今日はPerfume『JPN』ツアー福岡国際センターに参加しました。
国際センターは相撲の福岡場所の会場なだけあって四角い箱!しかも超コンパクト!スタンド席でしたが、単なる木の階段に座ってる感じで、三人スペースだったんですが、これってホールなら二席分だよねってくらい狭かったです。
でもその分スタンド席でもめっちゃ近くて、大興奮でした。スタンド席でも充分近いし、アリーナ後ろでもどっかの花道にはまた近いから、ある意味『福岡は全てがネ申席』だと思います。もう一度大阪城ホールに参加しますが、福岡以上の席はありえないと思う(もしきたらそれこそネ申)ので、今回福岡行ってほんと良かったです。
今回のライブ、レーザーがまた効果的で、わたしゃあんな綺麗なレーザーショーを観たことないですわ。それがまたPerfumeの曲の一音一音にシンクロして動くのがまた堪らんです。福岡の会場がコンパクトな『箱』だったからか、中がキラキラしたレーザーとキラキラした音で埋めつくされてる大きな箱の真っ只中にいるって感覚がしました。

Perfumeはやっぱ良い。パフォーマーはPerfumeの三人だけなんだと思うとそれもまたすごいことだよね。東京ドームでもダンサー入れずに三人だけでやったんだもん、その辺のぶれない感じ好きです。

アルバム『JPN』を初めて聞いた時、泣いてしまった曲があるんですが、ライブでもその曲で泣いてしまいました。この曲、イントロの演出も良いんですよぉ~!
ミッチーのワンマンショーでいうとバラードからの『funky music』がキターって時の感じと似ていて、曲はキラキラなのに泣けてきます。そういうデトックスって大切だなって思います。

AD