2010-09-23

父のこと、母のこと

テーマ:日常
映画仲間のNさんからメールが来た。お父上が亡くなったという。まったく存じ上げなかったが、立命館大学文学部哲学専攻の名誉教授であられた由。10月2日に「偲ぶ会」があるので、出席してほしいとのこと。
それを受け、以下のような長い返信を書いた。思いがけず、自分の父のこと、母のことについて率直に書けたので、ご披露する気持になった。
………………………………………………………………………………………………………………………
Nさま

お返事、遅くなりました。
事務的にササッと返信できるような内容ではなかったので、ご容赦ください。

お父上・N先生のことは、不勉強ゆえまったく存じ上げませんでしたが、こうしてNさんが私を思い出してくださったのも何かのご縁だと思い、10月2日はつつしんで参加させていただきます(朝早いのがキツいですが)。

私は一人っ子でしたが、1997年に父を76歳で、その2年後の1999年に母を74歳で亡くしております。
3日前の9月19日が母の命日でした。
父の時も母の時も、「何も(親孝行が)できなかったな」という思いが強くありました。
その一方で、「親が先に死ぬのは仕方がない。どうってことはないんだ」と自分に言い聞かせておりましたが、母の葬儀のあと、円形脱毛症になりました。
肉親の死は、そのように無意識のうちに作用するもののようです。
両親を失ったゆえだったのかどうかは分かりませんが、振り返ってみれば、その後数年は低迷していたように思います。
人によって違うでしょうし、どうすればそのような影響を少なくできるのかも分かりませんが、どうぞ睡眠をよくとって、ご自愛ください。
報道によれば、お父上は84歳で亡くなったとか。「大往生」と言えるのではないでしょうか。

私にとって、父は大きな存在でした。
銀行マンで、O銀行の副頭取まで務めました。
父も中央大学の二部出身で、コネもなく入行し、平行員から勤め上げました。
性格は豪放磊落。人は全盛期の田中角栄をよく例に出しました。
しかし、非常に繊細なところもあり、人の痛みが分かる親分肌で、多くの部下に慕われていました。
スポーツも万能で、水泳、柔道、ラグビー、野球、ゴルフと、それぞれに上手でした。
また趣味も多彩。写真、鉄道模型、プラモデル、映画観賞、レコード鑑賞、水彩画など。凝りだすと没頭・集中するタイプ。
勉強熱心でもあり、いつも何か本を読んでいました。
そんな父は、若いころは船乗りになりたかったそうです(そのせいか、帆船模型もたくさん作っていました)。
銀行員になった当時は、その仕事がイヤで、推理小説作家を目指していたとか。
帰宅後、コツコツと推理小説を書き、いろんな賞に応募していたようです。
当時『宝石』という雑誌は推理小説の専門誌だったそうで、その新人作家特集に「佳作」として自作が掲載され、それで憑き物が落ちたように作家志望を断念。「自分の力量が分かったから」と言っていました。
でも、「選評」で江戸川乱歩に褒められたことは嬉しかったようです。
それ以後は、銀行の仕事に邁進したとか。

もうお分かりのように、私とは対照的です。
私が大学を受験したのは1969年で、まさに学園紛争の時期(立命館の日本史学科も受けましたが、見事に落ちました)。
関西大学の国文科に滑り込み、反戦デモに明け暮れ、高度成長期の企業戦士であった父ともよく議論しましたが、敵もよく勉強していて、論破できませんでした。
在日コリアンの友人の話などすると、「あんまり付き合うな」なんて言ってました。
当時は「右翼め!」と思っていましたが、父なりに心配していたのでしょう。
そんなふうに反目の時期もありましたが、父の晩年のころには「和解」できていたと思います。

母のほうは、夫唱婦随を絵に描いたような、静かで優しい性格でした。
苦しい戦争も経験しているのに、生来の「お嬢さん」で、いくつになっても純真で可愛いところがありました。
父は亭主関白、生きたいように生きた人で、それに付き従っていた母はずいぶん苦労もしたので、父が亡くなってからは自由を謳歌すればいいと思いましたが、急にガックリきてしまいました。
私が家に帰ると、暗い部屋にぽつんと独り座っていて、「元気出せよ、僕がいるじゃないか」と言うと、「あなたじゃ駄目なの」と言われたことがあります。
華奢だけど病気などしたことがなかった人が、S状結腸がんになり、父のあとを追うように逝ってしまいました。
母には楽しい思いをいっぱいしてほしかったので、その10年早い死はかなりこたえました。

