくれます。 本当に演奏家にとって嬉しいですよね。もう泣いちゃうえーん

 

 

そして次の日は、私が今師事している先生のご自宅に招待して頂きました。

それはもうピアニストにとって本当に夢のようなお城でした。グランドピアノは勿論、ピアノフォルテ、チェンバロ、クラビコート、すべて揃っているのです。

初めて自分が普段ピアノで弾いているレパートリーの中からバッハの作品をチェンバロで、ハイドンの作品をピアノフォルテで弾かせて貰いました。そして、事前に準備していた、クラビコートの為の作品もクラビコートで弾きました!!

{C99DA854-9E56-4037-BFD9-08F85C95E295}

{4DF3F183-0D13-4B50-8C04-CA0086A564DE}





{48B6D34F-1386-4AF8-8E8E-CE911A49BA45}

{26E1535E-4046-4F81-9A45-ADC673E1A472}


{30087E3C-33EF-4DC6-BB0F-3BBE9CEF2EAE}

{999416ED-5BE9-4188-8191-0286BA0A3673}


{2F88FFAA-3CF6-4217-8198-B1CB53FF4A6A}

{A459BAC7-F98D-4C72-A968-0E1A5A867206}
大好きUlrikaラブラブラブ


{F6C09880-A2FC-42AE-875A-A1224A50D13A}


 

楽器の歴史、仕組み、違い、などなど、途中、先生の素敵な手料理休憩を挟みながら、朝から晩までみっちり色々教えて下さいました。

 

私は生きてるうちにこんな経験が出来るなんて夢にも思って無かったので、本当に夢の中にいるような、改めてここに来てよかったと心から思いました。

 

楽器を演奏する事は、楽器を知る事、それも”知らなければ have to”じゃなくて、ただただ純粋に"知りたい want to"の心で、向き合えると、自分の音楽人生もっともっと豊かになると確信しました。

それは、私の何百歩、いや、何千歩、何万歩も先を歩いている先生を見ていて感じました。

 

楽器には先人の知恵が本当にぎっしり詰まっていて、試行錯誤の連続だった事が想像出来ます。そして今、その苦労の結果、ここまで完成された現代のピアノを弾ける事が本当に幸せな事なのだと思いました。

昔の楽器の音色は、何故か私にはとても新しく新鮮に聞こえました。

 

本当に素敵な時間をありがとうございました!おねがい

 

 

スウェーデンに来て、日本にいる時より圧倒的に演奏者から観客側にまわる事が多くなり、自分であまり答えを出せていなかった、音楽家として社会とどう関わり、貢献できるのか、観客側になる機会が増えた事により、最近、少し答え見えてきたような気がします。

自分が観客として、幸せだと社会活動(人とのかかわり合い)出来ていると感じる時、友人達と誘い合わせて、一つのコンサートに行く時、その日を迎えるまでみんなとその話をする事、そして友人がまた自分の知らない友人を呼び、会場に着くと、またその場にたまたま居合わせた人たちと会話をし、そして、その日のコンサートを聞くという目標をみんなで達成し、何より、その音楽を一つの空間で共有し合う。

 

終わった後もまた、コンサートの感想を語り合う。当然、素晴らしい音楽を聞いた後だから、気持ちも高揚しているし、普段消極的な者同士であっても会話が自然と弾むし、人と知り合えるきっかけにもなる。

 

個人個人の幸せが自分の傍の人を幸せにして、それが輪となり広がる。

演奏活動をする事の意味、一つのコンサートが大きなきっかけとなり、そんな輪を広げることが出来るのだと思いました。

 

自分もこれからもそんな風に音楽家として、音楽に携わって行きたいと思いました。

少しは社会の役に立てるかな、自分も・・・ラブそうなら、嬉しい事です!!!

