【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!


◎ デイサービス榎町はご利用者家族の見学等いつでもお待ちしております! ◎



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-20 18:50:49

10周年記念セミナーは・・サイコーな時間でした!感謝!

テーマ:記録

 10周年の記念のセミナーは、介護職として今後を深めていくために2年くらい前から意識して誰に話してもらうか考えていた。

それでお呼びした講師陣、別名スナイパーの5人!介護職の心を打ち抜いてもらうべく登壇していただいた。

題して「職業としての介護」~介護職による介護セミナー~

ありきたりのしょうもない金儲けセミナーじゃないよ、ということを伝えたかったのだが、その趣旨に共感してくださる方もたくさんいたようで嬉しい(アンケート集計の結果)。


スナイパー1: 三好春樹さん(生活とリハビリ研究所 代表)

スナイパー2: 伊永紳一郎さん(介護まめ家 代表)

スナイパー3: 太田宣承さん(社福法人特養光寿苑 代表、碧祥寺住職)

スナイパー4: 藤渕安生(通所介護事業所玄玄 代表)

スナイパー5: 三谷健一(地域包括センター職員 社会福祉士)


とにかく・・良かった。で、来れなかった方々にどんな内容だったかを伝えるのに、これ以上の文章はないかな、という感想を書かれた方がいらっしゃるのでご紹介します。

藤脇 聡さん(ほうゆう病院 精神科医師) face bookにて7月18日の記事


”改めて7月17日(日)、広島市健康福祉センターにてデイサービス榎町の10周年セミナーについての感想を。
とにかく長時間で濃厚、T-ボーンステーキ4枚食べたくらいのボリュームでお腹いっぱいになった(笑)
まずは午前の部、三好春樹さんの話。これまで繰り返し聞いてきたおさらい的なところはあれど、NHKでやっていた介護での殺人...の話から、著書「野生の介護」にも書かれたまとめを1時間ちょっとでされた。なるほど納得、確かに認知症が悲惨ではなく「認知症ケア不在」であることが悲惨なのだと痛感。これは我々医師側だけでなく介護の方々、はたまた家族も含め今後の課題だろう。
そして伊永紳一郎さんの話。介護「まめ家」での一組の夫婦の話を通じてちょっと変わったラブストーリー、看取りについても非常に生生しく、その時の伊永さん含めスタッフの気持ちがありありと伝わる話で、涙も誘いました。壮大な人間ドラマ、という感じ。
一つ事例を通じても、大きなドラマがあるんだよね、その人の人間力がそうさせるのだろうな。
午後からは岩手県の特養の施設長であり住職の太田宣承さんの話。「一人十色の終末期ケア」との題目で資料もいただいたがこれまたリアルな話。看取り期に入りその人の耳元でその人輝いていた時のことを話す「心の点滴」、これが行えるようになりたいものだ。業務忙しいとは言え、少なからず看取りをすることもある。ちょっとした時間で僕らにも可能なことだろう。それにしても入所者の男性たちで「男飲み」をするとか、そこに参加希望のおばあちゃんへホストクラブのような雰囲気作りをするとか、その時おばあちゃんが化粧してたとか、看取り期のおじいちゃんにアルコール飲ませるとか、経鼻胃管をスタッフ自ら試してみるとか、切り口がすごい!
とにかくこの日の話はなぜこんなにもすっと入ってくるのか、それはやはり現場のありありとした生きた話だからだ、と思う。しかしそこで感じるのはやはり終末期に家族や本人、介護スタッフらと今後を考えていくのにネックになっているのは「医療者」であろうことだ。最終的に本人、家族、スタッフらが●●していきたいんですけど、という希望があっても、医師がGoサインを出すかどうか、ここにかかっていることがある。いくら在宅往診や看取りも行っている医師であっても、この太田さんのような話に「やってみれば」「やってみよう」と言えないようだと、医師としてもう一歩踏み込みが足らない気がする。
家族にだって、「どうしたいですか?」と聞かれたって、専門職でもないしましてや高齢の配偶者などでは決められないことが多々あるだろう。「どうするのがよいかわかりません」「先生決めてください」「先生のいいようにしてやってください」「こいつの楽なようにしてやってください」こういった問いや彷徨する気持ちに多少なりとも道筋や光、ヒントを提供できるようにならなければならないと思う。そのためにはやはり経験だ、とにかく経験し、自らが選択しその責任を負う、自分に由ることをしないといけない。もしその時に介護職のほうから●●したいです、という道筋が提示された時にリスクや医療的な頭で「それはダメ」と言う医師ではいけないと感じた。
最後はバラエティです、と言われていたが藤渕安生さんと三谷健一さんによる「怒り新党」。ラジオの公開録音のようで楽しかった。投稿には自分のメールも紹介していただいた。最後に藤渕さんと話した時、「医療の批判をする形ではあったけど、介護の人たちへの煽りもあった。医療も政府も専門の人たちも何とかしたいという気持ちでやっているのはわかる。でもまだ自分たち(介護職)にできることはたくさんあるぜ、と言いたかった。」という言葉が胸に響いた。確かに、今後認知症高齢者というのは大きな問題になろうし、皆がどうしようか、どうしていこうかと考えていることではあるだろう。しかし、否が応でも認知症の方が増える以上一大ビジネスになってしまう面や大きなマーケットに乗せられてしまう危険もある。その時に一番乗せられやすいのは医療側の人間だ。
今回のセミナーはおそらく医師での参加は自分だけであったかもしれない。通常の医師らがこのセミナーを聞いた時、どう感じるだろうか。おそらくは「また介護職たちが集まって医師や薬の非難をしている」と感じるだろうか。今回のセミナーは医療界においても介護界においても一種カンフル剤であったと思う。もしそれが副作用としてあるならば介護職たちに「そうは言ってもあんなにはできないよ」となってしまうかもしれない。医療職たちには「病気のことがわかってねえな」となるかもしれない。しかし、よい意味でカンフル剤としてこれからの自分の仕事の糧にしていかないといけないだろう。それによってもっともっと自分の人間力をあげていかないといけない。
通してみると、三好さんが総論的に問題提起され、伊永さんが具体的事例を話され、太田さんが違う切り口を入れ、藤渕さんたちが最後にひと押し加えるという形で、見事なまでの「起承転結」。素晴らしい1日でした。”