いま、私に対する父の愛は理知的で、母の愛は無条件だったなと思います。
いずれにせよ、父からも母からも、私は充分に愛を注いでもらったと確信できます。
それゆえ、「何もしてやれなかった」という思いが、深層でいつまでも私を責めるのでしょう。
しかし、5年前から少しヨーガをかじり、そこでは「反省するのはいいが、それに囚われてはいけない」と教えられます。
反省して、ここが良くなかったと分かれば、それを繰り返さないようにすればいいだけだと。
また「死」は最後ではなく、ひとつの通過点にすぎないのだとも……。

長くなりました。
お返事になっているか分かりませんが、ご自分を責めることなく、心穏やかにお父上を送られるよう、願ってやみません。
では、10月2日に。
お忙しい折、お返事には及びませんので。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-09-14

お知らせ

テーマ:日常
ごぶさたでした。今日は、お知らせをいくつか。
当ブログ「リンク集」のトップに第7回京都映画祭を載せました。会期は10月6日~11日。秋の京都へ行きましょう。
7月29日の「日記」に書いた『遺言なき自死からのメッセージ』(2010年)の作品評を「映画評」に載せました。映画をご覧になっていない方がほとんどだと思いますが、ご一読いただければ幸いです。

『遺言なき自死からのメッセージ』の梶井洋志監督はNDS(中崎町ドキュメンタリースペース)のメンバーであるが、同じNDSの金稔万監督は『釜の住民票を返せ!』(2008年)という作品を撮っておられる。これは、2007年3月、釜ヶ崎解放会館等に登録していた2088人の日雇い労働者の住民票が一斉に消除された事件を追ったドキュメンタリーだ。
金監督は在日コリアンで、自らも日雇い労働者として梅田阪急百貨店の解体工事に従事しておられた。本名で登録し、仕事をしていたら、ある日突然「通名」を使うように強制されたという。そこで金監督らは、大林組やその下請け会社を相手に裁判を起こした。
その裁判が始まっていた8月22日、金監督は免状不実記載等の微罪で不当逮捕されてしまったのだ! それを聞いたとき、私は「いまどき、信じられない」と思ったものだが、先日の厚労省・元局長の冤罪事例にも見られるように、この国の警察・検察は相当ヤバいところに来ているようだ。
その後、金監督は起訴猶予ということで9月1日に釈放された。つまり、最初から逮捕など必要なかったわけで、そこには「お上に盾つく奴は逮捕・弾圧!」という恣意性が透けて見えるのだ。詳しくは、救援会のブログ「FREE K!」 http://d.hatena.ne.jp/FreeK/ をご参照ください。
さて、その大林組等を相手にした裁判の第2回口頭弁論が、9月16日(木)13時30分から開かれる。場所は大阪地方裁判所・本館5階の民事第510法廷。事件番号は平成22年(ワ)第7311号。私は傍聴に行くつもりだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-19

「乙女の密告」をめぐって

テーマ:読書
文藝春秋(9月特別号)を買ってきて、赤染晶子(あかぞめ・あきこ)の「乙女の密告」を読んだ。第143回の芥川賞受賞作だ。
以下、結末部分にも触れるので、これから同作を読もうと思っている方はご注意ください。また、あらすじをトレースすることはしないので、読んでいない方はつまらないかもしれません。
一読後の率直な感想は、「ふーん、なかなかよく出来ているけど、コミカルな部分とシリアスな部分が噛み合っていない感じ。それに乙女、乙女って盛んに出てくるけど、乙女って何? バージンのこと? それとも、未熟だけれども潔癖な精神性のこと?」というものだった。
本編を読んでから「選評」を読んだが、私にはこちらのほうが興味深かった。
小川洋子は《最後、みか子にアンネを密告させる。もちろんそれはアウシュヴィッツへ送りこむための手段ではなく、アンネを本当の居場所へ安置するための密告である》と書いている。
同じ部分について、宮本輝は《アンネの居場所を密告したのが、ほかならぬアンネ自身であったという小説》と書き、受け取り方がまったく違っている。失礼ながら、ここは宮本先生の誤読ではないかとすら思う。
村上龍は《誰がアンネ・フランクを密告したか、という有名な謎があり、この作品ではそれは「名前のないわたし」、つまり一般的な「人々」であって、その中には主人公の「わたし」も含まれる、という構図になっている。だが、文章が正確さを欠いているためにわかりにくく、誤解を生みやすい》と書く。この文章が、私には腑に落ちた。