 

みなさん、良い週末を音譜

 

 

 

ピアノリサイタル終わり

テーマ:

ました…。

あぁ疲れた。

久しぶりの更新なのに、初っ端からすみません。
とにかく疲れました。

寝ても覚めてもずっと曲の事を考えていました。が、なんとか今日本番終えました。


うーん。本当に課題しかない。あんなに練習したのに、あんなに向き合ってきたのに、、、、のにのにのにのに。

本番は上手くいかないもんです。

上手くいかなかったら本当、落ち込みますね。今日までの努力まで無駄だったかのように錯覚してしまう。


そんな訳ないのにね笑い泣きああ、誰かの胸を借りて泣きたい…えーん笑笑

誰もいないので、枕にでも抱き着いて泣いときますショボーン


演奏前緊張し過ぎて、震えるどこか、顔も手も痺れてくるんですけど、あれなんですか?!笑  過呼吸気味なのかな。

普段鍵盤をグッと押し込むようにして弾いてるのですが、(曲調にもよりますが)今回の選曲は特にそういうのが多かった。
でも、緊張し過ぎて、もう鍵盤の上を手がコロコロ勝手に転がって行くんです。

んー。説明下手。
普段は、履き慣れたスニーカーで、一歩一歩大地を踏みしめて歩いてるのに、
どういう訳か高さ12センチくらあのピンヒールで、小股で坂道を小走りしている感じになっちゃう。

これ、いつか克服できるの笑い泣き
くやしーぞー!

{18E4E86C-1696-4D5D-87B2-D99F1E31148E}

チェンバロ。いよいよ来週、Björköへチェンバロ弾きに行きます。わくわく。

写真は先週聴きに行ったBachのコンサート。
昔の楽器なのに、わたしにはとっても新鮮なサウンドに聞こえましたラブおねがい



今日は何も考えずねまーす!また明日から!!
God nattニコニコ

brave

テーマ:
二日連続更新ニコニコ
何故ならまだまだPåsk lov中で、普段より時間がだいぶあります。

精神衛生的にも、健やかな日々を過ごしていますが、人間関係全く揉め事が無いといえば嘘になります。

私は今寮に住んでいて、一つのフロアを10人以上で共有して共同生活しています。
部屋は個人部屋でトイレはありますが、キッチン、シャワールーム、ランドリールームなどは共有部分です。

で、、、、
やはりいますね。ルールを守らない人達が。ある程度想定していましたし、妥協せざるを得ない事は多いと思うのですが、それでもどうしても嫌なことは、深夜に騒がれる事と、キッチンを恐ろしく汚く使われる事。

前回は、掃除してもしても追いつかなくて、もう最後の方はキッチンを使う事自体を諦めていました。

やはり、水回りってみんなが少しずつ心掛けないと、すぐにハエは湧くし、臭いも酷い。食べ物の管理も各々しっかりしてくれないと腐ります。
いくらカサカサAirの北欧と言えども、腐るものは腐ります。

この二点を守れないグループ、そしてこのグループの人達が、本人達も管理できない様な奇妙な人を勝手に寮に連れ込む。
完全オートロック制で、来訪者が泊まりになる場合などはキチンと報告する事が必要です。
この連れ込みのせいで、数週間前、私や友達は怖い目に合いました。
私は待ち伏せされナンパされ、友達はシャワールームまで着いて来られました。

共同生活ですが、ここは本当にみんなの家、一番ホッと。落ち着ける場所なので、安全な事は絶対条件なんです。家の中で、知らない人がフラフラナンパしてくるなんて、あり得ないガーン


でも、こういった危機から、いつも救ってくれるとある友人がいて。
彼が本当に勇敢で、友達とも話題になりますが、あんな風に、女性を守り、自分の損得考えず、動ける人は珍しいね。と話しています。

前回もずっと犯人探しをしてくれて、その後もそのグループに直談判。上にもすぐに報告。
数日経ってからも、更に本人達に念押し。

騒音の事も、キッチンの事も、私達仲間内で困るね。と話していたら、すぐに本人に直談判。
しかもその時、自分が。とか私達の名前は一切出さずに、自分、困ってると一貫して通すのです。

私達がその人達から、逆恨みされないよう配慮してくれてるんだと思います。

これぞ本当の優しさ、勇敢さ。だと思いました。

彼は一般的に男尊女卑の激しいと言われる、女性の幸福度がワーストにランクインしてる国からやって来ています。

本当に思う。
国籍は関係ない!

女性に優しい。人に優しい。
そんな”優しさ”に対して考えさせられる出来事でした。





平凡な自分

テーマ:

みなさん、こんにちは!

