2012-07-25

天神祭となでしこジャパン

テーマ:日常
25日の夕方から、友人たちと天神祭に出かけた。蒸し暑いし人出は多いしで、早々に天満宮でお参りを済ませ、近くのフランス田舎料理の店に飛び込んだ。涼しい中で、おいしい料理をたらふく食べ、スパークリングワインを2杯ほど飲んだら、急激に眠くなってしまい、花火も宮入りも見ず、友人たちと別れて事務所に戻った。
シャワーも浴びずに寝てしまったが、12時半ごろに目が覚め、おかげでロンドンオリンピックの女子サッカー、対カナダ戦を見ることができた。ちょっとハラハラしたが、見事な勝利に思わず拍手が出た。あの広いサッカー場を、前後半を合わせ90分も衰えることなく走り回る体力と根性には頭が下がる。べつに金メダルを取らなくてもいいから、ケガをせずに残りの試合を乗り切ってほしいものだ。
今、夜中の3時半。まったく眠くないので、これから仕事します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012-07-21

行ってきました、反原発行動

テーマ:日常
昨日は、あいにくの空模様だったが、「7.20 原発再稼働に断固反対! 関電本社前抗議!」に参加してきた。

朝から雨がパラつき、「あんなこと(ブログに)書かなきゃよかった」と思ったのが正直なところ。しかも、出かける直前になって、中之島の図書館に返却しなければいけない本があるのを思い出し、あわてた。私と一緒に関電前へ行ってみようと思う人は、午後5時45分までに淀屋橋駅に集合とブログに書き、普段は使っていないFacebookにも転載したからだ。呼びかけた本人がそこに居ないのでは、話にならない。結局、15分前には指定した場所に着けたが、雨は本降りだし、遠くで雷まで鳴っている始末。やれやれ。5時48分まで待ったが、案の定、誰も現れず、一人で関電ビル前に向かった。

正式名称を「関電ビルディング」というが、これが凄い。2004年に完成したばかりの超高層ビルで、地上41階・塔屋1階・地下5階、高さは195メートルだという。省エネを徹底して追求したビルだそうで、なんとも皮肉かつ笑止。この馬鹿でかいビルに入っているのが、関西電力本店と、その関連会社だけだというのだから驚く。場所は、中之島のフェスティバルホール、朝日新聞ビルを過ぎ、もう少し西へ行ったところ。ビルの南側と西側に広い歩道があって、参加者はそこに立って抗議行動を行うのだ。

私は定刻の6時に着いたが、やはりこの空模様ではという感じで、その時点での参加者は200人ぐらいと見た。しかし、ビラを配る人、手作りのプラカードや横断幕を掲げる人など、「動員」ではない個人参加の人々の、それぞれに工夫を凝らした抗議の表現が好ましい。参加者の年齢層も幅広い。ハンドマイクや鳴り物の行使も抑制されている。歩道から車道に人がはみ出さないように、スタッフが注意して回っている。つまり、非常にお行儀の良い抗議行動なのである。
そういう中で、それぞれが立っている場所を動かず、「再稼働反対!」「大飯原発、再稼働反対!」のシュプレヒコールを繰り返す。シュプレヒコールはこの2種のみで、30分もやっていると飽きてしまった。また、集団の最前列にいたので、報道のキャメラや個人的に記録している(?)キャメラを向けられることが多く、べつに写されたって構わないのだが、いささか気恥ずかしく、少し動いて全体を見渡してみることにした。知り合いが来ているかもしれないし。6時ごろには小降りになっていた雨も、いつしか止んでいた。
短時間のうちに参加者はどっと増え、ビル南側の歩道を埋め尽くしていた。しかし西側の歩道に回り込むほどでもなく、大雑把に言って500~600人というところか。警官も数十人出ていたと思うが、東京のように規制に動くことはなく、道路の向こう側に立って見ているだけ。
かくして、私は立つ位置をあちこち変えながら、解散の7時半まで付き合った。最後まで整然とした抗議行動であった。主催者側の青年が、「私たちは、29日に東京で行われる脱原発国会大包囲という行動に参加するので、来週の金曜日はここに来ません。しかし、別の方たちが主催して抗議行動は行われると思います」とマイクで告げていた。まあ、毎週来なくてもいいし、でも、毎週金曜日にはここで抗議行動をやっているというのは大事なことだと思った。

ビールを飲みたかったが、一人で飲んでもつまらないし、結局いつもの喫茶店でコーヒーを飲み、サンドイッチを食べて帰った。何より、早くシャワーを浴びたかった。
調べてみたら、この日、東京をはじめ日本各地の30カ所ほどで、ほぼ同時刻に抗議行動が行われていた。これらの動きは、ジャスミン革命ならぬ「あじさい革命」と呼ばれているそうだが、本当に原発を止めるためには、まだまだ息の長い地道な活動が必要だろう。大阪の抗議行動にも、せめて万単位の人が参加してほしいものだ。とはいえ、29日の「脱原発国会大包囲」に、とんでもない数の人々が参加すれば、この国を変えることができるかもしれない。う~ん、私も行くべきか。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-07-19

反原発行動・大阪へ!

テーマ:ブログ
おはようございます。
明日、7月20日の金曜日、午後6時から中之島の関西電力本店前で行われる反原発行動に行ってみます。これです。http://twitnonukesosaka.blog.fc2.com/

もし、一緒に行ってみようと思う方がおられたら、午後5時45分までに、地下鉄御堂筋線・淀屋橋駅の1番出口にお越しください。エスカレーター(or階段)で地上に出たところ、カフェVELOCEの前です。もちろん自己責任でお願いします。
小生のいでたちは、黒のポロシャツにベージュのチノパン、帽子、眼鏡、グレーの小さなバッグを肩から斜め掛けにしています。5時45分を過ぎたら出発しますので、遅れないように。

今の日本、私たちの声が政治に届いていないと痛感します。原発再稼働は、その象徴的な出来事でしょう。黙っていたら、こういうことがなし崩しに続いていくように思います。やつらの利権は、それほど深く広く、日本中に張り巡らされているからです。これを根本から変えるのは、投票だけでは無理です。ともかく、いま声を上げなければ、と思うのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-07-11

今そこにある危機

テーマ:日常
現在、日本で、いや世界で最大の問題は、福島第一原発4号機の使用済み核燃料プールの問題だろう。その危険性は再三指摘されているのに、根本的な解決はなされていず、最近はあまり報道もされない。東電側は「補強工事をしたから安全」と言うのであるが、そんなこと、誰が信用するかい!
建物はボロボロで、しかも燃料プールの水面が見えているじゃないか。原発再稼働も許しがたいが、いま真っ先にしなければならないのは、同燃料プールの完全な安全確保ではないか。
世界に冠たる土木建築技術を駆使して、なぜ早急に堅固な補強・密閉工事ができないのか。不思議で仕方がない。まだまだ「原子力ムラ」の人々が隠然たる影響力を保持しているからなのか。しかし、ひとたびまた大地震が起これば、彼らとて安穏とはしていられないはずなのだが。

7月4日の朝日新聞(朝刊)に藤原新也氏が次のように書いていて、「そうだ!」と膝を打ったのだった。孫引きのうえに全文ではないが、引用しておきたい。
《いま一国の長が政治生命をかけるべきことは明白だ。この広大な国土の喪失に対しどう対処するかであり、日本を壊滅に導くかも知れない福島第一原発4号機の倒壊阻止、そして路頭に迷う国民をどう救済するかである。》
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。