2011-05-29

雨の日曜日

テーマ:日常
梅雨入りしたそうだ。台風も近づいているらしい。今日も朝から雨。
私が子供のころは、地上での原爆実験が繰り返されていたから「雨に濡れると禿げるぞ」などと脅かされたものだが、それを笑い話にもできないフクシマ以後で、まったく恐ろしい話である。ここまでの事態になっても、まだ「原発は必要」などという意見があるのが信じられない。スリーマイル、チェルノブイリ、そしてフクシマでの経験は、安全な原発などどこにもなく、人類はその危険なパンドラの箱から手を引くべきだ、と告げているのではないのか。もちろん、核兵器からも。

当分、雨には濡れたくないが、これがまた難しい。傘をさしても、脚や腕や背中が濡れる。レインコートにレインハットという出で立ちも、電車に乗ったり店に入ったりする場合を考えれば、現実的ではない。身体全体をすっぽりと防水バリアで覆うというような発明ができないものだろうか。
靴が濡れ、雨が染み込んできて、足がグジュグジュになるのも不愉快きわまりない。そういえば、レインシューズというものがあったな、と思う。長靴ではない。くるぶしぐらいまであるブーツ状のもので、ゴムで出来ている。そのレインシューズがあれば、少々の雨でも平気だろう。
そう思って靴屋を何軒か回り探してみたが、これが今はない! インターネット上では見つけられたが、サイズが合うかどうか分からないので、ネットで靴を買う気にはなれない。撥水(水をはじく)加工、あるいは防水加工をほどこしたものは店頭にある。撥水よりは防水のほうが強力なのだろう。「完全防水」と銘打っているも商品もある。だが、いずれもスニーカー・タイプで、デザインがやたらに派手だ。「これは若い人向けだねえ」と店のお兄さんに言うと、「こういうのもありますよ」とウォーキングシューズのひとつを勧めてくれた。これも完全防水だという。部分的にゴアテックス素材が使われている。つまり、水は入ってこないが、湿気(ムレ)は靴の外に逃がす、というわけだ。予算をオーバーする価格であったが、思い切って買った。
さて、今年の梅雨は、この靴で快適に過ごせるだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-05-27

イヤーな感じ

テーマ:日常
原発事故の終息は未だ見えてこず、「言った」「言わない」などの馬鹿げた自己保身や勢力争いにウンザリ、ゲンナリしている今日このごろだが、そのこと以上に気になる動きがある。
橋下徹大阪府知事が代表者を務める大阪維新の会が、大阪府下の公立学校教員に対し、「君が代」斉唱時の起立を義務づける条例案を府議会に提出する方針であることだ。また橋下知事は、「立たぬのは府民への挑戦」「起立せぬ教員は免職」「不起立者の実名を公表」などとも述べている。
これは〈強制〉である。国旗国歌法成立の折(1999年)、起立や斉唱を「強制するものではない」という政府側の答弁を何度も聞いた。そのとき、「そんなこと言って、どうせいつかはなし崩しにするつもりだろう」と思ったものだが、その予感が的中してしまった。
「君が代」斉唱時に起立しない教員がいるのは、先の戦争でそれが軍国主義・全体主義とつながっていたからだ。その行為が、良心の問題、思想の自由の問題をはらんでいるのは明らかではないか。それを無視し、蹴散らして国民を総動員したのが先の戦争ではないか。そのことに思いを馳せる教員は、良い教員だと私は思う。
ともかく、とてつもなくイヤーな感じである。またぞろ「非国民」などという言葉が横行するのではないか。個々人の違いを認めず、一方向に〈強制〉するのは、民主主義ではない。後世のためにも、今回の橋下知事および大阪維新の会の方針には、はっきりと反対の意思表示をしておきたい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。