1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-06-15 11:56:45

みなぎる情熱 自信

テーマ:ブログ
STORMY DUDE FESTA

ご来場頂いた方有り難う御座いました。

おかげ様で最高に楽しかったです。
入場制限で観れなかった方もいたようで申し訳ないっす。

今年で三回目
毎年出させて頂いておりますが
毎回楽しくて
今回も最高でした。

色んなバンドを観ましたが皆さんめっちゃいい感じでした。
私的ベストアクトはMILK COWでしたw

最高っすね。

打ち上げはいつものごとく盛り上がり
酔っぱらって気付いたらSLANG,RAZORSEDGE,BACHO,PALM,MILKCOWの面々で朝6時。
ちーんでした。

あー楽しかった。
ありがとうございました。


昨日はHOKAGEにてNOT2BELIKESOMEONEとbachoを観に行って来ました。

NTBLSは新曲披露してました。格好良かったです。
LIVEも抜群でした。
ここ半年は特に良いLIVEかましてます。

昨日はいつもにも増して
メンバーみんなのグルーブが増して
一体感というかパッションが塊に成って飛んでくるというか
いい感じで最高でした。

そして今、乗りに乗っているbacho
NEWアルバムが出てから始めてみましたが
もともとあるバンドの良い部分に
さらに自信が、絶対的な自信がにじみ出ており
もう貫禄すら感じる程最高のLIVEでした。
”高砂”が聴けて大満足です。

彼らがもっともっと大きな舞台に出て行く事を確信したような夜でした。

昔から知っているバンドが
目標とする場所や
理想とする音を体現して
何かを達成して行く様は
ほんまに最高やなーっとしみじみ思ってお酒を飲みました。
良い夜でした。


最近色んな人と話す機会があり
というか
相談に乗る事が多くあり

その話の中で
三島由紀夫のこの言葉の話が出てくる

「傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。」

まさしく

力抜いて、無理せず
等身大で行きましょう。


では。



AD
2015-06-12 09:14:38

野球の話だからね

テーマ:ブログ
あいにくの天気ですが

週末は晴れそうですね。大阪。
昨日久しぶりに家で野球のバットで素振りをしたんですが
動画で撮ってみたら自分のスイングの鈍さ、遅さに驚愕して
しばらく降り続けてかつてのスイングスピードを取り戻そうと思います。

なんのため?とか言うのは無し系の方向で。

野球の話を真顔で始めると
そこにいるみんなが少しずつ心を閉ざして行くのを僕は知っています。

別に野球を好きにならなくても良いですが
子供には野球をやらせてほしい。って思います。
その理由は

究極のチームスポーツでありながら
究極の個人スポーツでもある
両方を同時に経験出来るのが野球です。
人生勉強にはもってこい。

守るときはみんなで守り
有るか無いか分からない仲間のミスの為に毎回バックアップに走り
連携を必要とし
瞬時の判断力を必要とし
信頼を必要とします。

攻めるときは
バッターボックスでは1人です。
一対一の戦い
しかもその試合のヒーローに成れるチャンスが均等に打順として順番に回って来ます。
チャンスだから一番能力の高いお前が打て!とかは出来ないんです。

こんなスポーツは他にはありません。
もちろん他のスポーツも大好きですし、素晴らしいと思います。
野球がほかと比べてどうとかという話じゃなくね。

そしてやっぱり
時間制限の無い競技ということも特殊だと思います。
1イニング3つのアウト
トータル27個のアウトを取るまでは試合は終わりません。
あきらめるな!という声援が最もしっくり来る競技です。

プロ野球にはもはやそういう精神は薄れてしまって存在しませんが

WBCや高校野球は負けたら終わりという厳しい戦いなだけに
奇跡の大逆転が起こるんです。

ぜひともお子様には野球を。
ま、嫌いならしゃーないけどね
しらんけど

さて
バカ話でわーわー言うとりますが

いよいよ明日は
STROMY DUDES FESTA 2015
ですよ!

アメ村で行われる祭り。
祭りです。
毎年参加させてもらってますが
打ち上げまで最高やでな!

みんな遊びにこいよーて!

我々はCLAPPERの19時!!!




AD
2015-06-10 09:43:49

尊い人のつながり、歩んで来た道。

テーマ:ブログ
おはようございます。
梅雨やだねー。

人生の山と谷をひたすら繰り返す暮らしに嫌気がさしつつ
絶望しながらも孤独と向き合いながら一歩ずつ確実に進む毎日を
なんとか紛らわせて楽しくならないもんかと
思いを巡らせております。

大丈夫みんな乗り越えてる
俺だってやれる


昨日ある友人のFBをみて思い出したので書きたい事があります

先日、僕の友人が闘病の末亡くなり
その彼とのお別れのために葬儀に参列したんですが
その葬儀は仏教式で
もちろん坊さんがいまして

この坊主がお経をひとしきり唱えた後
参列者の方を向き
故人の事を話し始めるんですが

どうやら故人の家が檀家で
小さい頃から地域にあるお寺の住職らしい
小さいころの故人の話を振り返ったり、どんな人生だったかと言う事を話し始めるのだが、

だがこの坊主は話の中で何度も故人の名前を思い出そうとするが思い出せず
遺影に向かって思い出そうとするが全く出てこず
”彼”という表現で大して中身の無い話をくどくどとする訳です。

こんな事をお別れの場で思いたくもなかったが

席を立って
”お前に彼の何が分かる!彼が何を目指し、何に努力を重ね、どんな夢を持って生きて来て、どんな仲間に支えられ、どんな無念を抱えたまま死んだか、どれだけの人に笑顔を与え愛されて来たか、いったいお前に何が分かる?お前に彼の人生を語る資格など無いわ!!!!!”


とどれだけ言いたかったか。(※言ってません。脳内で何度も言いましたが)
こんな奴に個人の最後に触れられた事がたまらなく悔しかった。

信仰を持つ人
宗教そのものに批判的な考えは全くありません。
個人の自由です。

それに対してとやかく言うつもりは無い。

ただ
人の人生は
突然現れて
適当な上辺だけの言葉で送れる程、安くもなければ軽くもない

適当に喋って
適当に形式をなぞって
金貰って帰って行くような
そんなモノに穢されたくなんかないから

おれが死んでも
宗教式の葬式なんかしなくていい

俺の事が分かっている
俺って言う人間をちゃんと知っているみんなに
普通にみんなに、仲間に見送ってもらうだけの
でっかい打ち上げをやってほしいと
本当に心底思ったって話。




AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