集中力と記憶力が低下した脳に栄養を。
7月~先週末まで徹底的に手作りしました。口の中の妙な味がいまだにあり、味付けは保証なし。でも、なんとか味を解ろうと味見することも脳に良かった。もちろん包丁で手指のリハビリ、手順を考えることで、脳のリハビリ。
毎日の料理は、食生活の改善もできベンゾジアゼピンという悪魔のような薬の離脱症状から解放される、ひとつの手段となりそうです。





























AD