☆ 遊 美 楽 ☆
楽しくなきゃ始まらない! 
好きじゃなきゃ続かない! 
愛がなきゃ生きられない!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:内野真理子と申します♪
2016-07-21 13:05:47

出産備忘録‐その1~産まれる~

こんにちは。
「あ、まだ明けてなかったのよね、梅雨。。」
な空模様の横浜です。

氣付けば7月も後半。
6月1日に生まれた娘は、生後50日を迎えましたキラキラ

「産前産後は、目を使うとカラダに障る。」
昔は針仕事をしないように言われていたそうですが、
現代では、PCやスマホの長時間使用は避けるのが賢明なようです。

骨盤の戻りに影響すると聞いたら、
グッと我慢!とおもって、
PCにはほぼ触らない日々でした(笑)

でも、そろそろ、記憶のあるうちに、
産後の色々を書いておこうと思うのですが、
氣分的に、岩田真理子としてではなく、
内野真理子としての発信したいなと感じたので、
ブログテーマを増やしました。
今後の、出産子育て関連のことは、
ひとまずこのカテゴリにしようかな。
(チーム行き当たりばったり!なので、
先のことはわからないですが~^^;)

出産物語は、本当に人それぞれだと思うのですが、
高齢初産の割には、ものすご~~~く安産だったのだと思います。

何をきっかけに陣痛開始となるのかわからないのですが、
母子手帳をひらくと、分娩所要時間5時間14分と書いてあります。
15時38分産まれなので、
丁度お昼頃から陣痛が始まったことになります。

生々しい表現も出てきちゃうかもなので、
ムリ!と思う方は、ここまでで^^


自覚症状としては、
明け方5時45分くらいに、
トイレに行きたくなって起きたら、
高位破水らしき症状があって、
お腹も痛いかも。。。と思い、
一応主人を起こしました。
「陣痛かも?破水したかも?
でも、どうせすぐ生まれないし、
病院に電話するのはもう少し後でいいわ」
と、お洗濯ものとか一通り済ませて、
7時になったので病院に電話したら
「じゃぁ、一度来てください。
違ったら帰ってもらうことになりますけど~」と言われ、
登録してあった陣痛タクシーに電話をして、
迎えに来てもらって、
仕事に行く前の主人に、荷物を持ってもらって病院へ♪

7時50分に、内診してもらったら、破水しているということで、
そのまま入院になりました。

この時点で母に連絡。
「支度して行くわ~。」と、昼前に来てくれました。
主人のスタジオの方が、
「付き添ってあげて」と言ってくださって、
母が来るまで、主人が陣痛室にいてくれました。
(この時点では、まだまだ、余裕^^)

ちなみに、分娩の立ち合い出産希望はしませんでした。
痛みに共鳴してしまう主人は、
たぶん耐えられないし、
立ち会ってほしいとも思わなかったので。

でも、陣痛室にいる時間は長くなるので、
こちらへは付き添ってもらいました。

お昼ごはんが出る頃には、
結構痛みが強くなり、
時間の感覚も5分はあかない感じに。
(やっぱりこのあたりから、“陣痛”認定だったんですね)

「食べないとお産が進まないですよ」と言われても、
よりによって、ナポリタンとか出てきても・・・
ふた口三口いただきましたが、
欲しいと思えず・・・。ごめんなさい。

水分だけとって、本格化してきた痛みを逃がすお時間。

呼吸法を「ひっひっふ~」って言いますが、
痛みを逃がすのに、
母音が、イとかウでは、顎のチカラが抜けきらないのです。
それって、全身に影響するんですよね。(感覚的な話だけど)
なので、ひたすら「あ~」と・・・
ちがうな「あ゛~~」と、顎のチカラを抜いて全身の力を抜くように
心がけました。
これは、ヨガに通っていたおかげで、意識できたのだとおもいますラブラブ

助産師さんが子宮口の開きを確認しに来てくれて、
「いい感じだけど、ここで止まっちゃう人もいるので、
できるだけ動いてくださいね」
というのですが、
破水していて、動いたら大量に流れ出てしまう状態なのに、
動けって^^;

陣痛室で2回お着替えして、もうその後は、
「またびちゃびちゃになるから、もういいです~」と諦めたくらいスゴイ量でした^^;
病院についてから、一度もトイレに行ってなかったので、
行くように言われて、
痛い波の合間を見計らってトイレへ。

