2011-07-19

エエーーーッ!?

テーマ:日常
電車内での出来事。もうひとつの「阪急電車」である。

某日、京都へ行く用があって、梅田発12時30分の特急に乗った。連休の最終日なので込んでいるかと思いきや、車内はガラガラで、ベンチタイプの長い座席にゆったり座ることができた。
その男が梅田から乗ってきたのか次の十三(じゅうそう)からだったかは覚えていないが、「要注意」のシグナルが頭の中で点滅した。それとなく観察する。おそらく60代、やせ型、紺色のTシャツにえんじ色の短パン、雪駄履き、真っ赤なニット帽。そのツバのない赤い帽子が、おしゃれというより異様な印象を与える。私の真正面の席に座り、くしゃくしゃに畳んだスポーツ紙を読んでいる。目つきに凶暴なものは感じられず、ひとまず安心して私も読書に戻った。
京都までは約40分。その半ばを過ぎたあたりで、男は不思議な行動に出た。読んでいたスポーツ紙を、あいている隣の席に並べ始めたのだ。最初は何かのパフォーマンスかと思った。しかし、そうではなさそうだ。くしゃくしゃの新聞を、きちんと揃えようとしているのか。しかし、これも違った。バラバラにした紙面を3つばかり座席に並べたら、ついにはポケットの中のがらくたも、その横に並べ始めたのだ。まじまじと見るわけにはいかなかったが、それはドロップの箱、ハート形の小さなプラスチック容器などだった。なんじゃこれは? 私の隣の若いカップルも顔を見合わせている。
男は、ポケットから出したものはまたポケットにしまい、立ち上がって、何かぶつぶつ言いながら別の車両に行ってしまった。あとには、無造作に広げられた新聞が、2座席分ぐらいを占領している。そんなことをしたら、次に乗ってくる客が、その下にゲロか何かあると思って、座れないじゃないか。だが、男にそんなことを言っても、逆ギレされるか鼻で笑われるのがオチだったろう。それにしても、この状況をどうすべきか……。

そんなことを考えていたら、隣のカップルの横に座っていた青年が立ち上がり、広げられた新聞のほうへ。「片付けてくれるのか」と、すぐに行動できずにグズグズしていた自分が恥ずかしくなった。しかし、これがまたとんでもなかった。
なんと、この青年、立ったまま背中を丸めて座席に広げられた新聞を読み始めたのだ! よほど読みたい記事でもあったのか。悠然とページを繰り、同じペースで読んでいるから、そういうことでもないのだろう。しばし観察する。
7分丈のコットンパンツ、黒と緑のボーダー柄ポロシャツ、ベージュ色のキャップ、黒ぶち眼鏡。どこにでもいそうな、今どきの青年である。なのに、この非常識さはなんだろう。
青年は、新聞を読み終わると、席には戻らず、車両の前のほうに行った。そこでドアの窓から外を眺めたり、傘をバットのように持って構える仕草をしたりしたあと、また戻ってきて、途中の駅で降りていった。誰にガンを飛ばすわけでもなく、まったく独りの世界を徘徊しているふうであった。当然、座席に広げられた新聞はそのままである。

このふたり、ある種の病気なのか、あるいはいわゆるイタい奴なのか、簡単には判断できないが、共通しているのは、他者が眼中になく、自分のことしか考えていないということだろう。私の脳裏には「国民」という言葉が浮かんできた。こんな連中が国民であり、同胞であり、また先の震災の被災者でもあるのだろうかと。もちろん、こんなのはごく一部だろうが、今の世の中が相当ヤバくなってきていることの現れであるような気もするのだった。
私が降りる烏丸(からすま)駅が近づいてきた。私は誰の顔も見ず、憮然として新聞をかき集め、そそくさと降りた。ゴミ箱を探してプラットホームを歩いていると、向こうからあの赤いニット帽の男が歩いてきた。次の車両あたりに乗っていたのだろう。私が両手でわしづかみにしている新聞が、自分が読んでいたものだと分かっているのか。一瞬緊張したが、何か言ってきたら対抗しようと腹をくくった。しかし、目は合わせなかった。向こうも知らんぷりで通り過ぎた。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-07-09

これって自己満足?

テーマ:日常
先日、ある試写会のあと、息子と待ち合わせて飲んだ。試写会が終わったのが午後9時過ぎで、息子には少し待っていてもらうことになった。会って「何してたの?」と訊くと、職場の後輩と梅田駅近くの階段に座って缶ビールを飲んでいたという。金がないんだなあ。
そんな息子と、予約しておいた個室居酒屋へ。私はもっぱら聞き役で、彼の仕事のこと、一緒にいる母親のこと、恋愛のことなどが話題になる。少しは意見も言い、アドバイスもするが、たいして役に立っているとは思えない。ただ、こんな私を信用して(?)なんでも話してくれているようなのが嬉しい。
二人ともあまり飲めないほうなので、2時間も飲み食いすれば、もう充分だ。店のお姉さんに「お会計してください」と言い、席で待っていると、6千いくらですと告げられ、1万円札を渡した。「領収証はどうしましょう」「いや、じゃあレシートだけください」という会話があり、その後にレシートとおつりをもらった。そのおつりだが、千円札が4枚と小銭だった。一瞬「あれっ?」と思ったのだが、自分が会計を聞き間違えたのだろうと無意識に判断して、そのまま店を出て息子と別れた。
翌日、財布にたまったレシート類を整理していたら、昨夜のレシートが出てきた。よく見ると、私たちが注文したのとはまったく違うメニューが並んでいる。合計金額は5140円で、おつりは4860円だ。さらによく見ると、23時10分、2名とも印字されている。つまり、私たちが会計をしたのとほぼ同じ時刻に、やはり2人客が同じように会計をしていたのだ。ということは、そちらの客が6千いくらを支払ったのか。まさかね。しかし、私が千円以上おつりをもらい過ぎているのは確かなようだ。
それから悩んだ。よくあることだ。ありがたくいただいておけばよい。向こうのミスなのだから、気にすることはない。たかが千円ちょっとだろ、向こうはもっとガッポリ儲けているって……。そんな思いが、次から次へと湧き上がってくる。しかし、どうにもスッキリしない。
で、開店の午後4時を待ち、レシートを持って店に行ってみた。カウンターの中に1人、外に1人の店員がいて、何か話している。私に気づくと、外の1人が「ちょっとお待ちください」だと。おいおい、こっちは客だぜと、口には出さぬがいささか感じが悪い。しばらく待たされ、カウンターの中から「はい、なんでしょうか」の声。お待たせしました、は無いのかい、と心で突っ込みを入れながら、ルル事情を話す。
驚いたことに、昨夜のレシートはそこに無いのだという。それに「昨夜は私、ここにいなかったので(会計を担当していなかった、ということだろう)細かいことは分からないです」とのこと。「じゃあ、どうすればいいんですか」と問うと、「今回はいいです、それで」と、なんだか面倒くさそうに言う。一大決心(でもないか)をして来たのに、招かれざる客であったようだ。クレームをつけに来たのか、と思われたのかもしれない。
先方が「いい」と言うのだから、千数百円はそのまま私の財布の中だが、嬉しくもなく、スッキリともしない。いま気づいたが、「それはわざわざありがとうございます」の一言が無かったせいだと思う。客商売は難しいねえ。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。