29日午後5時45分ごろ、大阪府高槻市東上牧3の淀川右岸堤防の斜面で、ビニール袋に入った遺体を通行人が見つけた。10~40代の女性で、身元など詳しいことは分かっていない。大阪府警は、死体遺棄事件として捜査本部を設置する。遺体は首を絞められたような跡があることから、殺人容疑も視野に捜査する。

 現場は阪急京都線上牧駅の南東約500メートルで、住宅街のそば。白っぽいビニール袋から、スニーカーを履いた足が透けて見えていたという。遺体は衣服を身に着け、切断はされていない。ビニール袋を数枚つなぎ合わせた大きな袋に、ひざを折って、腰を曲げた状態の遺体が入っていた。ビニール袋は草むらの上に置かれていたという。

【関連ニュース】
死体遺棄:竹林から男性の白骨 川崎
遺体発見:車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野
金沢切断遺体:韓国・済州島出身の女性と断定
スーツケース遺体:逮捕の男「遺体は韓国人」と供述
スーツケース遺体:男が出頭、関与ほのめかす…石川県警

<サッカーW杯>ツアー業者と連絡取れず 相談相次ぐ(毎日新聞)
逃走車絡む事故で2人死亡=信号無視でパトカー追跡-愛媛県警(時事通信)
<口蹄疫>人、車両での伝播の可能性示す…専門家委委員長(毎日新聞)
<連合>小沢氏との蜜月関係に変化 微妙な距離感 (毎日新聞)
GW 成田空港、出国ラッシュがピーク…4万6200人(毎日新聞)
AD