INTERIOR COLLABOLAB

オーダーメイドインテリアコーディネーター 加藤英里


テーマ:

こんにちは。


パーソナルインテリアマイスター

加藤英里です。


久しぶりの更新になってしまいました!

あっという間に季節は変わって

最近は、空気も爽やかで過ごし易いです。

(*^_^*)


夜風が気持ちええです~。



さて、


A様邸

”プリンセスに戻るお部屋”

の作り方。について、

順を追って、

書かせて頂いています♪


A様邸は

最初にイメージを伺ってから、


壁紙の選定 こちら→ 

家具の選定 こちら→ 

ファブリックの選定

照明・小物の選定


の順でコーディネーションを

進めて参りました。


先日、家具の選定のところまで、

お話しましたので、

今日は、カーテンの選定について。



A様のお好みは、

”ふわっとしたスタイルのカーテン”

と伺っていましたので、ひだを多くとる

スタイルで検討。

シンプルな中にも、エレガントさを出す

フリンジやタッセルをセレクト。

ファブリックの提案は、組み合わせが

無限大ですので、

大まかな方向性を決めるため、

あらかじめ、ショールームで下見を

行います。


数パターン検討しましたが、

壁紙のインパクトがあるデザインを

一番映えさせるということで、

まずは、ホワイトベースで

コーディネーション。


やはり、一番シンプルでかつ、

お部屋が広く見えるホワイト。

この場合、フリンジは壁紙のゴールドと

合せることで華やかさが強調されますね。




フリンジを変えて爽やかに。

そして、少しアクセントを。




いずれにしても、

”シンプルで、ふんわり綺麗”

を目指します。



次に、ラベンダーバージョン

ピンクから、ラベンダー、ブルーの

グラデーションで、

”大人可愛い”カラーコーディネート

を目指します。




もう少しクールに。

ブルーバージョン。

A様宅は、キッチンの扉がブルーでしたので、

ピンクからブルーへの流れを作りたいと

考えていました。





前回の記事で、A様邸は、

一番小さなファブリックアイテム、

”クッション”から決めたと

お伝えしました。


実は

こちらのカーテンを

ご提案する前に

クッションは決まっていました。


家具セレクトの際に、

A様と私の頭の中には、

共通のインテリアイメージが

浮かんでいますので、

A様と同行して家具を見つつ、

クッションも見ていると、


『これ、イメージにぴったりですねー。』

と盛り上がって、即御購入!


ということだったのです。


クッションは、

生地を決めて、オーダーすることも

ありますが、

既製のものを購入することも

あります。



***********************************


ところで、

クッションについての私のこだわりは、

中材がフェザー(羽毛)であること。

パンヤやポリエステル綿のクッションは、

ふわふわして軽いですし、

リーズナブル。


でも、実際にお使いになるなら、

是非フェザーのものをお選び頂きたいです。

もたれた時の安心感が違いますし、

カバーをかけて置いている時だけでも、

存在感が違いますよ♪

ただ、あまり安価なものだと、

夏の湿気で匂いを発するものがあるので、

ご注意くださいね~!!

クッションから、蒸れた水鳥の香り。

・・・頂けません!(>_<)


お気を付け下さい♪


******************************




そのようなわけで、

壁紙・クッションが決定した後、

A様とカーテンショールームへ。


今回は、サンゲツさんです。


サンゲツさんは、

お取り扱いの点数がとても多く、

モダン・エレガント・クラシック・和風など、

テイストのバリエーションも

幅広いです。

海外ファブリックのトレンドデザインを

いち早く取り入れているメーカーさん

だと思います。

また、

壁面に大きな吊形状のカーテンが

展示されているので、

イメージもわきやすいですね。


また、自然光が入って明るい空間で

カーテンや壁紙サンプルを見ることが

出来ますので、

自宅に設えた印象をイメージ

しやすいと思いますよ。



A様との打ち合わせでは、

購入済のクッションと

検討したいカーテンサンプルを

コーディネートして、

近くで。

また少し離れて。

何度も比較検討しました。



ホワイトのバージョン

下の椅子に掛けているのが、

先行して購入したクッションカバー。




ブルーのバージョン





そして決定したのは、

ピンクのバージョン!





実は、壁紙のピンクのイメージが強いため、

カーテン生地のピンクは、

おすすめしていませんでした。


もちろん、ピンクのカーテンも、

インテリアコーディネートとしては、

ばっちり合うのですが・・・。


お部屋の中の、ピンクの占める割合が

多すぎるのではないかと思っていたのです。


でも、

ピンクの生地サンプルを合わせてご覧頂いた時の

A様の輝いた表情を拝見して、

一瞬で決定しました。


やはり、大好きなピンクで行きましょうよ!!

ということになりました。


インテリアは、誰のものでもない。

自分が心地よくなるためのもの。


特に、

お一人暮らしを満喫されていらっしゃる方

なら、なおさら。

本当にご自分の”好き!!”を

とことん追求して欲しいのです!


A様邸は、窓が2つありカーテンの印象が

インテリア全体のイメージに

とても大きく影響するので、

その他のファブリックをシンプルに。

控えめにすることでバランスを

とっていきます。


まず。

『好きかどうか。』


合うかどうか。は

その次。

合せて行くのが、プロの仕事ですから、

お任せ下さい♪

というところでしょうか。










ピンクのカーテンの縁取りのブルーと、

クッションのブルーが差し色となって、

可愛いけれどシック♪に仕上がりました!

ベッドカバーはシンプルにホワイト。

グレーのソファがエレガントな大人の女性

をイメージさせます。



〇個性の強い柄の壁紙

  ×

〇シンプルなベッドカバー

  ×

〇シンプルなカーテン

  ×

〇アクセントになるクッション


このように、

足し算&引き算の

コーディネーションが、

とても上品で綺麗です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

オーダーメイドインテリアコーディネーター  加藤英里さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります