6年ぶりに、

 

大晦日に水餃子を作る使命ぎょうざカナヘイびっくり

 

を担うこととなり、

 

久々にドキのムネムネキュン

止まらないパー真顔DASH!

 

 

わんあん夜キラキラ

(晩安=こんばんは)

 

エピソーディングアート

Mizuka です

 

 

模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様

人生の願いをこめる「エピソード肖像画」

「エピソーディングアート」のHPはこちら→

模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様

エピソーディングアートの

オンラインショップはこちら→

模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様

新しいLINE公式アカウント

(12/2に発生したトラブルによりアカウントを再取得しました。)

模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様模様

 

 

今夏に、教室で「パンものマスター講座」を開講した時、

お昼、自分で握ったおにぎりおにぎりDASH!を出したら、

 

ちょっとした事件扱い

 

。。となって、

 

写メカメラを撮られ

LINELINEで共有される

 

...くらい、

 

料理をすると驚かれる私ひぃー!!ひぃー!!ひぃー!!びっくり

 

しまいにゃ

 

「先生、具の鮭は

どうやって焼いたの?」

 

とか言われえ!?ハッ

 

火で焼いたわ炎火 火曜日 Tuesday炎

 

 

そんなこんなで、

 

師(し)も弟(てい)も、

選びに選び抜かれた特定・個種の人材が、

おしゃれタウン横浜元町商店街COMME des GARCONSのはしくれに

ひっそりと佇む、机3つの小さな教室で、

日々、妙なやり取りを繰り広げているわけですが、

 

 

この度、「エピソード肖像画」を学ぶ

2つのコースを新設することに致しましたので

ご案内申し上げますおじぎthe GazettE

 

 

TV11/29放送・NHK「ひるまえほっと」に登場した

エピソード肖像画「エピソーディングアート」

 

 

お陰様で、この2年11ヶ月の中で、

関わってくださった生徒さんやお客様を始め、

多くの皆様の温かいご支援を受けながら、

来月で、3年という節目を迎えることになりました。

 

何事も、3年、5年、10年というのは、

さらに物事を精選していって、

本当に大切なものを見極めるタイミングだな

と思っているんです♡

 

これまでの私は、素晴らしい先人の方々

知恵や道のりからヒントを得て、

何とか、カタチにして生きている感じでした。

 

やりたいことはあるけれど、

まずは、世の中に出ること、

一人で生きられるようにならなくてはならない、

というのが何より先に立っていたんです。

 

 

ayaエピソーディングアートが出演した

NHK「ひるまえほっと」はこちら

 

 

でも、この3年を目前に控えた今、

本当に自分がやりたかったことを看板に掲げ、

それを何よりも愛して育みながら

人生を生きて行きたいと思うようになりました。

 

他を手放しても続けたいことって何だ

 

と、もう一度、自分に問いかけた時、

 

「エピソード肖像画」

 

だけが、ぽっかり胸に浮かんで、

それだけがキラキラと輝いていた

という感じですきらきら

 

 

「エピソード肖像画」は、

描く人の人生に思いをはせながら、

その人の心が響くもの、瞬間をみつけ、

ひとつの連続性のあるエピソードにして

作品にまとめていくアートです。

 

 

私自身の人生の体験から、

本当に辛い時、苦しい時、

自分を救ってくれるものは、

ごくごく素朴な願いだったり、

楽しかった思い出なのではないかということと、

 

「願い」は、目に見えるカタチにした方が実現しやすい、

と思ったことがきっかけで、

 

自分ができることで、少しでも、

描く人の願いをカタチにしていきたい

と考えるようになり、

エピソーディングアートの活動を始めました虹

 

 

ayaNHK横浜FMラジオ「横浜☆サウンドクルーズ」で

活動のきっかけや思いをお話しさせて頂きました

 

 

ただ、最近は、

私一人では制作が追いつかない時もあり、

もっと描ける人が必要なのではないかと

考えることも多くなってきました。

 

そして、きっと、

もっともっとアーティストが増えていくことで、

「エピソード肖像画」も個性豊かな作品

広がっていくようになるのではないか、とも

考えています。

 

 

エピソーディングアートのホームページでは、

今週、ひっそりと情報公開している、

「エピソード肖像画」コース →

 

 

コース設定は、2つに分かれています。

 

 

タママ二等兵のマークエピソード肖像画・基礎コース(全24回)

 

オーダー頻度の最も多い30cm x 30cmサイズの

ボードを制作します。

 

チョークアート似顔絵の描き方を含め、

お客様との対話の進め方、テーマの決定、

ストーリー展開のゴールを見据えた情報のまとめ方、

画像を使用したデザイン案の作り方、

下絵デッサン制作、デザインバックボード制作など

「エピソード肖像画」制作に必要な基礎的なノウハウを学びます。

 

 

 

絵筆 エピソード肖像画・アーティストコース(全24回)

 

ご結婚式のウェルカムボードとしての需要や、

人生の節目に記念の品としてのニーズが高い大型ボードの制作を行います。

躍動感のある人体のポージングと画面デザインの作り方、

複数のテーマを集約した構図設定の方法など

個人の持ち味を見極めながら、表現力や発想力の鍛錬を重視した

レッスン内容になっています。

 

 

 

 

 

人とお話しするのが好きな方、

絵本や物語が好きな方、

 

絵は初心者だけれども、

エピソード肖像画の意図に

興味を持ってくださる方、

 

新たな出会いと

ユニークな作品が育まれることを

心から願っております!!15

 

よろしくお願いいたしますきっしっしーパステルはーと

AD