マカデミアナッツ・チョコにはまり、
どうにも止まらなくて大変である


なぜ今さら、このタイミングなのか、
さっぱり意味がわからないんだが、
とにかく、中毒的な進行具合なのだ


同時に。


毎食、もやしを食らうと言う
生徒さんを真似て、
もやしを常食にしてみたら、
意外にハマり、これまた定番に!


水分を摂ることが好きなので、
温かいスープにすると、
飽きずに続くこともわかり、
コンソメスープの素を常備して、
余った野菜をチンして入れるとか
これもまた段々、定番化して来た


マカデミアナッツ・チョコ
もやし
コンソメスープ


ワタシの日常で、
これらが参勤交代制の如く、
ルーティンする日々である



さて。



最近、納品させて頂いた、
エピソーディングアート。


ワタシ史上初、
6名様(+ワンちゃん2名)を
一枚のボードに盛り込んで描いた
チャレンジ感満載の作品である。


教室でもしばらく話題になった、
美男美女のご夫婦!

{5531EDF4-7E4C-41B0-9DAB-04B5856BA4AC}
 

ご依頼主のR様が、
お写真を見ながら、

「お祭り男」

と嬉しそうに紹介して下さった、
明るくて楽しいご長男様が、
皆んなを巻き込んで笑顔にしてゆく
ようなイメージが浮かんで来たの。


家族写真の中で、
ご長男様が叔母様の手を握って
写られているものがあって、

よくよく周りのことに、
心配りされる方なんだなぁと、
感じたなあ

{E3701C12-BBF3-45E7-8573-72BEB3EFC6E4}


印象的だったのが、
R様が全て手作りで
お洋服を作られていること


もともと、お母様が、
洋裁をされていらして、
小さい頃に着ていたお洋服は、
全て、お母様の手作りだったとか。


お母様が永眠されてから、


「洋服を作ってくれる人が
いなくなったので、
自分で作るようになったんです」


と、控え目に話されてたけれど、
その腕前がもはや達人の領域

{3FC55685-2657-4BDE-B247-FDB0609BD852}


中でも、とりわけ素敵だった、
ピンクのワンピース
を描かせて頂きましたよー!


R様が紡ぐ生地が、
息子さん達の手で
思い出の写真に変わり、
さらに現実に表れてゆく感じ。


{7ABF8C6B-BE66-4E70-AE46-22622E338AA4}


ご主人様が、沖縄で出会った
ウミガメに登場してもらい、 


いつまでも続いてゆく
ご家族の繋がり


をイメージしながら、
描かせて頂きました。


{B457183F-4E1A-4E9E-9AFC-7F343404819F}


エピソーディングアートを描く時は、

空間の気の流れ

を大切にしているのだけれど、
制作サイズが大きくなるほど、


「間」


とか、


「関係性」


とかが、入り組んで来て、
デザインがバシッと決まるまで、
ウンウン唸る夜を過ごしている


今回も、6人のご家族を、


どのように結ぶと
流れが良いか


何度もお写真を見ながら、
構成を練る作業を繰り返して、
ようやく、


空間を意識する


ことで帰着していった、
そんな感じであった。


木を見ず、森を見よ


ですな。


たくさんお話しを伺うので、
納品すると、ホッとする反面、
猛烈に寂しくなったりもする


ご家族皆様に、
気に入って頂けることを
心から願うばかりなのである。


以上、ハマスタ脇の、
モリバコーヒーからお届け


エピソーディングアート
みずっち、でした

{DC389C3B-3339-4D4E-B82E-9B9C33480F45}
AD