当日は古いお付き合いの方が来てくれたり、親子でご参加されたり、お世話になりっぱなしの方、初めてお会いするけどブログがご縁のかた、友達、それに初めての方々・・

北は北海道から山口県まで。

皆さんにとっていい時間になればいいな、と祈っておりましたが、好評で本当に良かったです。

アンケートを集計しながら、一枚一枚にいろいろな想いが書いてありいちいち感動してました。


あと、その後の懇親会も、会場に使わせて貰ったcodomoliveというお店も広島のガンスや小鰯天ぷら、(ぶち美味しい)テールスープ雑炊など料理を工夫してくださってて。感謝!

で、料理もだけど、講師も来てた人もごっちゃごちゃでみんなで食べた飲んだ酒の席での話がホンマ面白かったし、あったかかったわー!心がものすごくあったかくなった一日でした。

これで、えのまち、もう一回、あの、なんもなかった 誰も居なかった平成18年4月のときみたいに、ゼロからスタートする気持でこれからの10年を進んでいきます。

でも、もう仲間がいる。デイサービスに来てくれる仲間。スタッフとして働く仲間。全国のあちこちにいる熱い介護職の仲間。話したことはないけど応援してくれる仲間!う~~~幸せじゃわ!

ありがとうございます!!!

介護の世界を面白く深くしていこう!がんばりますっ。


最後に、咲がつくってくれたコラージュを紹介します。

えのまちは私よりも、スタッフが頑張ってるし自慢できるいい奴らなんです。

ほんとうはみんな紹介したいけど、そこは自重して・・















AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016-07-08 20:28:12

セミナーの講演内容と当日のタイムスケジュール

テーマ:記録
えのまち10周年セミナーが近づいてまいりました!
当日のタイムスケジュールとそれぞれ講師の先生方の講演内容はこちらです。



当日は講演だけでなく利用者さんと手作りした小物のバザーあり、作品展あり、おもしろいことたくさんします。
予約まだまだ受け付けております!
みなさまのご参加お待ちしています~!
さきこ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-07-07 06:11:19

デイサービス榎町10周年「介護職による介護セミナー」のご案内

テーマ:記録
このたびデイサービス榎町はめでたく10周年を迎えました。7月17日に開催する10周年セミナーのご案内です。


デイサービス榎町10周年「職業としての介護~介護職による介護セミナー~」

日時:2016年7月17日(日)

場所:広島県健康福祉センター 大研修室

参加費:3000円

講師;三好春樹氏(生活とリハビリ研究所代表)
    太田宣承氏(岩手・特別養護老人ホーム光寿苑苑長、碧祥寺住職)
    伊永紳一郎氏(岐阜・介護まめ家代表)
    藤渕安生氏(広島・通所介護事業所玄玄代表)と
    三谷健一氏(広島・地域包括支援センター職員)による対談(ケアバカラジオ一日復活)

予約方法:電話 (082)292-8375(デイサービス榎町の電話番号になります。日曜日のみ休みです)
       FAX (082)299-9537
       名前・人数・連絡先をお伝えください。


または、このブログのコメント欄、ツイッターのDMや返信などでも受け付けております。
ツイッターは(@enomachichan)代表、武井のアカウントになりますがセミナーの予約、質問等の返信は職員稲田も行います。お気軽にご連絡ください。


介護職として看取り、虐待、認知症に改めて向き合います。
岩手、岐阜、地元広島、そして三好先生。いま聴いてほしい。聴きたい。そして一緒に考えたい。そんな講師の方々をお呼びすることができました。ここでしか聴けない話があります。
7月17日、主催のえのまちが一番楽しみにしています。みなさまの参加をお待ちしています。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-07-02 23:12:10

エロ

テーマ:ブログ

 「おはよ~○○さん」と挨拶しながら、靴を履いてもらおうと椅子に座ってもらったところ、10年近いつきあいの、このオヤジが「ん?おはよう♡ あんりちゃ~ん」と、今だ聞いたことがないような声で挨拶を返してくれたが、あいにく私は”あんりちゃん”ではない。


この展開に朝からびっくりして、おかしくって、だまし続けた方がいいのかな、とも思ったが、目の不自由なオヤジが愛しのあんりちゃんと間違っているのも なかなか気の毒にも思い、「武井だけどー」と答えてあげた。


「んだよっ。武井さんかよ」と舌打ちをして照れているので、笑った。


若い子が近くに居る時は手が出まくる。ホンマにどうしようもないおじさんだ。

「でもさ、それって病気による脱抑制だよね。仕方ないんじゃないの?」という意見は、即却下させてください。男性および役職にあるスタッフには手を出さない。相手見てます。特に男性に対する意地悪はなかなかのもので。。。うちの男性職員を悩ませ続けてきた。お風呂に男性が誘うと「今日は入らん。」と言う、女性スタッフに促されるとすぐ行くも、男性と二人きりになるとしかめっ面で不機嫌になる。わかりやすい!オヤジ。でもこうゆうのやられるとね、私は女だからやられたことないけど、これは介護職キツイと思うわ。

ま、みんなそのプレッシャーの中、野球とかソープとか、そうゆう喜んでくれそうな話を振って楽しませるみたいで。えらいえらい。


この人のエロはギラついていて引くけど、他の爺、「ボク男の子!」と大きな声で言って触りたがる人や、抱きついてキスまでしたがる爺は迷惑がられながらも女性スタッフの評価は「気持ち悪くない」。


何が違うんだろ。


ギラついてるオヤジの場合、本気で嫌がってるのに、「ほんとは好きなんだろ?」くらいの自分勝手さが感じられる。

でも、気持ち悪さを感じさせない親父たちは、どこか本当は優しいんじゃないかって思わせる所作をする。本気で嫌がった時は本気で悪かったって思ってくれそうな、そうゆう優しさ。

つまりは、触られた女性が、イラっとした時に察知できるかどうかだろうか。


身体はバリバリ元気だけど、認知症のある70代のオヤジは嫌らしいことを言わない人だったのに、女性職員で下ネタを楽しくできる人が笑えるネタとしてバンバン下ネタを振ってたら、最近コーヒーにミルクを入れるかどうか聞かれると「ねーちゃんのおっぱいでいいんでー」などと言うようになった。

