2016年02月10日

鉄筋挿入工のセンター確保の創意工夫

テーマ:ロックボルト工
みなさん、こんにちは。

エンタです。

最近指摘されて気がついたのですが、エクセルで連続計算させてしまうと(関数使って)少数点の部分で微妙に数字が変わってくる事がわかりました。

配合表のなのですが、手計算で計算すると数キロ単位で変わります。

それを解決する策は今のところ無いのですが、関数を使わず、1個1個手計算のようにセルのかけ算、割り算をしてなおかつ少数点を注意しなければならないようですね・・・・

エクセルの少数点には注意しようと思います。

なので、現場配合表は新たに作り替えようと思います。

暫くお待ち下さい。

ご指摘下さった方、ありがとうございます!

正直、間違いは指摘して下さった方が助かります。

どんどん言ってください!メールで結構ですので、随時対応します!!

よろしくお願いします。




閑話休題

鉄筋挿入工において、

削孔→綱材の挿入→注入→頭部処理

となるわけですが、

注入後に必ず職人さんがボルトの下に小石、やクランプ挟んでませんか?

うちでもそうなのですが、孔の真ん中に鉄筋を持ってこないと頭部処理の位置がずれてしまうので見た目が悪くなります。

また、配置誤差測定でも管理値が悪くなります。(移動値の測定 √X2+Y2)

そこで、クリップスペーサーの登場です。

注入打設の前後にパチッとはめてピンコ立ち!
クリップスペーサー1

ほぼセンターにきてます。
この写真はφ65タイプです。
クリップスペーサー2

どうですか?この立具合は!

クリップスペーサー3

削孔径90用もあるんですよ!!

ここで、メリットとデミリットを紹介します。

デミリット
1,箱抜きが塩ビだとツルツル滑るので固定が出来ない(クリップスペーサーを塩ビよりも下に下げれば回避可能)
2,スペーサーと別にコストが掛かる
3,先端使用時はパッカーが使えない(パッカーが破れる恐れあり)
4,削孔径65㎜で鉄筋径がD25、D29だとナンダカナ~ってなる。(ココは石でも・・・)
5,施工計画や、材料承認、ミルシート等の書類の手間が増える。
6,材料発注がボルト材と別なので面倒
7,孔内の土目が柔らかいと若干沈む傾向にある。
8,削孔径90の場合、先端に付けると若干引っかかる時がある。
9,他のスペーサがぶら下がった状態になって、ナンダカナ~ってなる。


メリット
1,確実に鉄筋が浮く
2,配置誤差測定時の測定値がほぼゼロとなる。
3,創意工夫で使える。
4,小石を探しに行く事が無くなる。
5,クランプを外し忘れて、足場屋さんに謝らなくてイイ。
6,先端に付けると、ケーシングと共上がりする事が少ない。
7,4mのボルトでも先端と後ろに付ければ、真ん中は浮いている。
8,材料はドブ付けメッキなので錆びない。
9,役所の評価は非常に良い(ネクスコ、国交省、県土木での試験施工での実績有り)
10,打設位置さえ間違わなければ一直線にとおる。
11,曲がりそうだが、硬くて曲がらない。
12,場所によってはもう少し下げたい場合は、クリッパーで切れる。
13,取付はかなり簡単。



そんな感じです。

と言う事で、販売店は↓↓↓です

自然応用科学 株式会社
法面緑化資材グループ
TEL:052-212-1441
FAX:052-202-0499
URL:http://www.shizen-ok.co.jp/
norimen@shizen-ok.co.jp



必ず法面緑化資材グループは付けて欲しいとの事でした。

値段や数量なのどの相談は各会社で行って下さい。

と言う事で、今回はこの様な商品もアルヨ的なご紹介でした。


そして、ホームページを公表後、アクセスして頂いた方!

ありがとうございます。


アクセスあると凄く嬉しいですwww

今後ともよろしくお願い申し上げます。


それではまた。





塩田開発株式会社HP




Androidスマホ専用CADソフト
ヘロンズケイはこちら!


ブログでは載せてないちょっとした事をFBではどんどん出してます。
リアルタイムに返信も出来るのでお試しあれ

エンタの法面管理塾Facebookページ



施工・施工管理・設計・求人に関するお問い合わせ、ご質問はこちらにお願いします↓
法面工_エンタ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

エンタさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:何故ダイヤルゲイジをつけるのか?

>SATOUさん

いつもありがとうございます。

ロックボルトにおいてのダイヤルゲージと言う事でよろしいですか?

その方向で書きます。

端的に言いますと、荷重が掛かっている状態で付着切れ(抜け)を確認するためだと思われます。

基本鉄筋は伸びませんが、テンションバーを取り付けてジャッキをセットします。
伸びる部分はテンションバーと鉄筋の出ている部分です。法枠や吹付面よりも地中側は全面定着なので伸びません。

そのテンションバー+鉄筋の頭部10㎝程度が伸びることになりますが、数ミリ以下です。

荷重が掛かっている確認にもなるため、その様なことになっていると思われますが、実際ネクスコ等でもなぜかと聞くと、正確な答えはもらえません。

私はダイヤルゲージを使わずに1/100デジタルノギスで計るようにしています。

その方が正確です。

今後ともよろしくお願いします。

3 ■何故ダイヤルゲイジをつけるのか?

なぜダイヤルゲイジが必要なのか

2 ■Re:クリップスペーサー

>kazunorimenさん

いつもありがとうございます。

最近の創意工夫は役所的にどうでもいいような感じですよね。
私もなんだかなーって思いますよ。
役所が創意工夫を加点の対象としているのに、やるだけやってそんなの当たり前的な方もwww

創意工夫も微妙な立ち位置になってきましたが、業者としての技術はアゲアゲで行きたいですねw

今後ともよろしくお願いいたします。

1 ■クリップスペーサー

鉄筋挿入工での創意工夫提案が無いっていつも思ってました。このスペーサーは使えるかも(^_^)
ただ最近は役所の方も理解力も薄く、やって見たばっかで終わる事が多いですね~(=_=)
自分は、挿入後にラスピンで頭出寸法と角度を合わせて結束固定してます。
クリップスペーサー提案してみます(^o^)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。