「カギはかけないでください」と、外の札を「使用中」にするだけ。
「病院だなぁ」とおもいました。

行ったら行ったで、痛い波が頻繁に来るので、
トイレにいたいわけじゃないのに、出られなくなり、
この波が収まったら出よう!と決めるのにも、
覚悟が必要でした(笑)
たぶん、20分くらい籠ってました。
陣痛室のとなりにあるトイレなのに、
ベッドが遠いと感じたな。。

「陣痛で苦しいのは、赤ちゃんも一緒。
というか、赤ちゃんの方が酸素が来なくなって息苦しい」
と聞いていたので、
「あ゛~・・・痛いね~」って、言ってました。
「がんばって~」とも(笑)
自分事じゃないほうがガンバレるような氣がするのは、
こんな時でも一緒なんだな。。(人によると思いますが)

13時過ぎに仕事先から戻ってきた主人は、
「行くときと別人になってた」と、後になって言ってました。

いつ息んで良くなったのか、定かでないですが、
ベッドの頭のところを掴んで、
引っ張ったり、押し上げたり、
自分の盛大に浮腫んでいる太ももをぎゅ~って握ったり。。
子宮口に力を入れないためだったのか、
もう息んでいいからだったのか、わかりませんが、
格闘。まさに格闘。。
鼻からスイカとか、
鼻からジェット機とか、言われたけど、
うん。
なんかとにかく、経験したことの無い種類の痛みでした。

15時過ぎくらいに、助産師さんが診に来てくれて、
「わぁ、順調ですね。
そろそろ分娩室行けるかな~。
って言うか、分娩室行きましょう。」
と言って、分娩室の確認に行ってくれました。、

分娩室は、陣痛室の先にあります。
歩いて移動。
ベッドに置きかがるのも一苦労。
そこで痛みの波が。。。
「この波が去ってからでもいいですか・・・」
と待ってもらって、
主人にかわって陣痛室にいてくれた
母に「行ってくるね」と言って分娩室へ移動。

分娩台に上がると、
「もう頭見えてきてますよ。
でも、楽に出してあげたいからすこ~し切りますね」
と、会陰切開・・・
「はーい」
がんばってマッサージしたのにな~。。。
と思っている間に
チクッと麻酔されて、あっさり切られました。

で、「はい、息んで~」って、
言われなくても息むでしょ!
と、突っ込みたくなること2回。
頭が出かかっているのが自分でもわかります。

一氣に行きたいのに、
ちょっと休憩。とか言われたときに、
入っちゃったんだよね。アタマ。。。
「あ?今戻りましたよね?」って言っちゃった。

「うん、でも次で行けるかな。」
と、
次の波で、「もう出てくるから、目しっかりあけてこっち見て!」と
先生に言われて、
もうわけわからないくらい全身のエネルギーを
一カ所に集中してみたら、
「ツルン、ポンっ!」+びちゃ(←羊水)って、出てきてくれましたドキドキ

そして、「ギャ~」という泣き声。
めっちゃ元氣!
わぁ、生まれた~。
ちゃんと「人」だ~!!
と思いました。

そして、わりとあっけない・・・
放心状態。

寝たまま、胸に抱っこさせてもらって、
鏡越しに「はじめまして」のご挨拶。
へそのをきってもらって、カラダサッと拭いてもらっただけなのに、
こんなにキレイなんだ。
(わが子だからということではなく、
もっと胎脂でベタベタしていたり、
グチャッとしているのかと思っていた)
「かわいい~」って言ったら、先生たちに笑われた。
みんな言わないの??
泣かずに、首を一生懸命動かして、
すでにおっぱいを探している模様。
お口がチュパチュパ動いている。

主人も呼んでもらって、ご対面♪
「どうですか?」が第一声。

「かわいいね~」ってすでに親ばかスイッチ入りました~^^;
なアホ夫婦(笑)

会陰、縫合してもらうのは、チクチク感覚がわかるので、
麻酔足してもらって、処置してもらいました。
隣で指導してもらいながら、
研修医の先生が縫ったところは最後までツレていて、
やっぱり差があるのね。。と思ったのでした。