これがねー、なんかギラギラして気持ち悪いんだよね・・・(もうミルクを入れるか聞かれなくなっている。)

それが、まさに、この人が相手がイラっとしてもわからない人。


エロってさ、その人が他の人をどう考えているかが出ちゃうんじゃないかなあ。

ものすごく基本的なとこにあるものなんだろう。

将来エロ爺婆になったらどうしよう・・・とお悩みの皆様。病気なら、仕方ないんです。

と同じく、老いたら仕方ないって思えるくらい、頭も変わってきます。それに、ここが不思議ながら、エロが残ってるくらいの人の方が若くて元気。女性ならおしゃれに力も入るし。


欲にまみれている人の方が生きるエネルギー感じませんか?


というわけで、エロも一つのエネルギーだから、いいんです。

ただ、たまに、「気持ち悪いエロ」にはきつーい釘を刺しますが^^


お金、エロ、権力、なんて欲よりも

できれば、みんなが幸せになれるような欲のように見えない欲を沢山見つけて生きるエネルギーにしていきたいです。

↓大ウソじゃん!職員の宝くじ当選を願い、それをもらうための短冊。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-28 19:18:35

明日のJステーション広島版にちょこっとえのまちでます

テーマ:記録

 18歳の子たちが選挙権を行使する初の選挙のため、

広島ホームテレビから、19歳になりたてのれーなちゃんが”介護現場でアルバイトしてる19歳の子の意見を聞きたい”と取材申し込みがありました。


今日、午後ずっと取材があって、将来介護職を目指すれーなちゃんをあれこれ取材していました。

私たちもあれこれ聞かれたけど、ほぼ映らないみたいです。たった3分の放送に、4時間以上かけるんだね・・大変。


13時すぎから17時まで取材して、その後本通りで18,19歳を取材しに行かれました。


今の若い子たちが、生計を立てられるような業界になってほしいです。

仕事の内容は技術を磨けるし、日々感動するし、人生を良きも悪きも実例で教えてもらえるし、こんな素敵な仕事はなかなか無い。

あとは、やっぱり、生計立てられるような仕組みが要るよね。

みんないつか老いるし病気になるし障害を得るのになあ。


いい内容に仕上がってるといいなー


Jステーション 広島ホームテレビ 18時台です。



働いているれーなを撮ってる図



家族の立場からを取材されている(玉親父の奥さん)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 15:41:28

えのまちの屋上より

テーマ:ブログ
{6932B3E6-61EE-40F2-B8B4-0A38671C9A04}
コンクリの上で花まで咲かせた。
{C013B02A-87E7-4E69-A2D2-C202B750D692}

苺の株を一株、玉親父から頂いて育ててたら、増えまくってます。すごい生命力に感服。
あと、ある日のえのまちベランダにカラスが止まり、それだけでも「わ!カラス!」だったのに、20才のスタッフさくらの目の前でシャーっとなんかゲロして逃げた。
そのゲロに混ざってた種を咲が植えたら・・{5FDA8026-B616-4179-8950-1BEC434F824F}

これが生えてきた。{C85BC838-9942-4EC7-B109-F73B3608F0F6}

{29854C11-11DC-41DE-A659-10CF55CE5B50}
きっと勝手に芽吹いてたくましく育ってるこれになるね(^-^)
{ABDF8791-2835-4923-B95D-3163A97A2D2D}
こんなんもあり。
{FC24A46A-7BCE-4D26-B6FB-2464C5B048F5}

{F644C6CC-8D8C-4C96-BA0A-643E3A8187FF}
きゅうりもトマトも育ち中。
夏が来るね~~


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-14 18:35:31

とてもよかった漫画紹介。

テーマ:ブログ

介護とは違うのですが、私が楽しく読んでるブログに「りょうの中国ローカル生活漫画」というのがあって、その中でリブログされていた漫画が数日たっても心に染み入っています。




こうゆう不器用ながら動かない優しさもいいですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-31 23:56:44