私が戸惑った「乙女」について、川上弘美は《もう少し、「乙女」というものの内実にかんして、深く表現してほしかった》と、私と同じような感想。
だが、池澤夏樹は《学生たちは「乙女」と呼ばれるが、「乙女」の資格ないし定義はあいまいなままで、(中略)「乙女」の曖昧な定義はユダヤ人の定義に重なり》と、その曖昧さは意図されたものだと解釈している。
小川洋子も《乙女が何なのか、そのグループに入ることにどんな意義があるのか、全く無意味なのだ。オランダ人かユダヤ人か、乙女かそうじゃないか、という無意味なレッテルから自由になり、本当の自分を取り戻そうとしてアンネもみか子も苦悩する》と、ほぼ同様の見方。
「なるほど、そう読みますか」と思うが、高樹のぶ子の《生死のかかったアンネの世界に比べて、女の園の出来事が趣味的遊戯的で、違和感がぬぐえなかった。頭で考えられ、嵌め込まれた二つの世界だが、差別が発生する本質は同じだ、という他の委員の意見が印象に残った》という感覚のほうが私には近い。

池澤夏樹が《かくも重い主題をかくも軽い枠に盛り込んだ作者の伎倆は尋常でない。(中略)このような力ある知的な作家の誕生を喜びたい》と書き、黒井千次が《「乙女の密告」は、「アンネの日記」の上に組み立てられた堅固な構造をもつ小説である》と書いているように、赤染晶子は知的で戦略的な作家なのだろう。『のだめカンタービレ』の奇矯な指揮者・シュトレーゼマンを連想させるバッハマン教授などを造形したのも、読者を作中にいざなう仕掛け、なのかもしれない。
だがしかし、川上弘美が他の候補作に触れて書いた《この三作に足りないのは、「やむにやまれず、書いてしまうのだ。誰が何と言っても」という切羽つまったなにか、なのではないでしょうか》とまでは言わないにしても、《切羽つまったなにか》を表現するための器がこれでよかったのか、とは思うのである。
ともあれ、ひとつの作品をめぐって、プロの物書き9人(文中で触れていない選者は石原慎太郎と山田詠美)が、こんなにも意見が違うところが面白かった。
それでも、《最初の投票から『乙女の密告』が最も多くの点数を集め、その流れのまま受賞作と決まった》(小川洋子)のだそうだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-16

戦後65年

テーマ:日常
野坂昭如の『「終戦日記」を読む』読了。5年前に刊行された本が、このたび朝日文庫に入った。作家・政治家・女学生などの当時の日記を引用しつつ、主に自分の戦争体験を書いている。納得するところ多し。ポキポキ折れていくような、簡潔な文体が良い。カバーそでの著者紹介文に《03年に脳梗塞で倒れ、リハビリを始める》とある。お元気なのだろうか。
テレビでも、ヒロシマ・ナガサキの被爆体験や元兵士たちの証言番組を多く見た。戦後65年の節目ということもあるだろうが、こういう番組がまだ作られることに、少しホッとする。だが、証言者の多くが、すでに80代、90代だ。早く聞いておかなければ、と思う。また、NHK制作が多いのも気になる。民放は金がないのか、企画が通らぬのか。それぞれに事情はあるのだろうが、寂しい限り。
それら「戦争」を検証する番組を見ていると、両極に引き裂かれるような思いがする。大本営発表の嘘、軍部の無策・無責任、戦後の人心の荒廃など、うんざりする部分がある。その一方で、亡くなっていった戦友たちに「申しわけない」という思いを未だに持っているご老人がいる。また、被爆者手帳を申請できるのに、それをせずにきたご婦人がいる。「そんな気になれないの」と。それは、井上ひさしの『父と暮せば』にも描かれた、涙が出るほどうつくしい心情だと思う。そして、その両極にいるのは、同じ日本人なのである。日本人って、いったい何なのだろう。
日本人論は私の手に余るが、戦争は絶対にしてはいけない、ということは言える。先の戦争で亡くなった方たちも、きっと賛同してくださるだろう。合掌。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-08-09

