しばしの

テーマ:

寒さがますます厳しくなってきましたが、

まだ綿のコートでしのいでいます。

もうダウンを着てしまったら、この先の一層の寒さに対処できないという怖れで、ダウン解禁は12月と決めています。

ボジョレー解禁どころじゃないです。こっちは体調がかかってます。



こんなやせ我慢が一体なんの意味があるのかとも思いますが、とにかく、ケジメです。ロングダウンを着ている中国人をみては、

「根性ないな・・・」と心の中でケチる心の狭い私・・・


寒さは人の性格を捻じ曲げるような気がします。



北京の寒さに対するトラウマは留学時代に植え付けられました。


普通、北京は暖気が十分にきいている街なので、

うちの上司の言を借りれば「冬の部屋はハワイだよ~♪」のはずなのですが、私の住んでいた大学の寮、少なくとも502の私の部屋は暖気がほとんどききませんでした。


朝トイレに行くと、トイレの窓の【内側】に【逆ツララ】ができていて、

それを初めて見たルームメートはギャーーーーッと悲鳴を上げていました。


電気暖房の持ち込みは安全上の理由により一切禁止になっており、部屋の掃除で持ち込みがみつかった留学生仲間達は容赦なく没収されていました。まったひどい話です。


公共の台所が夜9時まで(9時以降は鍵がかけられます)なので、私とルームメートは夜9時ぎりぎり前にお湯を沸かし、ルームメートのお母さんがわざわざ私の分まで送ってくれた湯たんぽにお湯をいれて毎晩寒さをしのいでいました。

たまに管理人が早めに閉めてしまうと猛然と抗議をして開けてもらったりもしました。


その年は、後から聞いたところによると特に寒さの厳しかった年のようです。


「万里の長城で初日の出を見た~い」という電波少年的?(懐かしい)私の命知らずな発言により、ありがたい仲間5人で決行したところ、長城は猛吹雪。ほうほうのていで寮に帰ると、長城行きを断固拒否した友人がお雑煮を作って待っててくれて、涙を流しながら食べたのも今となっては良い思い出です。


そんなわけで、年明け早々日本人の留学生仲間は卒業証書なんかどうでもいい、早く日本に帰りたいといって、続々と北京を離れ、寒さに身も心も虫ばまれ(?)勉強も中国もどうでもよくなっていた私も正月明けに逃げるように日本に帰りました。


一方今回の北京は留学時代とは違います。

何といってもあの極貧留学時に比べて断然の「財力」があります=3

寒さを避けるなら金に糸目はつけません。世の中カネです。

いつくるかも知れないバス停で目に涙をためながらバス待つ必要もないし、暖房がほしければカルフールへすっとんでいきます。


・・・やっぱり寒さは心を歪めるんでしょうか。




AD

無題

テーマ:

最近マンションの近くに「卓球・バドミントン館オープン!」なる垂れ幕がかけられている建物があるのに気付きました。

でも、どうみても、建物自体は前からあったもののはずで、

高さもそんなにないので本当に体育館らしき施設なのかどうかは謎です。

中国ではバドミントンは日本に比べてずっと市民権(?)を得たスポーツなので、これぐらいの妙齢の女子がやっても厳しい目で見られなさそうなので是非やってみたいのですが、いまのところ仲間がいません。


さすがに一人でできないスポーツなので、だれかミントン仲間がほしいんですが、まだこちらにきて友達とよべる新しい友達もいないので寂しいところです。








昔の国民党官僚の公邸で(西寧)


写真に写っている女性が履いていた赤い靴

纏足の時代なので、長さわずか10数センチほとでした。

女性は三日月のような眉をしたとても奇麗な人でした。


AD

浮世絵展

テーマ:

前から行こうと思ってた浮世絵展、

いつも週末に用事がはいってしまい、なかなかいけません。

オープニングに出席した上司から展示品がぎっしり収められた

ブックレットを借りました。

めちゃくちゃいいですこれ!もちろんオールカラーで1ページ1作品の

豪華さです。一人で興奮してます。






私の大好きな国芳も数点載っています。

しかも忠臣蔵の夜討の図もあり!


絶対見に行きたい。だけど今週末も無理だな~涙

地元の人にはぜひ見に行ってもらいたいです。

AD

テーマ:

暖気解禁日まであと残すところ3分です。

しかし実際に部屋が暖かくなるのは昼ごろからなのではないかと聞きました。とにかくそろそろ限界です。


日本なら今頃の季節であれば京都に遊びに行きたいところですが、

北京でも近場で紅葉は楽しめないのでしょうか?

香山公園が有名だと聞きましたが、

この季節は渋滞で混雑しているようです。


手軽に見つけた秋↓

三里屯のイチョウ並木です。

人をほとんどみかけませんでした。








そろそろお茶の勉強をしたいと思っています。


最近買った急須と小皿です。かなり気に入ってます。

欠けたり割ったりしないようにしないと 汗

気に入っているものに限って割ったりするので。


小皿は北京の昔の風物詩を描いたもので、10種類ぐらいあって迷いに迷いました。






蓮池で釣りをして遊ぶ子供の様子が描かれています。



最近の出来事

テーマ:

しばらく自分のブログの存在を忘れていました。


先月は西北地域に出張に出かけており、

それがハード極まりない移動だったので、

北京に戻った後すぐに体調を崩し、しばらく鼻水垂らしながら仕事をしておりました。


最近は北京にきて初めて我が家で、事務所の日中女性スタッフを招いての鍋パーティーを決行しました。

下班直後にみんなで歩いて我が家に向い、

まずワインで乾杯をした後、飲みながら総出で鍋の用意をしたのですが、女性みんなでテキパキ用意して、こういう気楽なパーティーは本当に楽しいです。

やはりローカルスタッフとはランチだけではなく、

家に招いてみんなでわいわい楽しみながら食事をするのもたまには必要だなと思いました。



先々週は魯迅博物館へ足を運びました。

藤野先生の銅像がありましたよ。

魯迅の故居はたしかわずか2,3年ほどしか魯迅は暮していなかったようなのですが、

当時魯迅が使っていた机や愛用品が窓の外から覗くことができました。


裏庭から見上げた空


魯迅の家の小さな裏庭から見上げた秋の空です



魯迅の机


魯迅の机 籐のイスは使い込まれて光沢が出ています。

魯迅故居

四合院造りの小さな中庭。

映っている木は魯迅が植えたものだそうです。


藤野先生

藤野先生。今年寄贈されたようです。

魯迅


そのあとは博物館からすぐの官園市場へ。

犬猫、コオロギ、金魚などの市場です。

コオロギの闘いを見たかったのですが、見かけませんでした。

コオロギは沢山売られていましたが、時期がちょっと遅かったのでしょうか?残念。