想いと日々の努力が育む介護現場

テーマ:ブログ

 先日、知り合いの施設の内部研修で何か話して。と依頼をもらい、行ってみた。

10年近く前、福山かどこかの、たしか認知症研修で退屈しのぎの休憩時間に話したことから知り合った坂本さんという方からだった。

年も近くて、広島市内で働いているということで、「今度見学に行くね」と、社交辞令ではなく本当に来てくれた人だった。

えのまちが平成18年オープンだが、平成16年にオープンしていた先輩施設。

何年か前の管理者研修で、共通の知人がいることがわかった。

そんな感じのお付き合いで今まできた。


坂本さんは、あまり自分の施設の自慢をしない人で、むしろこうゆうことに困ってるんだ、とかを熱くではなく平熱で話す人なので、仕事は適当にやっているのかと思っていた。


現場に行って、集まった40名くらいの職員さんを前にして、私は自分の想像していた雰囲気ではないことに驚いた。

普通の施設の普通に「介護の仕事ってクソじゃし」くらいのこと言うような人たちが、あるいは、「やっと仕事につけたんだから既得権は守るけーね」なんてこと言いそうなおばちゃん達が、いるんだと思っていたから。


つまらん職場じゃなかった。

施設を立ち上げたのは、賀来さんという社長さん。広島の特養の施設長から、想いがあって坂本さんを連れて立ち上げた施設だそうだ。

しっかり頼りがいのある方で、もっといろんなこと教えてもらいたいと思った。


大きな施設で感じていた矛盾や、介護への想いを話すとうなずいて聞いてくださる方たちもいて、心強かった。


こうゆうしっかりとした想いがある人たちが、ちゃんと介護現場を守っているところに行くと、身が引き締まる。

いわゆる日本のスタンダードなしょうもない介護してる事業所に行くと、未来が不安になる反面、「えのまち経営安定じゃん。」って気がゆるむ。


身が引き締まる現場が沢山増えて、いつだって本気で戦うのが本当は理想だ。


そんな素敵な現場を造ってこられた、賀来さんと坂本さんを心から尊敬した。

http://www.moegi2.sakura.ne.jp/gh-top.html

グループホームもえぎ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-18 22:52:49

私事

テーマ:ブログ

父が亡くなった。

仕事柄 死を意識しているし、被爆しているから何度かガンが出来てはなんとかなり、を繰り返してその度に覚悟していたからだろうか、母からの電話に動揺や悲しみよりも、「ああ、きたか」という気持ちのほうが強く、日曜日の朝、自転車を飛ばして、実家を訪ねた。


それでも、警察の人たちの何とも言えない顔の中、父が書斎で倒れているのを見て、「ああ、本当に死んじゃった」と、急にワッと悲しみや動揺が押し寄せた。

土曜日、普段通り午前中仕事もして、書斎でのんびりしていて、夜倒れ、日曜日の朝、起きてこない父を不思議に思った母が発見した。

しばらく調べていたが、事件性がないと判断され、解剖などはなく、昼には警察の方たちが帰られた。

死体って調べたら放置かと思っていたが、書斎で洋服のままうつぶせに倒れていた父を、ちゃんと浴衣に着替えさせ、別部屋のベッドに横にし、蒲団までかけてくださっていた。


実家から自宅に帰るとき、日が眩しいくらいの爽やかないつもの日曜日であることが不思議に思えた。初出産後初めて外を歩いた時もそうだった。

20代のころ、通夜に急きょ行かなきゃのときに、私が「どうしよう、こんな服じゃ悪いよね?行かないほうがいい?」と少し年上の先輩に訊ねた。「何言ってるの?私は父が亡くなった時にね、来てくださったら本当にうれしかったよ。だから、服なんてどうでもいいんだよ。行くことが大切なんだよ。」と教えてくれた。

それ以来、その言葉を信じて、失礼じゃないかって服でも行くようにしてきたが、今回、本当にその気持ちがわかった。わざわざ足を運んでくださったことがとてもありがたく、感謝の気持ちでいっぱいになった。


通夜のあと、父を見たら、だんだん目のあたりや頬のあたりなど色が変わってきていて(うつ伏せて亡くなったから)、これはまずいと思い、葬儀屋さんに死化粧をしたい旨を相談した。それなら専門の人がいるというので紹介してもらった。葬儀の日の朝、3人の女性が来てくださり、「少し厚化粧になりますがいいですか?」と聞かれた。普通男性なら薄化粧らしいが、変色が目立つため良いようにしていただいた。