足の爪

テーマ:日常
太っていると、足の爪が切りにくい。私の体が硬いせいなのかもしれないが、大きな腹が邪魔をしているように思われる。切りたいところが切れず、あるいは切り過ぎて血が出たりする。
そんなとき、足の爪を切ってくれる人がいたらなあと思う。この場合の「人」は、やはり女性であろう。いや、それしか想定していないが。
ひざ枕で耳かき、というのも「男の夢」としてよく例に出されるが、そうなのか? と思う。ひざ枕はいいとしても、耳かきは力加減が難しいからだ。とば口のあたりで遠慮がちにカサコソやられても気持よくないし、かといって奥までグイグイこられると、もう結構と言いたくなってしまう。ここまで書いて、なんか別のことを連想してしまったので、中止。
そうそう、男の夢の定番、肉じゃがは否定しません。

爪切りにせよ耳かきにせよ、「してあげる」というのが麗しいので、決して「させる」つもりではないことを付け加えます。フェミニズムだかなんだか、そういうことに気を遣わなければならないのも、ご時世とはいえ、いささか面倒くさい。ならば、ヨーガに精進して痩せるのが最良の方法である、という結論になりますか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-29

今日のお仕事

テーマ:映画
この日記の5月5日に、特集上映「彷徨する魂を追う~NDUからNDSへ~」のことを書いた。いま彼らNDS(中崎町ドキュメンタリースペース)は、その記録集を作っているという。そこに、上映作品の一本『遺言なき自死からのメッセージ』の作品評を書いてくれないか、と宣伝担当のGさんから頼まれた。
なぜ私なのか、は訊かなかったが、嬉しいことである。喜んで引き受けた。

『遺言なき自死からのメッセージ』(2010年、梶井洋志監督)は、他のNDSメンバーが社会的弱者をテーマにしているのに対し、自分(監督)の父親の自殺と後輩の女子学生の母親の自殺を題材にしている点で、NDS作品の中では異色と言っていい。パーソナル・ドキュメンタリーの範疇に入る作品であろう。
ふたつの自死に言及しつつ、そのどちらの原因にも迫れていない、という側面もある。だから駄目、と斬って捨てるのは簡単だが、私はこの映画に流れている何か思索的・内省的な面に惹かれた。それは、いま27歳の監督の人柄でもある。真面目で素直なのだ。彼に寄り添って考えてみたらどうか。
同じ悲しみを共有しているはずの家族(母と弟)に向き合えない、という限界にも映画の中で正直に触れている。ノリコという後輩のケースを撮ることで、そこに自分の思いを投影することができるのではという期待も、自殺した人の背景や残された家族の思いなどが違い、思うようには進まない。
つまり、自殺の内実は人それぞれで、しかもその人がもうこの世にいない以上、その原因も正確には分からないのだ。この当たり前のことに、当初の目論見が崩れていく中で、監督は気づいていったのではないか。
まあ、そんなことを書いたつもり。

DVDを送ってもらい、それを繰り返し見て、4200字ほどにまとめた。大作でしょ。執筆時間は、のべ26時間。やっつけ仕事ではないが、そのぶん軽さやユーモアには欠けるかもしれない。まことに文章を書くのは難しい。そうそう、締め切りもちゃんと守りましたよ、K先生!

