GWも今日が最後。今日は昼から打合せ。明日は通常の授業と協会の理事会。そう、あすからは通常、そのままの一日を迎える。


「そのまま」とは、文字通り、そのまま、ありのままのことであって、その姿こそが「大道」であると言うことです。


そのままと言うのは、例えると私たちが道を歩くとき、左の足より先に出そうとも、右の足から出そうとも思わず、ことさら歩こうとも思わず、歩くまいとも思わず、ただ、歩いているごときものであって、このときは歩くということのほかに、別に我はなく、実に無念である状態です。


その我を放れて、無念のところが、本来の姿、すなわちありのままであるから、別に特段難しいと言う訳ではないのです。歩くは自然に姿であってまことに容易いことです。


ところが、ひとたび、我と言うものを立て、我という分別を加えてみると、甚だ窮屈なものになるものです。いま、左の足を出したのだから、今度は右の足を出さねばならぬなどと考えながら歩く者があるとしたら、その歩くという行為は大変、難儀なものとなるでしょう。


人造の道と言うのがあるならば、いとも簡単なことを難しく考え込んでしまうものです。あ~でもない。こ~でもないと言う考えが道に迷うこととなるのではないでしょうか。


禅の言葉に「平生心是れ道」と言う教えがあります。「飢え来れば飯を喫し」「困じ来れば眠る」とも言うそうですが、これはすなわち「平生心」であり、これこそが普段からの道であるからこそいと容易いと言うものです。それをまだ、腹も減っていないのに時間だからと言い腹に飯を入れるから余計な栄養をつけることになるし、別に眠くないけど、何もやることがないからと昼間から寝るから昼夜が逆転したりと後々、道を外すこととなるのです。


人の踏むべき道とは自然の大道であります。日々、当たり前にある当たり前の姿、そのまま、ありのままであることが人の道なのです。わざわざ、道々を造り迷うこと勿れなのです。自然に生きる道の他、別に道はないのです。


そのままなるところが自らの大道であります。


公園1

AD

美しい言葉

テーマ:
人と言う「文字」は右と左で支えあっている姿、そのものです。文字通り、人間は支え合いながら心を寄せあって生きていくものです。


その心を寄せ合う最高の手段を人はその国の持つ最も美しい言葉で知っているのです。


日本語であれば「ありがとう」と「はい」と言う日頃から使い慣れている言葉ですが私が最も美しいと信じて已まない言葉こそ「ありがとう」と「はい」なのです。


職場でも、家庭でも、学校でもこの言葉が頻繁に交わされていれば、その集団の人間は素晴らしい関係を自然と築く事ができるのです。

しかし、今、自分の周りでこの言葉が頻繁に遣われているのだろうかと問いてみると甚だ、疑問になることばかり。もちろん、私自身も言うべきときに間違いなく「ありがとう」を言っているのだろうか。今一度、日々の生活の中で考えてみたい。


例えば、私が職場で自分の部下にちょっとした用を頼む。「資料をプリントアウトして持ってきて!」「コピーをお願い!」部下が私の指示の通りに仕事をしてくれたとき。私は「ありがとう」と心から感謝しているだろうか。


部下や生徒さんが「はい!」と言う気持ちの良い返事を返してくれるが私はそれ以上に気持ちの良い「ありがとう!」を心で唱えているだろうか?


「はい!」の言葉には相手の心に迫ると言う意味があります。部下や生徒さんが私の心に迫ろうと気持ちよい返事をして下さいます。私はその気持ち以上の「ありがとう!」で相手の心に寄り添いたいものです。




1365470154647.jpg

1365395306007.jpg