横で仕事を見させて貰っていると、その丁寧な仕事ぶり、父を大切に扱ってくださる所作がとてもありがたくて泣けて仕方なかった。


今回の葬儀は、いつも利用者さんなどが亡くなった時に行く会館ではなく、お寺だった。

父の名前を付けてくださったのが、ここ菩提寺の住職さんであり、現在も総代という役をやらせていただいていたということで、住職さんがお寺での葬儀を提案してくださったから。

家族としては始め、お葬式ってよくわからないし、パックでなんでもやってくれる会館系のところでやってもらおうと話してたので、全部お任せではない というところにとても不安を感じていた。だけど、結局、いろんな方がいろんなことを教えてくださったり、お手伝いしてくださったり、パックじゃないぶん不手際があったとは思うが、父は皆がチカラをあわせていることを喜ぶだろう。


あと、最後、父と一緒に働いていた方たちにお骨を拾っていただいたのが、最初で最後の親孝行だと思う。迷惑になるからと帰ろうとされていたのを何とか引き止めて…

色々な方々が色々な父にまつわる話をしてくれた。

へぇーと驚く家族に住職さんが外に見せる顔のままに家にいたら疲れますからね、と言われた。

確かに確かに(笑)

あと、後から悲しみがやって来ます、とも。

しばらくはあれこれ手続きややることが多くて悲しむ間がなさそうだが、その方がいい。

本人がちゃんと死んだって理解して浄土に向かっていたらいいななんて思う。

そんなことあるのかな、あるかもね、と相変わらず行きつ戻りの適当な信心ながら、この適当具合がちょうどいい。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-04 23:06:03

関わる人間関係は暖かい方がいい

テーマ:ブログ
  友達のブログを読んでたら、近場ながら観光している内容で面白かった。

そう、ここしばらく。3人の子供たちの卒業入学が重なってしまい、ホンマに忙しかった。
お母さんて…すごいんよー!と声を大にして言いたくなった。今まで、1人ならそもそも子育てのモットーは放任主義で、皆勝手に育ってくれた感あり、そんな大変でもなかったがやっぱ重なると。しかも3人!(>_<)
1人は家を離れ、1人はランドセルを背負う歳だし。大変だった~
まだ進行形で毎日一緒に明日の用意したり宿題を見たりプリントに目を通し自分の予定に入れたり、小一時間かかる。私がやれば早いが、究極に気が散漫な6歳児がやるのをあくまでもサポートしているので(泣)

そんな中、寝る前にサラサラと読んだブログ。とても癒された。
そう。最近家族で出かけなくなった。
子供とはよくあちこち、それぞれの子供の用事があるため一緒の行動がすこぶる多いが、しっかりとした用事のために夫が入る隙がないというか。
一緒に行ったのは入学式くらいか。
これこれ!私はこうゆうぶらっとした家族でのお出かけを必要としている。と直感。
でもその後なかなかお互い皆あれこれ用事がありなかなか実現しなかったが、やっと!今日は、県外にいる長女以外の家族で遊びに出かけた。
疲れたけど良かった。

ほんまに。どうゆう人間関係にも、その関係を大切にしたい時には、誰か気づいた人がきっかけをつくるのが大事。
私も、ぶらっとした時間を一緒に過ごせたから、しばらく心の中にある無意識のところが安泰かも。
誰しも、仕事しかしなかったり、仕事のことばかり考えてたらバッサバッサになる。
あと、バッサバッサになるのは無意識での心配を、無いものだと心が無視してる時。
集団の中の誰かが寂しそうだと、皆心の中にある無意識で心配になる。
みんなが分かり合うのは難しいが、重なる部分を感じられたら暖かい。

暖めるのは、理屈ではなくて誰かのほんの小さなきっかけや無理をしない気遣いだ。

たまたま今回の私の家庭はこんな気負いのないお出かけだったが、各家庭や職場、サークルや集まりで、あらゆるきっかけが起こって皆が暖かくなるといいです…ね。
でもやっぱ難しいか。無理しなくていいんだよー。なるようになる!気持ちだけあればね、小さな歯車みたいに時期がくればいつか動きだす。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。