2010-10-16

虎にしびれて

テーマ:読書
小杉なんぎんさんが、自著を送ってくださった。書名は『虎にしびれて』、サブタイトルに「歌集 阪神タイガース」とある。新書判、208ページ、KKロングセラーズ発行、定価800円。オビ(実は表紙に印刷されている)には「前祝い! 阪神タイガース優勝!」とあって、それがちょっと哀しい。
ケセラセラ通信日記-虎にしびれて

小杉さんとは、15年前に一度会ったきりだ。私が三五館という出版社の大阪支社で仕事をしていたころ、その事務所で会った。当時は「小杉なんぎ」というペンネームを使っておられた。いわゆる持ち込み原稿について話をお聴きし、編集者としての意見を申し上げたのだったと思う。小杉さんによれば、「僕の話を2時間も誠実に聴いてくださって、世の中にはこんな人もいるのかと思った」というのである。我が事ながら、「ほんまかいな!?」と突っ込みたくなる。
その折の原稿は、自由短歌というのか、日々の思いを形式にとらわれずに短い歌にしたもので、面白くユニークな切り口だったが、三五館での出版には至らなかった。
つまり私は、小杉さんが望んでいた出版を断った立場の人間である。その私に15年を経て自著を送ってくださるとは、なんと律義なことだろう。さっそく読んでみた。
《恋人にフラれてしまったかのような凡打の濱中そんな顔する》
《審判の右手が上がるその前にマウンド降りて江夏輝く》
《ホームラン狙うボールは高目だとわかっていながら投げる藤川》
など、阪神ファンなら「よく言ってくれた!」と膝を叩きたくなるような、ニヤッと笑いたくなるような歌が170首収録されている。通読して思うのは、その観察眼の確かさ、鋭さである。好きこそものの上手なれ、というが、よく見ているなあと感心する。各首の横には、解説というか補足というか、歌の内容につかず離れずの短い文章も載っている。その両者のバランスが絶妙で、これもひとつの芸だと思った。
この本で、小杉さんが40年来の阪神ファンだということを初めて知ったが、イラストや4コマ漫画も手掛けておられることに驚いた。そのイラストは、選手のシルエットだけが描かれ、これも「分かるやつには分かる」というシブさなのだ。
小杉なんぎんさんが、短歌の改革という志を持続しつつ、地道に創作活動を続けてこられたことに敬意を表し、同時にこのたびの出版を祝福したいと思う。だが、小さな出版社からだし、マスコミにも取り上げられていないので、販売面では苦戦しているようだ。今日、紀伊國屋書店の梅田本店に寄ったら、スポーツ本のコーナーに、棚さしで2冊置いてあったが。
明日(17日)の午後3時~7時ごろには、梅田歩道橋の上で著者自らが本を売るそうだ。阪神ファン、そして短歌・川柳・俳句などに興味のある方は、ぜひ行ってみてください。明日が晴れることを祈ってます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

erikenさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。