香りは「聞く」と表現する、とお話をしました。

 

今日は香りとは違いますが、「聞く」ということに関して

面白い記事をみつけましたので、こちらでシェア致しますね。

 

なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか?

 

虫の音を聞いても外国人は雑音にしか聞こえず

日本人は「声」として聞いているという話を聞いたことありますか?

 

感性の違いかな~、と思っておりましたが、

脳の処理システムが違うそうです。

 

左脳と右脳

 

人間の脳は右脳と左脳とに分かれ、それぞれ得意分野がある。右脳は音楽脳とも呼ばれ、音楽や機械音、雑音を処理する。左脳は言語脳と呼ばれ、人間の話す声の理解など、論理的知的な処理を受け持つ。ここまでは日本人も西洋人も一緒である。

 

ところが、虫の音をどちらの脳で聴くかという点で違いが見つかった。西洋人は虫の音を機械音や雑音と同様に音楽脳で処理するのに対し、日本人は言語脳で受けとめる、ということが、角田教授の実験であきらかになった。日本人は虫の音を「虫の声」として聞いているということになる。(記事より抜粋)

 

 

面白いですね。

 

さらに、興味深いことは。。。

 

このような特徴は、世界でも日本人とポリネシア人だけに見られ、中国人や韓国人も西洋型を示すという。さらに興味深いことは、日本人でも外国語を母国語として育てられると西洋型となり、外国人でも日本語を母国語として育つと日本人型になってしまう、というのである。脳の物理的構造というハードウェアの問題ではなく、幼児期にまず母国語としてどの言語を教わったのか、というソフトウェアの問題らしい。(記事より抜粋)

 

人種の違いではなく、母国語の違いから生じていたのですね。

 

虫の音だけでなく、そのほかの動物の鳴き声、波、風、雨の音、小川のせせらぎまで、日本人は言語脳で聞いているという。これまた山や川や海まで、ありとあらゆる自然物に神が宿り、人間はその一員に過ぎないという日本古来からの自然観に合致している。(記事より抜粋)

 

 

私たちにとって、動物の鳴き声や波、風など自然を五感で感じ

それを擬声語、擬音語を含め言葉で表現することは、

とても自然なことですが、日本語を母国語として生まれ育った

日本人ならではの特性だったのですね。

 

それが、すべてのものに神が宿り、対話をするという姿勢が

音を「声」として聞く脳のしくみを作り上げた、なんて

なんとも日本人の世界観が垣間みられ素敵ですね。

 

先人から受け継がれてきた日本語を母国語とする者として

表現豊かに色々な言葉で現していきたいと思いました。

 

香りの世界でも、様々な言葉を使いで香りを表現してきました。

香遊びの時などに、先人たちの表現をご紹介しながら

先人たちの感じた香りの風景を一緒に楽しみたいと思います。

 

-------------------------------

I talked about "listen to the incense" before.

 

I'm going to share the interesting article about the relation 

between "listen" and the brain system.

 

Do you know if the foreigner listen to the insect sound, 

they recognise it as a noise ,but the Japanese recognise it as a word ?

 

I think it's because we have the different sense of felling, 

but as the recent study, Japanese seem to have the different brain system.

 

The human brain divides the right brain and left brain.The right brain is called as a music brain and deals with music, mechanical  sound and noise. 

The left brain, which is called as a lunguage brain, recognise the human's voice as a language. Nothing's different between Japanese and foreigner.

 

However, the researcher found the differences which brain uses when Japanese and foreigner  listen to the insect sound.The foreigner use the right brain  and recognise it as a music, mechanical sound and noise. On the other hand, the Japanese catch the sound at left brain and recognise it as a insect "voice". (quoted the article)

 

It is very interesting study.

 

More curious aspect is...

 

These brain system seem to be for only the Japanese and the Polynesian. Chinese and Korean have the same brain system as western. 

 

Moreover, for the Japanese, who grow up by using the foreign language as a mother tongue, their brain are western one. Even if the foreigner, they use Japanese as a mother tongue, their brain are Japanese one. Therefore. these brain system are related with the mother language not with physical brain mechanism.

 

The Japanese listen not only the insect sound, but the animal sound, the wave sound, the wind sound, the rain sound and the stream sound etc. 

 

I don't know why the Japanese brain grow up to recgnise all kinds of nature sound as a voice(language) ,but I think it's related the Japanese philosophy for the nature. 

 

The ancient Japanese believe God lives in everything. When they listen to the nature sound, they try to listen to the God's word. That's why the Japanese make the different brain system and they recognise the sound as a voice.

 

For the incense, the ancient Japanese express the incense by using many variety words of expression.

We would like to introduce these words through "ko-asobi (incense workshop) and enjoy the scenery which they imagined through the incense.

 

----------------------------

 

 

■日本古来(和)の叡智、哲学を「香遊び」を通してお伝えしています
wa.kaoruのホームページへ
wa.kaoruのサービス一覧
wa.kaoruのイベント情報


■ブログランキングに参加しています!応援頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ 

AD

リブログ(1)