眠りと香り

こんにちは。

快眠プロデューサーの長谷川恵美です。

 

質の高い眠りに効果的な要素の一つに、“香り“があります。

香りフェチ笑の私には、これはとても重要なポイント。味覚にはあまり自信がない(=グルメには程遠い)私ですが、嗅覚には自信を持っております(野性的・・)。

 

一般的に、リラックスして眠りを誘う香りとしてよく知られているのは

■ラベンダー

■白壇(びゃくだん)

■セドロール

など。白檀はサンダルウッドとも呼ばれ、お香の香りとして有名ですね。

セドロールは、ヒノキ科やスギ科の樹木が発する爽やかな森の香りです。

どれも、鎮静効果があり、心身をリラックスさせ、安らかな眠りを導くのに効果的だと言われています。

 

私の眠りのお供は、主にバラの精油です。気分によって、たまに睡眠導入としてラベンダーを使うこともありますが、やはり私にとって一番落ち着くのは大好きなバラの香り。眠るときは、ディフューザーでROSEの精油を部屋に満たします。たまに中途覚醒しても(快眠プロデューサー失格!?*)、ROSEの香りに包まれていると安心して、また眠りにつけるのです。ラベンダーほど有名ではないかもしれませんが、ROSEにもリラックス効果があるのです。

 

安眠導入にアロマを取り入れる方も多くなっています。あまり細かくこだわり過ぎず、ご自身がいちばん心地よく、リラックスできる香りを選んでくださいね。ただ、元気なやる気を導くレモングラスなどの柑橘系の香りは、やはり眠る前ではなく、朝の起床時がお勧めです。いろいろ試して、香りの力をぜひ、味方につけてみてください音譜

ラブラブこちらも更新中ラブラブ

https://www.facebook.com/emihasegawasleep/

 

AD