2012-08-09 00:28:01

仮設住宅

テーマ:ブログ


渡辺えりオフィシャルブログ「夢見る力」Powered by Ameba
昨年、震災後にボランティアに行った避難所におられた方々が今どうしておられるのか?ずっと気になっていて、地元の方にお願いして、宮城県登米市、南三陸、気仙沼の仮設住宅に行きました。


今年五月の連続公演でのパンフレットの売り上げ金を義援金として寄付する約束をお客様といたしました。今、仮設住宅がどういう状況なのか?何が必要なのか?直接伺いたいと思いました。


そして、自分のできることを少しづつ、長く続けたいと思ったのです。


昨年ボランティアでいくつかの避難所にうかがった話をテレビで伝えたら、「売名行為」「偽善者」などと言われたこともあり、静かに行おうと思っていましたが、仮設住宅の現状をお伝えしたくブログに書くことにしました。


仮設住宅の写真は現地の皆様の許可を取ってからアップしたいと思います。

この写真は、最後の最後まで町民を守ろうと放送を続けながら犠牲となった女性の働いていた「防災対策庁舎」です。

今日は鎌倉の高校生の有志たちがお参りしていました。千羽鶴などが沢山置かれていました。


壁の薄い、狭い仮設住宅で我慢を続けておられる方たちは「早く、本当の家に暮らしたい」とおっしゃっています。まだどの土地に住めるか分からない人たちが多く、後数年かかるのではないか?と不安がっておられました。高齢者も多く、本当に気の毒です。


新築するのに一戸200万円の援助だといいます。一人住まいでも、10人家族でも一律200万円。しかし、貯金もない方たちが200万円で家を建てられるのでしょうか?


政治家も誰一人尋ねて来ないといいます。来たのは選挙運動の時だけだったそうです。


「私たちは忘れ去られてしまっている」

テレビのニュースを観ていて思うと言います。


全く知らない方たちが集まってしまった仮設住宅。前住んでいたところのご近所さんたちがそっくり住んでいる仮設住宅とでは雰囲気が全く違いました。


明日また続きを書きます。


タフなようですが、疲れても、筋肉痛でも、仕事が立て込んでしまう前に、去年からずっと気にかかっていたことをやらないと、逆に心配で仕方がなくなるんです。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

渡辺えりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■無題

えりさん こんばんは(^。^)
この暑い季節に、お忙しい中 被災地にも足を運ばれ、本当に頭がさがります。私の故郷は宮城です。私も微力ながら なんらかの形で復興の手助けに加わりたいと思っていながら なかなか実行出来ずにいます。
有名人、芸能人の支援はよくテレビで見聞きしました。(いろいろと言う者がいますが)それは確実に物心両面で大きな大きな助けになったと思います。
そして、まだまだ被災地の方に心をくだいてらっしゃる えりさんを見て、支援を続けることの大切さを教えていただきました。

4 ■立派

そうでしたか、えりさんは被災者支援もされているのですね。

私もあの大災害がおきて、こちらも東海地震が以前から言われておりますので他人事でなく胸を痛めております。

今までに5回ほど支援物資とお手紙を送りました。

つい最近も避難所となっていたお寺に送付しましたら、奥様や仮設にお住いの方々から礼状をいただきました。

これからも自分にできる範囲のささやかな支援ですが、末永く続けていきたいと思っています。

えりさんと規模は全然違い比べものにはなりませんが、同じお考え知りとても嬉しく心強いです。

色々な方面で大活躍のえりさんですが、くれぐれも、ご無理をされずご自愛くださいませ。

明日、お盆のお客さんが見えるため今日は
お墓、お仏壇、庭からトイレまで一日中大車輪で
汗まみれで動き回っていました。

とにかく疲れてクタクタですがこれからもう少しキッチンを掃除します。

お休みなさい。

追伸 ペンネーム?今は無芸少食を名乗っていますが、昔は 「まだいたおしん」 にしていました??

3 ■腹立たしい

仮設住宅に住んでる方はこれから先の不安や、住みにくい住宅環境に精神的にも体力的にもお疲れだと思います
政治家の人も選挙の時だけでなく、来て欲しいし先の事を見越して経済的にも精神的にもサポートしてあげたら良いのにって思います

2 ■仮説生活

本当に忙しい体神経使って気張って、いるから動けるのですね仮説住宅で暮らしている、皆さんはかなり窮屈な思いをしていると、思います広い土地、広い家、部屋数など自由に使い好きな花や、野菜など作り暮らしていた人達が狭い二部屋生活、私も農家の出、初めてのアパート生活狭くて嫌でした、ドアを開けると他人だらけ、顔見知りのいない孤独な生活、気苦労は半端ではないでしょう、年老いて見知らぬ土地での生活は命も縮めます、不自由な買い物 病院通い 等バスがなければ行くことが、できない現実が目の前に沢山重なっている自分がよければの今の政治家達、票の重み考えて立候補してほしい

1 ■おはようございます。

現在の状況をなかなか知ることが出来ないので、有難いです。テレビも観ていないものですから。私は何も出来ないのが、はがゆいですが。心無いことを言う人がいるのですね。
えりさんのように活動を続けていらっしゃる方に感謝しております。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース