宮崎県は26日、口蹄疫(こうていえき)問題を担当する県農政水産部の高島俊一部長(58)が過労や心労による体調不良で入院したため、同日付で県参事に異動させたと発表した。当分の間、河野俊嗣(しゅんじ)副知事が同部長職を兼務する。

 県によると、高島部長は県対策本部の事務方トップ。24日から宮崎市内の病院に入院し、休職していた。約1か月の療養が必要という。

 高島部長は22日未明、主力級種牛「忠富士(ただふじ)」の感染を発表した際、「心配で昨日も眠れなかった」と憔悴した顔で話していた。

福島党首、沖縄知事と午後会談=普天間・辺野古反対で連携へ(時事通信)
<姫路独協大>法科大学院の廃止決定 在籍者の修了後(毎日新聞)
<岡本倶楽部>出資者の弁護人、破産手続きの開始を申し立て(毎日新聞)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
<乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
AD