通常は、分娩室で2時間ほど過ごすのだそうだけど、
この日は出産ラッシュで
1時間でストレッチャーに乗せられて、病室へ。
(あとから聞いたら、1日産まれは9人!!
2日は3人、3日は0人っていうから、その多さがわかります)

移動する間は、主人が娘を抱っこ。
(ストレッチャーで移動しながらも、
廊下の椅子で、慣れない様子で抱えて、
めっちゃ固まっていたのが印象的w)
そして、
すぐに母子同室のはじまりはじまり~。


と、今回はすでにとっても長いのでここまで。

生後50日、ようやく日中も2時間くらいは連続で寝てくれるようになったので、
ブログを書けるようになりました。
備忘録だし、本当に人それぞれだと思うけど、
誰かの、何かの参考になったり、役に立てたらすごく嬉しいです。

お付き合いありがとうございますラブラブ
これからも、どうぞよろしくお願いいたしますニコニコ

陣痛タクシー:事前に登録しておくと、電話しただけでジャンボタクシーが迎えに来てくれます。
★たぶん、防水シートとかも積んであります
★説明しなくても、登録した病院に連れていってくれます。(一応確認はされるけど)
冷静さを欠くような事態になってから、タクシー呼ぶのは大変だと思うので、
自家用車で行かない人は、登録しておくと安心かも♪

胎脂でベタベタ:母体が冷えていると赤ちゃんが体温を保持するために脂をまとって出てくるらしいです。
赤ちゃん自体は、本来熱の塊なので、母体を冷やさないことってすごく大事です!たぶん。


生後6時間^^
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
テーマ:妊娠出産
2016-05-15 14:55:36

臨月*^0^*~37w/3ⅾ~

こんにちは。
GWが明けて、お仕事の方はあ~あ~・・・かもですが、
氣持ちのよい青空続きですね(@東京地方^^♪)

ベビは、順調に大きくなっているようで、
動けるスペースが少なくなって、
胎動が減ると書いてある本が多いのですが、
そうでもなくて、力強くダイナミックな胎動で、
カラダを揺さぶられております目

36週からを臨月といい、
37週からを正産期というらしく、
もう、いつ生まれても大丈夫ということでした^^

ベビの体内時計というか、
いのちのリズムは、本当に驚くほど正確で、
「そろそろ、お腹が下がってくる時期」
と言われると本当に下がってくるし、
「だいたいこのくらいの大きさ」
という目安に、しっかり当てはまる
几帳面さです(笑)

しかし・・・
母体は若干頼りなく、
前回の血液検査の結果、
貧血が進行していて、
また鉄剤を飲んでくださいと言われてしまいました・・・しょぼん

下半身の浮腫みがでて、
足を上げて寝ても、
朝引ききっていないのは、
鉄欠乏性貧血の顕著な症状のひとつらしいのです。。。
(夜になると、クリームパンみたいに甲まで浮腫んだりします)

もともと、
クルミやプルーン、
納豆・小松菜・切り干し大根・・・
非ヘム鉄とVCを一緒にとって、吸収率を上げるようにしていたのですが、
そこにプラスして、
日頃あまりいただかない、
ヘム鉄の赤身のお肉やレバーも足してみたのに
まだ追いつかない。。。叫び

やっぱり、ひとつの命を育むって、
カラダにとって、相当な重労働なのですね。。
(歳のせいかドクロ!?)

「お薬イヤ!」と子どもみたいな拒絶反応をしていないで、
出血が止まらなくて、
死んじゃったらベビに会えないし、
期間限定で、鉄剤のチカラを借りることにします。

これで浮腫みが軽減されたら、楽ちんだし~ニコニコ

これまで、つわりもなく、
何のトラブルもなく過ごしてきただけに、
ちょっとした挫折感ですが(笑)
いつ来てもおかしくない“その日”に備えて、
万全を期するのもいのちを護る仕事!

色んな事をまるっと飲み込んで、
執着を手放して、
最善の方法を選べるようになっていけたらいいなと思います。

日々、変化するベビから教わることだらけラブラブ
産まれてきたら、ますますそう思うのでしょうね。

こんな氣持ちで10か月お腹にいさせてもらって、
生んでもらって、育ててもらったのか。。。
みんなお父さんとお母さんの子。
脈々と繋がる、全てのいのちが愛おしく感じられます。

今度のブログ更新は産まれてからかな~!?



