ハート最新のお知らせハート

new Live情報更新しました(2.3)


****************************************************************

テーマ:

2017.5.6

無事、10周年記念ライブを成功することができました。

 

10年間続けてきたバースデーライブ

今年開催としては最後の主催ライブ、とお伝え致しました。

 

今回は10年を振り返り

原点に戻った形として、音楽パートナーである

ピアニスト山下力哉と二人だけで演奏させていただきました。

 

オリジナルの曲も含め

ヴォーカリストerikaの世界観を

表現できたライブとなりました。

 

この日に製作したCD「軌跡」も

沢山の方に手に取っていただき嬉しい気持ちで一杯です。

 

実は私生活の中で

ライブの4日前の33歳の誕生日に、入籍をいたしました。

 

ブライダルシンガーとして

自分自身が幸せでないといけないと思っていましたので

今、こうして本当に大切な人と出逢い

愛を注ぎ合う毎日が、幸せで仕方ありません。

 

家族という形になって、

改めてお互いの大切なものを大切にしよういう

決意を抱くようになりました。

 

旦那さんはシンガーerikaのファンでもあり

理解をしてくれる人なので、

歌を辞めることはないと思いますが、

今後は家庭を優先し、気ままに歌えたらと思います。

 

今のところ、ブライダルシンガーのお仕事と

お子様・女性向けのレッスンは継続する予定です。

 

落ち着いたら、歌を届ける活動も再開していけたらと思います。

 

駆け抜けてきた10年間の軌跡に感謝を抱き、

今後は愛情のある日常を感じていくことを

一番に大切に過ごしていきたいと思います。

 

{6C7B5AF2-A88C-47C0-986A-9F55762CE139}

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4.17に行われたレコーディング最終日。

この日は、バンドメンバーが創り出した音を元に声の魂を吹き込んで行く最終段階。

私のメインの歌、コーラス。
そして、
前回のレコーディングで急遽アイデアが降りてきた(こういう事は多々あるのです)
子供達の声を入れる。
この工程を行う予定でスタジオに入りました。

「軌跡」の曲の元になった光景は、
幼い頃に幼馴染と遊んだ自然の中。
私が小さな頃、自然でのキャンプで
子供同士で遊んだ記憶が、
一番心に残っていて、
今でも心の宝物として大切にしています。

大人になった今、自分の力で
大きな夢にチャレンジしていけるのは
あの時の自分があったから。
でも、もう君(幼馴染)が居なくても
大丈夫だよ、
と大人の一歩を踏み出すタイミングの曲でもあります。

「強さも弱さも、僕にしかないカラー」
曲のコアな部分である歌詞の一文です。

自分が生きてきた軌跡を振り返って、
今の自分を認めることが出来たら
次のステップにチャレンジしよう、
さぁ歩き出そうというメッセージが込められています。

私の声の特徴は、癒しと言われますが
時間を止め、立ち止まる癒しではなく、
明るい一筋の光を見出し、
そこに向かって一歩踏み出す前向きな気持ちになれる歌声だと思っています。
{1A38F324-0D48-4EDC-95F9-696B84908C6C}


最後に子供達の声を録り、
スピーカーから流れる声を聞いて
大人達は思わず一瞬息を飲みました。

子供達の声はこれほどまでに純真なものだったのかと…

私と作曲者の山下力哉は
一生懸命メロディーを覚えて練習する
子供達の姿を見るだけで、心打たれてしまったのです。

本当に子供達に歌って貰って良かった!
今ではこの声無しに「軌跡」の曲は無いと思います。
次世代に繋げたいという私たちの思いが形となりました。

今回参加してくれた子供達は
実は私の姪っ子達と、生徒の男の子。
歌手を目指している子達なので、
本格的なレコーディングのスタジオで
貴重な機会として記憶に刻んでくれたらいいな、と思います。

{F2C682BB-1EAA-4B85-8775-A7674AF36338}


5/6のライブで、いよいよ発売です!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月4日、
オリジナルソング8曲目の
「軌跡」のレコーディングが行われた。

かつてはピアニスト山下力哉と2人で取り組んでいたレコーディングも
今では関わるメンバーも増えた。
完成までの道筋を、メンバーも真剣に携わってくれる。

{A0574F23-7E2B-43BB-AE2F-79DF13BC4124}


リズム隊の2人が
曲の基盤をしっかりと固める。
さぁどんな、土台が出来るだろう。

{A8ED5643-0840-4B95-ADE6-BBC649254DBE}

erika's Bandメンバーとしてお馴染みの
ドラム担当 丹菊基雄

{6FDB0FF1-803E-4549-B60B-F889EDF330CF}

ベース担当 伊藤寛

どこまでいっても「安定」という部分ではかなわない。なんの不安もストレスもなく、リズムを任せられる腕の持ち主だ。

{5217D4C0-D84C-4EB5-BB8C-E7CF5F53B705}

今回も生のギターでも参加したピアニスト山下力哉
この曲の作曲者でもあり、サウンドクリエイトはほぼ全て任せてある。

この曲の中でもギターの音の耳障りは、
懐かしく心地いい感覚を聞き手に与える効果として無くてはならない。

{21A9355A-C92E-4BE4-822D-01A785CEB701}

そして、サックス山崎真
ソロの部分で存在が一気に前に出るので、
決めてあるメロディというより、
今回は彼のセンスに寄せてみたら、
奇想天外なソロサウンドが生まれて
私たちも鳥肌がたった。

 私はこの曲の中で、その部分が一番好きだ。

いよいよ、2日後の4月17日
歌入れがある。

Bandメンバーが繋げてくれたバトンで
大体の世界観の土台が創り上げられた。

それはもう素晴らしいもので楽しみでしょうがない。
私がそこに息を吹き込み、最後の魂を入れて
ようやくこの「軌跡」という曲が
完成となる。


{E2EAE4E5-5D04-4E27-98FE-90DDF1079A65}

オフショット♡みんな、有難う!

