2006-11-24

この世の花

テーマ:日常
この日記を書くことに何の意味があるか、と考え始めると、またしても虚無的になり、更新する気持になれなかった。
そんな折、人生の厳しい局面に立っている人の話を聞いた。彼の苦悩に比べれば、私のブルーな日々など、何ほどのことがあろうか。
要するに私は、他者から求められていることを、着実にこなしていけばいいのだ。精一杯やってみて、自分の力が及ばなければ、それは仕方がない。ブルーになって停滞しているより、まず「精一杯」やってみることだ、と思うことにした(なんと建設的! われながら苦笑してしまうが)。

そして、自分が他者から「出来る男」と評価されようが、「駄目男」の烙印を押されようが、それはこの世間の中の話であって、人生の〈本当の意味〉とは関係がない、とも思う。その本当の意味は、私の場合、別途ヨーガで追究するしかあるまい。こういうのを《病膏肓に入る》というのかも。
ま、未熟は未熟なりに、アホはアホなりに、そのつど軌道修正をしつつ、この虚無空間を飛行していくしかない、ということか。たまには「楽しみ」も入れながらね。今度の日曜は、その楽しいハイキングの予定。

閑話休題。昨夜、NHK・BS2で『ルートヴィヒ』(89年、ルキノ・ヴィスコンティ監督)を見た。4時間の大作。昨夜のは1989年製作の《復元完全版》だが、むかし映画館で見たのは72年製作の『ルードウィヒ/神々の黄昏』(いま気づいたが、濁点の位置が違うのね)。この重厚長大な、言い換えれば眠くなるような映画を、当時は舐めるような気持で見ていたのだから、青年の僕は超真面目だったのだ。
真面目ではなくなった(?)今は、映画の中で「エリーザベト」と繰り返し呼ばれるロミー・シュナイダーにまず惹かれる。ヘルムート・バーガーの名演技は言うことないし、彼の代表作であることも間違いないが、これは「ロミー・シュナイダーの映画」でもあるだろう。だが、その美しき人も、すでにこの世にはない(82年、43歳で死去)。
《狂王》と呼ばれたバイエルン国のルートヴィヒ2世にしても、ワグナーへの莫大な援助、住む人のない華麗な城を3つも建設、戦争になれば引きこもりと、周りの者や国民はたまったものではなかったであろうが、それらが現在は世界的な遺産となっているのだから、やはり現世での評価などはどうでもいい、という気持になる。
さて、私は何を残せるのだろうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-11-02

修行が足りぬ

テーマ:日常
「思うまい」、とするが、あの人この人の言動がチクチクと心を刺してくる。
話していて、「この野郎!」と思う一瞬がある。
いっぽう、まったく関係ないと思っていた人が助け舟を出してくれて、そのありがたさに涙が出そうになる。
いずれも、〈悟り〉や〈達観〉とはほど遠い、自分の至らなさ、弱さである。どうすりゃいいのさこの私、というところなのだが、せめて観察者に徹することができれば、と思う。
それにしても、この世はやはり〈苦〉なのであるか。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-11-01

新しい人

テーマ:ヨーガ
先週のヨーガ教室で、「できるだけ休まないようにしよう」と誓ったのに、またサボりの虫が出てきて「今日はいいんじゃないの、やることもあるし……」とささやく。だが手帳を見ると、次の金曜(3日)は祝日で教室がない。「それじゃあやっぱり行かなければ」、と参加してみると、同じ思いからか、受講生が10人も。
体験受講の方もいる。めずらしく男性、しかも私と同年輩か少し上に見える。「男性が少ないので、また来てくださいね」と話しかけると、ベテラン受講生Hさんのお友達の父親だという。なぜ友達本人ではなく父親なのか、と思ったが、詮索はしない。
というわけで、そのお父さんを交えてアーサナ(姿勢・ポーズ)が始まる。隣の人との距離が近く、気にするまいと思っても気になる。お父さんも気になる。ずっと観察していたわけではないが、私が半年かかってまがりなりにもできたハラ・アーサナ(鋤の形)を、初日から見事にこなしておられる! ご本人も、指導者Uさんから「よくできていますよ」と言われて嬉しそうだ。漏れ聞いたところでは、犬の散歩の折にストレッチを欠かさないという。
すべて終わっての感想は、「奥が深いですな」という適確なもので感心したが、すぐに「Hさん、このあとどうするの? 一杯飲みに行こうか」とオッサン・モードに切り替えておられたのには笑ってしまった。Hさんも苦笑しつつ、「アーサナのあとは、あんまり飲み食いしないほうが良いので」と、やんわり断っておられたが。

かくのごとく、新しい人が来ると刺激になるし面白いのだが、それはそれであって、私は私の修行を深めていかなねばならない。いや、〈修行〉のとば口にもまだ立ってはいないのであるが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。