親子3代w 
主人と母と、幼馴染のお店に臨月ランチへ^^♪


臨月前日のポンポコリン^^
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:家庭
2016-04-26 15:40:52

紙婚式^^♪

こんにちは♪
うららかなお日和の横浜です晴れ

昨日4月25日は、
1年目の結婚記念日、紙婚式でしたラブラブ

お腹が重たくて、
夜になると出かけづらいだろうからと、
ランチの予約をしてくれて、
休日を満喫してきました~音譜

熊本や大分での地震災害もあり、
日々の暮らしがいかに紙一重的に成立しているものなのか、
毎日、おつかいに行ってごはん作って、
あたたかいお風呂に入って、
ベッドで眠って、朝になったら起きられることが、
どれだけ奇跡的なことなのか、
思わずにはいられません。

結婚して、
妊娠して仕事から離れ、
想像をはるかに超えた変化が、
物心ともに訪れました。
それでも、生きるというベースの中にあっては、
そんなの些末なこと。
なのですよね。


話は変わって、
妊娠して、
わりとすぐに聞かれるようになって驚いたのが
「学校どうするの?やっぱり成城?」
とか、
「何を習わせるの?」
「将来は何にしたいの?」
とか言う質問。。

まだ生まれてないし、
この子がどんな子なのかわからないし、
そんなに具体的な項目聞くんだ!?
ということ。。。(笑)

ナニモノかになってほしいと、どうしても、全く思えない。
どんな状況の中でも、
人や自然を思いやる想像力をもって、
人の中で生きることに幸せを見出すことができて、
必要とされ、
自分のことと同じだけ人や自然を大切に思い愛せる人になってほしい。

いまある職業(名)は、既存概念の上に成り立っている。
そこに当てはまるような存在になってほしいと願えないんだなぁ。
(もちろん、結果としてなら、なってくれてもいいのだけど)

どんな大人になってほしいのか、
どう思って育てているのか、
親の(祖父母の)思いを強烈なまでに伝えられてきた身としては、
(その通りにならなくても、
一つの明確な判断基準として在ると無いとでは大違いなので、)
しあわせに生き抜く基礎力を
少しでも授ける機会を作り、
伝え続けるのが親の役割なのだと思ってしまうのです。

「小さい時かからの夢をかなえてスゴイね!」
って言われてきたけど、
『素敵なママになる』という、
果てしなく平凡な夢の必要要素が
“JALのスチュワーデスさん”だっただけで、
JALのスチュワーデスさんがゴールだったのではないので、
素敵かどうかは置いておいて、
ママになる♪がようやく叶いつつある^^という状況です♪
素敵なオトナ、楽しそうなオトナ、オトナはいいな~♪
子どもにそんな風に思ってもらえる存在でありたいと思うし、
そういう夫婦でありたいなと思います。

いつも朗らかでやさしい主人の血が
いっぱい入った女の子だったら、
それでいいかラブラブ
な~んて氣分にもなりますが、
現実的には、「モノノドオリ」をメチャクチャしっかり伝えちゃうだろうな。。
口やかましいに違いない、
この母を選んできてくれたのだろうから、
覚悟はできてるよね?ベビ?(笑)

あとひと月ちょっと、
出てきたら、二度と戻らないこの一体感を、
ゆっくりとたっぷりと味わっておきたいなと思いますドキドキ

夢をかなえさせてくれた主人に、こころから感謝ラブラブ

子どもが産まれたら、
夫婦というだけでなく
家族になるから、
色々いままでと違った面を見る(見せる)ことになるのだろうな。。
それでも、この一年間に感じてきた
他の誰でもない、“身内という他人”である、
主人の存在に、
ずっとずっと感謝の氣持ちを持ち続けていられるように、
自分自身をメインテインしていこうと思うのでした。

社会の最小単位は家族であり夫婦。
その足元が揺らがない日々を、
僖びとともに丁寧に積んでいきま~すキラキラ


インターコンチネンタル東京ベイ♪
鉄板焼きからの、デザートはラウンジで^^
こんなメッセージを添えてくれていましたラブラブ
こちらこそありがとうドキドキ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。