{24FF7B17-DF28-4AA1-BE15-4617C1AAC153}
P.S
影の強力な裏方、
神宮前レコーディングスタジオの藤原さん。
この人なしで私たちの曲は作れない。
どんな希望も迅速に叶えてくれる技術の高いエンジニアさんです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

歌手活動10周年を記念しての

ライブのご案内です。

 

細やかではありますが、

30名さま程の規模で

 

ヴォーカリストerikaと

ピアニスト山下力哉の二人という

シンプルな編成で

 

私たちのオリジナルの曲と

初心に帰る想い出の曲たちを

お届けしていきたいと思います。

 

思えば、この二人から始まった。

いつしかerika's Bandというメンバーにも

恵まれた。

ライブハウスでもライブができるように

なったけれど

 

家族が経営する「喫茶カリナン」という場所は

特別であり

10年間ずっと続けてきたバースデーライブの

開催地でもあるので

 

ここで節目のライブをお届けさせて頂ければと

思い、決めさせていただきました。

 

GWの休日、私たちの記念ライブではありますが

皆様にとっても癒しのお時間にできるよう

努めてまいります。

 

私たちの10年の中で物語る音楽のストーリー

是非、楽しんでいただけたらと思います。

 

2017.5.6(土)

LiveStart…18:00(open 17:30)  -2hour-

Place…愛知県清須市西枇杷島町花咲9

“Restaurant Café Carinan(カリナン)”

tel:052-501-0080  駐車場5台程有り

Price…\3,000(サンドウィッチ+1 drinkつき)

Member…vocal:erika  piano:rikiya

*ジャンルはポップスです♬

オリジナルソングも歌います。

Reserve…erikalive.ticket@gmail.com

*お名前*人数*メールアドレスを記載の上、送信して下さい。

確認メールが届いたら、チケットの取り置き完了となります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年3月14日

今年初めてのバンドライブが

皆さまのおかげで盛況となりました事

この場より御礼申し上げます。

 

当日お客様にお撮りいただいたお写真と共に振り返っていきますカメラ

 

今年は歌手活動を始めて10周年ということもあり、

自分の原点を象徴している、ポップスソングの数々を

お届けしようと思いました。

 

 

特に肩肘を張らずに、等身大の自分で

目の前のお客様が集まっているこの空間を

和やかに笑顔にできたらと、

優しい曲たちを集めていました。

 

カーペンターズ、オリビアニュートンジョン、

魔女の宅急便、サウンドオブミュージック・・・など

どれも懐かしい、まだまだ歌手を始めたばかりに

 

「私らしい!」と、とても気に入った曲。

 

 

心から安心するメンバーがそれぞれのセンスを持ち寄り、

この爽やかなポップスソングに色々な色合いをつけて

 

オシャレにカッコよく、時には渋く

音楽にたっぷり浸る世界が出来上がっていました。

 

私もとても気持ち良かったです!

 

 

ライブテーマでもあるONE SHOT(一発目)のエピソードについて

今回も恒例の無茶振りトークコーナーを突然開催(笑)

 

「人生でこれは一発で成功したという経験はありますか?」

 

Sax山崎真エピソード

「ライブでみんなの演奏が一発でバシッと決まった時に気持ち良さを感じる!」

 

Bass 伊藤寛エピソード

「毎年参加しているマラソン、今年も参加をしたけれどその後足をやられちゃった(笑)」

 

Drums丹菊基雄

「現在ダイエットのために、トレーニング&食事療法を行なっている!一ヶ月で5キロ減ってやり甲斐を感じている」

 

あれ、テーマが「今年頑張ったこと」寄りになっている(笑)

 

Piano山下力哉エピソード

「今年10周年という事で、初めてerikaの声を聞いた瞬間一発で歌手になったら良いと思った。」

 

最後は、万遍の笑みで嬉しいことを言ってくれて

有難いなぁ。。。

 

Vocal erikaエピソード

「車の運転免許が高得点で一発で受かったこと」

 

というわけで一発というテーマで

それぞれ、個性的なエピソードを発言してくれた

ユーモアたっぷりのメンバーに心の中で拍手!パチパチ手

 

お越し下さった皆さまリボン

笑顔たっぷりで楽しんでいる目の前のお客様の姿を見ると、

歌っていて心が満たされ嬉しくなります。

 

この為に歌っているんだなって。

これからも心に届く音楽を届け続けていきたいと思います。

 

次回は5月6日清須市の喫茶カリナンで行います。

ピアノとデュオのスタイルです。

この日を節目である10周年記念ライブとして飾らせていただく事になりました。

 

皆さま、10年間本当にお世話になり、

ありがとうございました。

 

ヴォーカリストerika

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)