平安時代というと何を一番に思い出しますか?

 

私は、学生の頃「あさきゆめみし」

という源氏物語が描かれたマンガが大好きでした。

 

 

その中で香を薫きしめた着物の残り香をかいだ

姫君たちが「光源氏の君がお通りになってよ!」

などと女子トークをしていたシーンがなぜか忘れられず。。。

 

今思えばその時、私が「お香」という世界に

興味を引かれた一番初めかも(笑)です。

 

さて、奈良時代に鑑真和尚と共に多くのお香が

日本へともたらされ、その製法が伝授されました。

 

彼の渡来の際に準備したとされる「持参品目録」には、

麝香(じゃこう)、沈香(じんこう)、甲香(かいこう)、

甘松(かんしょう)、龍脳(りゅうのう)、安息(あんそく)、

桟香(せんこう)、零陵香(れいりょうこう)、

青木香(あおもっこう)、薫陸(くんろく)…」など、

お香作りに用いる香の記載があります。

 

そして、平安時代になると、貴族たちの香遊戯として盛んになり

薫物合わせ(たきものあわせ)」という日本独自の香遊びが

貴族の間で流行りました。

 

*薫物合せは、互いに水から作成(調香)した

 香(薫物)の出来栄えを競う遊戯です。

 

また、この頃、香りは自己表現でもありました。

 

追風用意(おいかぜようい)」という言葉があり、

通り過ぎた後に良い香りを漂うように

着物に香を薫きしめました。

(この手法を「衣香(えこう)と言い、「源氏物語」にも

「薫衣香(くのえこう)」として登場します。)

 

*どこからともなく、香(こう)のかおりを漂わせる空気の動きを

「追風」と読んでいたそうです。

 

当時の貴族たちは、自分らしさが表現できる香りを

それぞれで調合し、着物に薫きしめていました。

 

真っ暗な夜でも、恋人が来たことは香り、

つまり追風で分かったようですよ。

 

(電気もない真っ暗な夜、恋人が来ても

 顔がはっきりと判別できないので、

 その代わりに香りでその人物を判別してました(笑)

 

なんともロマンチックですね♪

 

光源氏の君の香り~!

どんな香りだったんでしょうね~?

 

源氏物語の中には香りにまつわる記述が盛り沢山。

また改めて、姫君たちとのエピソードと共にお伝えしますね♪

 

ーーーーーーーーーーー

 

さて、あなたはどんな「追風」を周りに残していますか?

 

実は。。。

 

私たちは一人一人「自分の香り」を持っています。

 

その「自分らしさの表現=自分の香り」

を調香することができます。

 

自分の香りを身にまとって

素敵な追風を残してみませんか?

 

自分の香りと出会うワークショップ

自分の香り 個別診断

 

----------------------------

 

 

■日本古来(和)の叡智、哲学を「香遊び」を通してお伝えしています
wa.kaoruのホームページへ
wa.kaoruのサービス一覧
wa.kaoruのイベント情報


■ブログランキングに参加しています!応援頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

 

AD