それぞれの明日へ~高校サッカー選手権決勝

テーマ:
今日、青森山田ー前橋育英で決勝が行われる。
テーマソングは家入レオ、「それぞれの明日へ」
今大会も素晴らしい大会だった。
今の小学生の就きたい職業の第一位は7年連続でサッカー選手だそつだが、将来なれなくても、仲間を信じて積み重ねた時間は必ず自分の励みになる。


AD

アマ超強豪が道場破り!?

テーマ:
日曜日の午後、いつものように道場に行き、月会費を支払った。
席主から、今日初めて来た人がいて、アマ強豪のようだ、と伝えられた。
氏名を検索すると、確かに超強豪のようだ。
同性同名かもしれないので、過去の将棋世界を調べると、2014朝日オープンで、I四段と対局している写真を発見!
間違いない、東京都出身のS氏だ。
道場常連の人たちでは歯が立たず、全員強さに圧倒されていた。
道場破りではなく、仕事の都合でふと立ち寄った、とのこと。
対局の合間にいろいろ質問できて有意義だった。

また、是非来てください。
AD

知の進化論 野口悠紀雄 朝日新書 2016

テーマ:
昨年大晦日、退屈で書店に行き手にとったのか本書。
2045年問題を取り上げていて興味深く読んだ。
シンギュラリティ=技術的特異点が起こり、人口汎用知能から人口超知能に進化し能力が四倍になり、ナノテクノロジーを駆使して、人類を征服しようとする。

(実例)
スタックネット=人口知能的ウイルス=アメリカとイスラエルにより開発されたウイルスが、イラクの原子炉を故障させた。

(引用資料)
ジェイムズ・ブラッド
人口知能=人類最悪にして最後の発明 (2015 ダイヤモンド社)
AD

AIの衝撃~人口知能は人類の敵か~

テーマ:
小林雅一著 講談社現代親書 2015

人口知能が人類を征服してしまう2045年問題について詳細に記述されている。
第4章 人間の存在価値が問われる時代
では、将棋ソフトが近年急速に強くなった要因の、評価関数における機械学習の内容について述べられている。
知的好奇心旺盛な人は是非一を。

明日に希望を~みんながみんな英雄~

テーマ:
大晦日、夕食を済ませてウトウトして目が覚めてからベートーベン第九を聴く、定番だ。
その後、紅白を見た。
11年ぶり出場のAIがアカペラの人たちと唄う「みんながみんな英雄」に感動した!
オーディエンス、アーティストみんな楽しそうだ。
大人になったねAI

聖の青春見てきた

テーマ:
何ヶ月かぶりの更新、ご無沙汰してます。
今日12月1日、映画の日に休み取って「聖の青春」見てきた。
現役棋士の出演は4人。三人まではわかったが中村真梨花女流はどこに出演していたのかわからなかった。
羽生善治ファン必見!東出将大は生き写しのようにクリソツ、参りました。
大崎編集長役の筒井道隆好演。
迫力満点の対局シーンの連続にあっという間にエンドロールを迎えた。
主題歌の秦基博「終わりのない空」が心に突き刺さった。

「時よ止まれ、お前は美しい」(ゲーテ「ファウスト」)

H少年の新手

テーマ:
道場に来るようになって3か月くらいのH少年は、先日の級位者大会(4級獲得戦)で優勝した逸材。
また二年生だが、一人で将棋本を見ながら棋譜並べをしている。
振り飛車対居飛車の急戦の将棋を並べているときに、局面を止めて、どう指すか聞いたところノータイムで桂を置いた。



この一手前の局面は手が広く、結論も出ていないと思うが、それにしてもこの手は初めて見た。
末恐ろしい少年だと、脇の下がうっすらと汗ばんだ。

【将棋竜王戦】丸山九段の食欲復活!

テーマ:
竜王戦挑戦者決定三番勝負
第一局、三浦九段ー丸山九段は丸山先手で横歩取り▲6八玉型。
三浦九段は一旦8四に引いた飛車を8五に浮く趣向を見せ△7五歩から歩交換を果たす。
丸山九段は▲6九に玉を引いて闘いに備える。
端歩の交換をしてから丸山九段が動かなくなった!
83分使って昼食休憩。
長考も凄いが昼食の注文も凄い。丸山九段は冷やし中華に天ざるそば!
写真

三浦九段は肉豆腐定食にモチ追加。
炭水化物ダブルプラス天ぷら!
ここまでやるのなら丼も追加して炭水化物トリプルを決めてほしかった。

挑戦者になれば、タイトル戦で負けてもこれまでの対局料・賞金プラス1750万円がかかっている大一番、食事もスケールが大きい。

※夕食は両者仲良くヒレカツ定食



【将棋】振り飛車トリオ揃いぶみ

テーマ:
昨日の叡王戦九段予選、藤井九段ー久保九段をニコ生で見た。
久保九段は居飛車で迎え撃ち、振り飛車退治の達人でもあることを見せつけた内容だった。
解説は鈴木八段、かっての振り飛車トリオ揃いぶみである。

鈴木八段のトークは抱腹絶倒
「藤井さん手つきがぞんざいですね、もう諦めてますね」
「自分は手が見えない日はアマ二段くらいで笑ってしまうくらい弱い」
「40過ぎてから逆転負けがあまり堪えなくなった。死のうとか思わなくなった」

プロは大変だ。