ERHU☆DREAM~二胡への想い~

大好きな『二胡』『合唱』『三線』や、日々の出来事をつらつら書いていきます♪


テーマ:

こんばんは 睡蓮蓮です

木曜日は、二胡レッスンの後に三線レッスンに行って来ました

生徒さんの御都合で、早くレッスンが終わったので、

三線レッスンまでの時間、いつものお店でゆっくり休憩することに

コーヒーのスタンプが10個たまったので、

1杯無料のサービスを使おうと思い、カードを差し出すと、

「サイズはいかがなされますか」・・・とお店の方。

サービスで無料なのにサイズが選べるのと驚きつつ、

すぐに口から、「グランデで・・・と出てきた私

つくづく関西人やなぁ~と思った次第です

時間がたっぷりあったので、コーヒーを飲みながら、

簡単な曲ですが、二胡三重奏の楽譜を作成オンプ

有意義な時間となりました


レッスン室には10分前位に到着

この日もチンダミは B-E-B

自主練の時間は取らずに、「てぃんさぐぬ花」「安里屋ユンタ」「涙そうそう」を合奏。

そして、10分程自主練後、「パーマ屋ゆんた」を合奏。

これらの4曲は、毎回レッスンの最初に合奏します・・・と先生。

どんどん曲が増えていきます

そして、回を重ねる毎に、上達しているのがわかりますパチパチ

やはり、地道な繰り返しの練習が大切なのですね


次は、前回工工四の難しさに驚いた「いちゅび小節」を練習

まだ歌詞をつけずに、ゆーっくりですが、何とか通して弾けるようになりました。

歌いながら弾けるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです


そして、今回からの新曲『島々清しゃ』です


『島々清しゃ』(しまじまかいしゃ)とは、(とあるサイトによると)

「島々の清らかで美しい」という八重山諸島の方言。

この歌は、島の美しさを歌い上げた詩。
 
「島の田んぼの美しさ」「畑の美しさ」「村の美しさ」「白い砂浜の美しさ」

そして、最後には「美童(みやらび)の美しさ」が唄い込まれています。

美童(みやらび)とは、若い娘や純粋な心を持った子どもなどの意味。

三線の先生は、15~17歳の美しい娘・・・と仰っていました。


この歌の歌詞の中で、「なるほどなぁ~」と思ったこと。

「ミンサー」という、八重山の織物が出てくるのですが、その模様は。。。
5つの■と、4つの■が織られています。

この模様に、「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く・・・。」

・・・という想いが込められているそうなんです

何だか素敵 何気ない事や物に、色々な意味がある。。。

もっと深く、沖縄のことを知りたいなぁと思いました


昨年、お友達に頂いた、ミンサー織りのコースター

改めて、もっと大事にしようと思いました



さて、レッスンの話に戻りますが。。。

色んな記号が出てきました

それをひとつひとつ習いましたよ


「□」・・・声切り(ここで声を止める)
「◯」・・・声出し(ここから唄い始め)
「●」・・・あて(ここまで母音でのばす)

ここまでは、歌に関しての記号。

三線の奏法で新たに習ったのは、スライド奏法です

の工工四のピンクのラインがひいてあるところ。。。

七でも小指をいっぱい伸ばして押さえるのですが、

八は更にその先、遠いところまで小指を「グィ~ン」とスライドさせます

二胡で言えば、ポルタメントをかけながらのポジション移動って感じです。

三線でもやはり左手のフォームを保つことが大切です


新しい曲を習うたび、歌詞の意味や沖縄の習慣、

奏法を少しずつ教わることが出来、とても勉強になります。


『島々清しゃ』(ネーネーズ)

中々唄い甲斐がありそう~

早くマスター出来たら良いな~


いつも応援ポチクリック
↓ありがとうございます↓

にほんブログ村

お問い合わせはコチラ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

睡蓮さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。