福井県警は22日、市販のDVDを無断で複製し販売したとして、著作権法違反(侵害行為)の疑いで同県越前市文室町、福井新聞社文化生活部記者、堀一尋容疑者(36)を逮捕、自宅や同社本社など関係先を捜索し、パソコンや複製DVDなど約50枚を押収した。県警によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年2~10月、脳科学者の講演などを収めた8作品の複製DVDなど計23枚を無許可で販売し、東京都の制作会社2社の著作権を侵害したとしている。

 県警によると、堀容疑者は会社や自宅のパソコンを使ってインターネットのオークションサイトで購入者を募り、福岡や石川、東京など4都県の男性5人に1作品3千~9千円(定価約2万~14万円)で販売、計6万円を得たという。2社が昨年、県警に告訴していた。

 福井新聞社の青山直弘総務局長の話 「誠に遺憾で、報道機関として重く受け止めている。今後、事実関係を確認し厳正に対処する」

【関連記事】
「ゲームセンターCX」DVD 複製・販売で逮捕
Wiiの海賊版ソフトを販売 本体も海賊版仕様に改造
「仮面ライダーキバ」マスクをネットで無断販売、1千万円稼ぐ 容疑の男逮捕
「アバター」海賊版DVD販売で男を逮捕
映画違法配信疑いで逮捕、「P2P観測システム」使い全国初

皇太子さま、スウェーデンへ ビクトリア王女の結婚式にご参列(産経新聞)
党本部推薦に県連反発、自民が宮城で分裂選挙へ(読売新聞)
<詐欺容疑>小宮山泰子議員の兄逮捕 宝くじ販売権売却話で(毎日新聞)
農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
民主内に首相責任論も=普天間、県内移設で(時事通信)
AD