職場の人間関係に疲れた、

ビジネスマンを元気にする

ビジネスEQメソッドを提唱する

日本メンタルマネージメント協会の松山繁博です。

 

今回のテーマは

【有休の理由を知りたい】(リーダーの気持ち)です。

 

 

では、早速、本題に。

こんなことってありませんか。

 

 

部下が、有休の申請をしてきた。

 

 

申請理由は私用のため。

 

 

別に、有休を申請するのは自由だが、

最近、ちょくちょく申請をしてくる。

 

 

もう少し、深い理由を聞いても良いのだろうか。

 

 

-------------------------------------------------------

IQリーダーは、自分の休む理由は明かさないが、部下の理由は知りたがる

EQリーダーは、自分の休む理由も明かし、部下の理由も知りたがる

-------------------------------------------------------

 

 

今まで、

更に深い理由を聞いたことがない。

 

 

だから、今回だけ聞くと、

急に怪しまれるかも知れない。

 

 

とは言え、更に上の上司から、

 

 

あの部下はちょくちょく休んでいるが、

理由を知っているのか、と

聞かれて答えられないのも困る。

 

 

--------------------------------------------------

「正当な理由」でなければ、認めない?

--------------------------------------------------

 

 

あなた自身が、有休を申請する時、

どのような理由を述べていますか。

 

 

自分は、通院など、

「正当な理由」でなければ、申請しないから、

仮に理由を聞かれても、堂々と答えられる。

 

 

でも、その理由は、

わざわざ開示するほどのものではないから、

普段は説明しないだけ。

 

 

だた、そのような状態は、

傍から見ると、

「正当な理由」でなければ、

申請自体を認めない、というメッセージを送っていませんか。

 

 

---------------------------------------------------

理由は聞き流す

---------------------------------------------------

 

隣の課では、

連休にくっつけて、

まとまった申請をしている人が目立つが、

それを認めている。

 

 

そこで、

隣の課の課長さんに聞いてみた。

 

 

どんな理由で休んでいるのか、

ちゃんと聞いたことがありますか。

 

 

ええ、いつも聞きますよ。

 

 

言いたくない人もいませんか。

 

 

ええ、聞くだけ聞いて、

言いたくなければ、そのままにしています。

 

 

連休とかで、

どこかに遊びに行くとかを

知ってしまうことってありませんか。

 

 

ありますよ。

でも、だからと言って、羨ましいとかでもなく、

教えてくれてありがとう、と言う感じですね。

 

 

本来、何か起きなければ、

理由なんてどうでも良いんです。

 

 

--------------------------------------------

部下にも自分の理由は毎回言う

--------------------------------------------

 

 

へぇー。

そうなんですね。

 

 

でも、それじゃあ、

聞かないのと同じじゃないですか。

 

 

いいえ、

内容に「良し悪し」を入れてはいけないんです。

 

 

この理由は良くて、

この理由は良くない、

 

 

ってなったら、

良い理由しか言わなくなるでしょ。

 

 

あと、気をつけていることは、

 

 

自分が休む時も、

どんな理由であれ、部下に言うんです。

 

 

本来なら、

上司にだけ伝えれば良いのかも知れませんが、

 

 

自分が部下に伝えることで、

部下も私に伝えやすくしてあげるんです。

 

 

なるほど。

 

 

自分が部下の理由を知りたいのに、

自分の理由を部下に伝えないのでは、

 

 

言いたくなりますよね。

 

 

 

今回の事例から学べることは、

 

 

毎回、理由を聞いて、

聞いたとしても、中身を評価しない、

 

 

ということでした。

 

 

本物のリーダーは、

相手が話したいと思う範囲で、

必要な情報は得ておくもの。

 

 

あなたは、

自分の情報は隠しながらも、

部下の情報を知りたがりますか。

それとも、自分の情報を開示するのと同様に、

部下の情報を開示してもらいますか。

 

 

当協会には、

自分の情報を自然に、

開示できるようになるノウハウがあります。

 

 

自分の情報を自然に開示できるようになりたいな、

と思った方に、ピッタリのセミナーがあります。

http://www.reservestock.jp/page/event_series/31000

 

 

 

本音は感情に宿っています。

 

感情を大切に扱い、気持ちに配慮すれば、

ビジネスの現場でも素敵に活き活きと活動できます。

 

 

このブログでは、事例だけを紹介していますが、

この事例の解説を知りたい方は、

こちらのメールマガジンにご登録下さい。

http://www.reservestock.jp/subscribe/80131

 

 

---------------------------------------

 

日本メンタルマネージメント協会

---------------------------------------

 

日本メンタルマネージメント協会 Facebookページ*

---------------------------------------

日本メンタルマネージメント協会 公式ブログ

職場の人間関係に疲れた

ビジネスマン・ビジネスリーダーを元気にする

 

ビジネスEQメソッド

---------------------------------------

感情を用いたコミュニケーションや

マネージメントに関する話題を掲載している Facebookページ

 

「たまにはビジネスでEQはいかが」

---------------------------------------

自分のリーダーシップに、

ちょっと不安を感じた方へにぴったりなメールセミナー

 

活き活きとした職場を作り、慕われるリーダーになるための3つの秘訣

---------------------------------------

日本の素敵なリーダーを応援するサイト

 

自己成長支援ラボ

---------------------------------------

AD