本当にご無沙汰してました。


私は元気に楽しく毎日過ごしています。

寝ても寝てもいくらでも寝れるような感じで、よっぽどリラックスしているんだなぁと思ってました。(私の脳みそ活動してるのかい)


スウェーデンにも、ようやく暦上の春が来て、朝起きて窓の外を見ると陽射しが柔らかく、あぁ暖かそう。

って思って軽装で外に出ると、エライ目に合います。

普通にまだまだ寒いです。ただ、氷点下までは届かなくなりました。大進歩。笑 ですが、陽射しは緯度の関係からかとても強いです。


それが本当に不思議なんですよね。こんなに寒いのに、陽射しは真夏のような感じなのです。サマータイムも先週から始まり、やはり1時間損した!という感じで迎えました。

でも、いつも頭の中で、時計を見て、今は本当はまだこの時間から1時間前~☆とか考えてほくそ笑む謎の遊びを1週間は一人で続けます。楽しい。



学校生活の方もなにも問題なく、楽しく送っています。週末は必ずと言っていいほど、仲間と集まり何かしらパーティーにFikaに映画鑑賞会や、お菓子作りなどなど楽しんでいます。打ち解けるまでに少し時間は掛かったものの、打ち解けてからは何かが爆発したかの様に、それはそれは愉快な事になっています。

みんな、本当にお茶目です。相変わらずギャグに気付くことは、私にはまだまだハードルが高過ぎますが。


そして!!つい数日前やっとビザが通りました~!!今の時点で更にもう一年滞在できる事が決定しました。

長かった。今回も長かった


でも、とにかく通って良かったです。

学校の先生には感謝してもしきれません。本当に沢山助けて貰いました。移民局に対して言いたいことはいっぱいありますが、敢えてここで書くのはやめよう。怒り再沸騰しそうなので。。



今はPåsk lovと呼ばれる、イースターホリデーで、学校もお休みです。

Lovがあけると、大量のコンサートが待ち構えているので、そんなにのんびりはしていられないのですが、やはり朝寝坊出来るというのは、本当にスペシャルな感じがします。

今年の夏の一時帰国のブッキングもそろそろ始めていて、準備にも取り掛かりたいなと思っています。とても楽しみです。作曲も長らくしていないので、何か書きたいなって思っています。



“音楽家”と、一言で言っても、様々なタイプがあると思うのです。

文学的、芸術的、破壊的、内省的、感覚的、本能的(野生的?)、論理的…etc


私はどれだろうと。

私は見えるものしか分からないし、感覚で作曲をしたり、感覚で演奏したりも無いし、自分の普段言えないことを曲や歌詞に乗せ、世間や社会に訴える手段とする事もなく、音楽は音楽として自分とただ共存してる感じです。

作曲も、第六感からなんて事は毛頭なく、ただ頭の中にあるものを譜面に書くだけ。という感じです。

その曲自体が浮かぶシーンは、日常の中で、様々な時がありますが。


そもそも”感覚”ってなんだろう?って話になってくるのですが。

音楽自体、目には見えないものなので、私の話には矛盾があるかもしれません。


ですが、そう言った意味で私はどこまで言っても”アーティスト”ではないのだと思います。


音楽を続けている理由も一つ、ただ好きだから。

人の意見に影響され、自己表現の手段。と勘違いした事もありましたが、そう言ったものでもない事に薄々勘付いてはいました。

たぶん私にとっての、自己表現の手段は日常にもっと密接した自然な所にあるだろうし、(例えば話すなど。)音楽はどこまで言っても自分とは別次元のもので、交わらなくて平行に歩んでいる感じです。逆に、こんな平凡な自分と交わられたら困る。つまらなくなります。


だから!こんなにも魅了されるのかもしれません!どこまでいっても、特別なのです。ほ


長くなりました。

今、Göteborg に向かっているバスの中です。列車に乗ったのに、途中の駅で降ろされてしまいました。笑 そしてバスに乗り換え~。


みなさんもステキな週末を!

ではまた!


{94492A54-AF83-485F-84FD-C7F34FD7AB5E}




なぜ文字が大きいのか分かりません。なんで。