民主党の小沢幹事長は21日、松江市で記者会見し、夏の参院選について「2、3(選挙区)は残るかもしれないが、来週早々にできるだけすべての候補者を決定し、党として選挙態勢に入りたい」と述べ、3月1日の常任幹事会で第1次公認を決めて選挙準備を本格化する方針を明らかにした。

 また、参院選島根選挙区(改選定数1)に元地元民放アナウンサーの岩田浩岳氏(34)を擁立することを正式に発表した。小沢氏は、同選挙区で5選を目指して出馬する自民党の青木幹雄・前参院議員会長(75)について「時代的役割は終えた。自民党体制、旧体制を代表する人だ」と述べ、同選挙区について「最重点選挙区として支援態勢を組む」と語った。

 自身の資金管理団体を巡る事件については「候補者が決まれば全国を行脚するつもりだ。疑問があれば答えていきたい」と述べるにとどめた。

半島有事密約「現在は失効」=新見解の検討に着手-政府(時事通信)
元試験委員に罰金=看護師試験漏えい-広島簡裁(時事通信)
高速道無料化 海外では 渋滞回避が大原則/混雑課金導入も(産経新聞)
<JR京浜東北線>品川駅で男性転落し死亡 3万人に影響(毎日新聞)
レセプト電子化の問題解決「強く訴えていくべき」-日医委員会(医療介護CBニュース)
AD