すみません。
ちょっと今回は素のまま、
垂れ流しのように書くので
いつも以上に長いぞ。←脅しか滝汗あせる


義理チョコイタリアの郷土料理ピアディーナ専門店
「PIADINA AKASAKA」に行って来たよ!
美味しいもの好きな人はこちらを見てね!→


先週、新宿のルミネtheよしもとで、
兵動大樹さんの【おしゃべり大好き】という
トークライブを見てきた。

兵動大樹さんは、
2007年に初登場した、
すべらない話でブレーク。

これまでに4回、
MVPを受賞。

そこまでには、
かなりの下積み時代があり、
26年前に、矢野・兵動というコンビで、
デビュー以来、数々の賞を取るも、
10年程は、月1回の営業があるかないか、
という不遇の時代が続いたそうだ。

そんな兵動さんが、
13年前、33歳の時に、
月1回、単独でトークライブを
始めたきっかけを、
つい先ほど知った。

私は今、ただただ、
涙が止まらなくて困っている。

兵動さんは、幼少期から、
父方の祖母と二人暮らしだったようだ。

wikipediaによれば、
兵動さんが1歳の頃に父が他界。
間も無く母が家を出たとのこと。

30歳くらいの時に、
その祖母が亡くなり、
一緒に暮らしてきた団地で、
一人暮らしが始まった兵動さん。

ある時、部屋にいると、
外で、怒鳴り声が聞こえてきた。

3階の部屋から見下ろすと、
祖母と仲の良かったお爺さんが、
ガキに絡まれて言い合いをしてた。

兵動さんは、ガキを怒鳴ろうとするも、
報復されるのではないか、と考え、
躊躇してできずにいた。

しばらくすると、おばちゃんが現れ、
ガキを叱りつけ、その場が収まったものの、
何もできなかった自分に腹が立った。

すると、玄関のチャイムが鳴った。

ドアを開けると、
そのお爺さんが立っていた。

亡くなった兵動さんの祖母へと、
手に持った花を差し出したそうだ。

兵動さんは、
その時に決めたそうだ。


「思ったことは
必ず、やろう。」


そうして始めたトークライブ。
今年で、39回目だそうだ。


先日のルミネtheよしもとのライブ、
458席は、全て完売。

立ち見エリアも満杯で、
熱気に包まれた会場。


2時間のライブは、
たった1分の休憩も無く、
冒頭の勢いを保ったまま、
夢から覚めるように終わった。


私は、ハンカチで笑い涙を拭き続けた結果、
終演後、トイレで鏡を見ると、
化粧が禿げ、眉毛が無くなっている有様ゲローDASH!



今日、寝る前に、
YouTubeで第1回目のトークライブを見ていて、
後半、19分に差し掛かった時、
少し、兵動さんの声色が変わって、
前述の、ライブを始めたきっかけが話された。


もちろん、しんみりしないように、
相変わらずの勢いとテンポで語られたけど、
私は、涙が止まらなかった。


あの日見たライブの始まりに、
そんなエピソードが隠されていたとは。


時代と流行りが合致して、
技術力の高さから売れる芸人さんもいる。


でも、兵動さんは、
さらに、愛される何かを持ってる、
そこが何か今風の芸人さんとは違う。


ルミネに来た人達は、
みんな「ひょうちゃん」が好きで、
会いたくて、来てるムードだった。


あの時、お爺さんから受け取った花は、
今、そのまま、兵動さんのお笑いに変わって、
たくさんの人に配られている気がする。


「思ったことは、必ず、やろう。」


↓良かったら、19分くらいに
着目しつつ、見てみてね!

AD