自民党の若林正俊・元農相が参院本会議で「代理投票」した問題について2日、与野党双方から「辞任は当然だ」との声が上がった。

 菅副総理は閣議後の記者会見で、「国会の決議が本人の意思と関係なく決まることがあれば、議院内閣制が根本から覆る。考えられないことだ」と批判した。

 鳩山首相は首相官邸で記者団に、「大変驚いている。国会でこのようなことが起きるとは、全く想像もしていなかった」と語った。

 社民党党首の福島消費者相は、若林氏が自民党の青木幹雄・前参院議員会長の投票ボタンを押したことを踏まえ、「青木氏も勝手にボタンを押されたのか、頼んだのか。(若林、青木)両氏が経過も含めて説明すべきだ」と記者団に語り、詳しい説明を求める考えを示した。

 自民党も「若林氏を擁護することは出来ない」との立場だ。尾辻参院議員会長は記者団に「あってはならないことが起きた。本会議での投票は、私どもに投票していただいた何万、何十万人の思いを背負っている。他人の投票を勝手にすることは断じて許されざる行為だ」と強調した。大島幹事長も、「誠に残念だが、政治の信頼、道義感が問われている時に、こういう処置をするのは当然だ」と語った。

 みんなの党の渡辺代表は記者会見で、「国会議員は国民の代表だ。他人の投票ボタンを押すというのは、そうしたルールを無視するもので、『魔が差した』といって言い訳できる話ではない」と述べた。

阿久根市職労が市役所から退去=使用許可めぐり、提訴の方針(時事通信)
北海道で震度3(時事通信)
<福島消費者相>国民生活センター理事長の適任者なし  (毎日新聞)
平野官房長官、沖縄知事と今夜会談=普天間、検討状況説明へ(時事通信)
片町線遅れ3万2000人影響(産経新聞)
AD