北海道教職員組合(北教組)による政治資金規正法違反事件を受けて、民主党内で1日、国会審議や夏の参院選への影響を回避するため、小林千代美衆院議員(北海道5区)の議員辞職論が強まった。

 党幹部は「陣営の実質的な会計責任者が逮捕された以上、議員の職にとどまるのは厳しい」と語った。

 小林氏が今月15日までに辞職した場合、公職選挙法の規定により、4月に補選が実施される。ただ、「政治とカネ」が争点になれば、同党への逆風が予想されることから、執行部は16日以降の辞職としたい考えだ。

 鳩山首相は1日夜、首相官邸で記者団に「遺憾だ。政治家と(労働)組合とのかかわりの中でこのようなことが起きることは深刻に考えるべきだ」と語った。

「1円領収書」見直しへ 与党、3月末の政治改革協議を確認 (産経新聞)
<酒気帯び容疑>自称音楽家を逮捕 栃木県警(毎日新聞)
自民・松田参院議員が離党届(産経新聞)
東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
切断ロープ残し自殺偽装=保険金1億数千万、5人で山分け-自衛官の夫殺害・宮城(時事通信)
AD