『遺言なき自死からのメッセージ』を見ている人は少ないだろうが、せっかくだからいずれ当ブログの「映画評」にも載せるつもり。しかし、まずは記録集で活字になるのを待とう。それが仁義でもあろうし。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-07-25

大阪の夏

テーマ:日常
天神祭を見に行った。夕方、友人親子と待ち合わせ、まずは天神橋筋七丁目の蕎麦屋で腹ごしらえ。ビールは舐める程度にしておく。
都島橋まで歩き、橋の上から花火見物。打ち上げ花火は見えるが、下のほうで光る仕掛け花火(?)は木の陰で見えず、なんだか締まらない。ポンポンと上がり、5分ぐらい待って(つまり、その間は下のほうで上がっている)またポンポンという具合だから。30分ぐらいで飽きてしまった。
もっと花火に近い源八橋まで行ってみることにする。屋台の並んだ大川沿いの道を歩いたが、源八橋に近づくにつれて人が増え、いささかうんざり。たこ焼きやらアイスクリームやらを持った若者たちが行き交い、いつ服に付けられるかと気が気ではない。
ようやく源八橋にたどり着いてみれば、警官がわんさと居て、人を立ち止まらせないようにしている。その整理の仕方に文句をつけ、早々に立ち去る。
せっかくだから大阪天満宮まで行ってみようということになり、また歩く。ちょっと喫茶店で休みたいと思うが、そういう店がない。あっても、満員。松ケ枝町あたりで見つけたカフェもほぼ満席だったが、「別々の席でもいいですから」と、強引に入れてもらう。かくして、2人はテーブル席、2人はカウンターで、ジュースやコーヒーを飲む。しかし、店内は禁煙。仕方なく、私だけ外のテラスで煙草を吸う。ちょうど花火が終わる時刻で、そのクライマックスのすさまじい音だけがドドドドドン!と響いてきた。
カフェを出て、天満宮の近くまで行ったとき、「シネ・ヌーヴォ」スタッフのYさんとばったり。浴衣姿が素敵でした。
大川から天満宮に続く路上で、宮入りの行列を見物。「ソレーッ」の掛け声とともに、若い女の子たちが踊りながらゆっくりと進んでいく。汗にまみれ、でも明るい表情で自分に与えられた仕事を全うしている彼女らを見るとき、私はいつも元気をもらい、「大阪の夏だなあ」と思う。
神霊が納められているという御鳳輦(ごほうれん)が帰っていくのも見て、その場を後にする。南森町駅近くのスペイン料理屋へ入り、「今日はよく歩いたね、お疲れさま~」と一杯。さあ、また明日から頑張るぞ!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-07-20

キッパリと夏

テーマ:日常
各地に豪雨と災害をもたらした梅雨が明け、キッパリ!と夏が来た。蒸し暑い日本の夏は苦手なのだが、この数日の突き抜けた明るさは気持がいい。

夏休みの記憶からか、何か目標を持って「秋までには」と決意するのにふさわしい季節、という気もする。もっとも、そういう目標を達成できたためしはないのだが。しかし、こうもくっきりと夏になると、懲りずにまた目標を立てたくなった。
何を目標にするかは言わない。達成できなかったときにミジメになるから。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-07-10

