2012-10-21

私のトピックス/その3

テーマ:日常
風邪をひいてしまった。もう10日間ぐらいグズグズしている。本当に辛かったのは数日だけなのだが、どうもスッキリ治ったという感じがせず、そうなると「明日からちゃんとしよう」と思いつつ、ついダラダラしてしまうのだ。
しかし、以前から決まっていた用事があり、今日はそれに押されるようにして出かけた。
まず、帽子作家・池田幸子さんの作品展だ。池田さんとは、シネ・ヌーヴォの字幕朗読上映会(目の不自由な方にも映画を楽しんでもらうために、その情景描写やセリフをボランティアが数人で朗読し、「観客」である目の不自由な方たちには、その音声をヘッドホンで聞きながらスクリーンに向かってもらうという催し)のボランティアに参加してくださったことから知り合った。
池田さんは毎年作品展を開かれていて、聞けば、半年間はそれに出品する作品づくりに充て、残りの半年間は注文を受けた作品づくりに充てるのだという。つまり、一年じゅう自宅兼仕事場でコツコツと帽子をつくっておられるわけである。「職人」に憧れている私だが、風邪ごときで何をする気力も失っているようでは、とても彼女の足下にも及ぶまい。
さて、今日も30点ほどの新作を見せていただいた。すでに池田さんにつくっていただいた帽子は三つ持っていて(春・秋用の焦げ茶のパナマ帽、夏用の生成りのパナマ帽、冬用のグレーのソフト帽)、今日は見るだけのつもりだったが、見ると欲しくなり、ハンチングを注文してしまった。後日、仕事場にお邪魔して素材と色を決め、制作に入っていただくという段取り。値段は3万円前後で、私にとっては安くはないが、すべて手づくりなのだから、その手間を考えれば、良心的な価格設定だと言えよう。
その池田幸子さんの作品展は、明日(22日)まで。心斎橋のホテル日航大阪裏のギャラリー「TK art」(電話06-6282-1456)で11時から18時。ご紹介が遅くなってしまったが、興味のある方は駆けつけてください。

話変わって、10月12日(金)に梅田ガーデンシネマで『ライク・サムワン・イン・ラブ』の最終上映を見た。先月の映画観賞会で同作品を見て、その後の飲み会で、老教授タカシと女子大生のデートクラブ嬢・明子は「した」のか「しなかった」のかで意見が分かれたからだ。
私は「しなかった」派だったが、再見して、悔しいが意見を変えざるを得ない。
その理由1。夜、明子がタカシのマンションに来て、その翌日、ソファーで寝たと思われるタカシが、ソファーの上の毛布をたたむシーンがある。その時、ネックレスだかブレスレットだか、はっきりとは分からないのだが、金色の鎖状のものが、シャリンと床に落ちる。タカシはそれを拾い上げ、カーディガンのポケットにしまう。つまり、明子は一旦眠ったあと、ベッドからソファーに移動し、何事かを「した」と推測できるのだ! あくまで推測なのであるが、このシーンを見た時、「なんでこれを見逃したんだろう」と愕然とし、それは「した」への確信に私を導いたのだった。
理由2。明子に対して、前夜は「あなた」とか「きみ」と呼んでいたタカシが、翌日は「明子」と呼び捨てにしている点。それは、一夜のうちにふたりの距離が(肉体的接触によって)急激に縮まったことを示しているのではないか。
というわけで、『ライク・サムワン・イン・ラブ』には随分楽しませてもらった。キアロスタミ監督の掌の上で遊んでいたようでもある。監督はニヤッと笑っているかもしれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

erikenさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:実は・・・

>ちゃりんこちえ様
せっかく行っていただいたのに、残念でしたね。また来年ご案内します。
「飲み」も復活したようで、よかったです。年内に、またご一緒できますように。

3 ■実は・・・

ご案内のハガキをいただいた翌日に、早速拝見しようとうかがったのですが見つからず、帰宅してハガキをよくみると開催前でした。翌週に出直そうと思っていたのに日が過ぎてしまい、すでに終わってしまったことをこちらの記事で知ったおバカさんです。ボケがきたのか飲みすぎなのか。がっくし・・・

2 ■Re:無題

>baraさま
コメントありがとうございました。
帽子展には、Y・KさんとY・Kさん(なんと、イニシアルもまったく同じお二人です)が行ってくださったようです。
映画が面白いと、いろいろ楽しめますね。またお付き合いください。
風邪はもう大丈夫です。ご心配をおかけしました。

1 ■無題

帽子展、折角ご案内いただいたのに、
行こうと思ってたのに、
今年も行きそこねました。残念。
まあ、行っても懐に何もなければ仕方ない、
と自分を慰めることにしました。
こんど札束を握りしめて。
キアロスターミ、
監督にニヤッとしてもらえば、
それが正解かなと思い始めました。
でも、よく見てるなあ。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。