お気をつけて

テーマ:日常
またもや電車ネタになるが、シネ・ヌーヴォで映画を見た帰り、昨夜の午後10時40分ごろのこと。
地下鉄中央線・九条駅のベンチに座って本を読んでいた。すると、向かいのホームから人が線路に落ちた。落ちたところは見ていない。なにか騒がしいので顔を上げると、小柄なおじさん(60代と見た)が線路の上でもがいている。プラットホームの上から青年が手を伸ばし、つかまれと言っている。しかし、おじさんは起き上がれない。酔っているのか、骨折でもしたか。
「列車が入ってくるとヤバイな」と思った瞬間、手を伸ばしていた青年が線路に飛び降りた。こちら側のホームからも一人の青年が飛び降り、二人でおじさんを抱え上げようとしている。プラットホームの上には、もう一人青年がいて、手助けしている。「これでどうやら大丈夫」と思った。
駅員を呼びに行った人もいるようだ。このごろの駅って、プラットホームに駅員の姿がないものね。私の近くに立っていた中年男性は、柱に設置してある非常用ボタン(?)を押した。すさまじい音がして、パトランプのような赤い警告灯がホームのあちこちで回り始めた。
誰が指示したわけでもないのに、その連係プレーは見事であった。私はといえば、ただ座ってそれを見ていただけだったが、内心は「俺が飛び降りて、もしプラットホームに上がってこれなかったら、二次災害になりかねないしな」などと考えていた。
おじさんは無事に助け上げられ、ベンチへ。そこを痛めたのか、しきりに左の腕をさすっている。駅員も二人走ってきて、おじさんに事情を聞き始める。救助した三人の青年は、いつの間にかどこかへ行ってしまった。
野次馬が集まり、酔っぱらったサラリーマン風の二人は、「あのおっさんか」「電車遅れて、どないしてくれんねん」などと言っている。どうしようもないアホだ。やっぱり男は、寡黙なほうがいい。救助した青年たちを見たまえ。
ひとつ学んだことは、非常用ボタンの効果だ。あれを押すと、走行中の列車にも非常が知らされ、運行が停止されるらしい。非力な私にもできることで、覚えておこうと思った。

むかし私がお世話になっていた雑誌の編集長も、似たような事故で亡くなっている。酔って列車に乗り、目的の駅には着いたが、プラットホームを歩いているときに、停車している列車の連結部分に落ちた。そこで気を失ったか、動けなくなったか、眠ってしまったのかは分からないが、動きだした列車に轢かれて亡くなってしまったのだ。
プラットホームと線路との落差って、けっこうありますからね。そう思って見ると、怖いぐらい。酔っていても、いなくても、皆さまどうぞお気をつけて。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-08

ゆずり、ゆずられ

テーマ:日常
先日、京都で市バスに乗ったときのこと。
そのバスが目的地を通るかどうか不安だったので、すこし込んでいたが、運転席の後ろに設置されている路線図を見にいった。小さな字でびっしりと表示してあったので、一人掛けのシートに座っている青年の前に身をのりだす格好になった。すると、その青年が「どうぞ」と言って席を立った。
一瞬、何が起こったのか分からなかった。席をゆずってくれているのだと気づき、「いや、これを見ていただけで」と言ったが、相手はもう席の横に立っている。そこで押し問答をするのもみっともないので、「すいません」と言って座ってしまった。
座ってから、いろいろと考えた。そんな歳に見えたのだろうか。彼の前に身をのりだしたことが、「席をゆずれ」というアピールだと思われたのか。たぶん学生さんだろうが、いまどきこんな青年もいるんだ、等々。
自分が学生のころは、「席をゆずれ」オーラを出しているジジイ・ババアには、意地でも席を替わらなかったものだが。

そして昨日、地下鉄車内でのこと。
梅田駅でどっと乗客が増え、座っていた私の前に、腰の曲がったおばあさんが立った。どこかに座れるところはないかとキョロキョロしている。明らかに「席をゆずれ」オーラを出しているのだが、不思議と抵抗なく席を立つことができた。あなたにゆずったんですよと伝えるために、小声で「あっ、どうぞ」と言うのも自然にできた。おばあさんも、お礼の言葉を返してくれた。
しかし、それからの一駅間が長かった。降りるときにも礼を言われるのは面倒だから、おばあさんにはずっと背を向けていた。周りの乗客たちに「ええカッコしやがって」あるいは「素敵ね♡」と思われてはいないだろうか。自意識過剰なのは分かっているが、そんなことを考えてしまう。でも、たぶんそういう人はけっこういるのだと思う。

で、あの「優先座席」って、どの程度機能しているんだろう。私自身は、なるべくあそこには座らないようにしているが、大股広げて座り、ケータイをいじくっている馬鹿者もよく見かける。「すべての座席が優先席です」と、あれを廃止してしまった電鉄もあったはずだが、その後はどうだったのか。
たしかに、強制されるのはイヤなものだが、今日のように人心が荒廃してしまっては、それも仕方ないのかとも思える。
結論は出ないままだが、初めて席をゆずられ、もう堂々と優先座席に座ってもいい年齢なのか、と思ったりしている今日このごろです。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。